調律されてないピアノのようなアーチェリーを射つ人々

2020.03.27 Friday

0

     

    アーチェリーをしている人の多くが、セッティングとチューニングの違いを理解できてない様子です。アーチェリー用品一式を購入された方には、希望があれば無償でセットアップしてご用意させていただいてます。たまに備考欄に「チューニングをお願いします」と書かれてることがありますが、チューニングはできません(苦笑)

     

    セットアップして出荷する場合は、ハンドルにリムを装着して弦を張り、センターショットにリムアライメントを合わせて固定します。レストを貼ってプランジャーの位置を決めて、矢のアライメントを適正ポジションにセットします。実射を続けてるうちに少しずつ変化していくことがありますので、マメにセッティングを調整して下さい。さすがにノッキングポイントくらいは自分で設定して下さい。

     

    セットアップは簡単です。ハンドルとリムの調整の仕組みを正しく理解するために、自分でできるようになっておきましょう。別に教えてもらわなくても、少し頭を使ったら分かるようなものです。機材に不慣れな最初の頃は、指導者や顧問の先生や先輩にチョチョイと合わせてもらいましょう。

     

    チューニングというのは調律です。組み立てたピアノであれば調律士が調律すれば、誰もが似たような音を奏でることができます。しかしアーチェリーは唯一無二の自分の身体に合わせて、しかも一人一人の技術レベルが全く違いますので、競技者であれば今の自分に合わせたチューニングを施さなければ、究極に小さなグルーピングにはなりません。

     

    チューニングは、まずはシャフトのスパインです。最初に使ったシャフトが自分にとって硬いか柔らかいかで、次に自分が求めるシャフトの硬さを選びます。上達過程にある人は、最初に購入したシャフトが合うことなどありません。矢は究極の消耗品ですし、何種類ものスパインを試してみないと自分に相応しいスパインに巡り合うことができませんので、買いやすい価格帯の矢を選ぶことが大切です。スパイン表や他人のセオリーが全く通用しないことが多々ありますので、技術のレベルに応じて指導のプロフェッショナルの指示を仰いで下さい。

     

    次に弦の長さです。まだダクロン弦を使っているような初心者・中級者であればそこまで必要ありませんが、競技用の弦を使ってブルーバッジを獲得する程度のレベルになってきたら、推奨ハイトのすべての範囲を、何種類もの異なる長さのストリングを作ってグルーピングの大きさと形状のデータを取ります。

     

    その程度のレベルに到達している選手はブレイクオフポイントを使って、様々なポイント重量を、長さの異なるストリング毎に試します。ストリングへのノッキングポイントは上下ともに設定するのではなく、簡単に取り除いて異なる高さを試すために、下のみ設定してポイントハイト毎のグルーピング形状を測定します。

     

    これらの中で最も優れたグルーピング形状偏差の中から良好なものを数点ピックアップして、どの組み合わせのチューニングが実戦に相応しいかを、練習や消化試合を重ねながら決めていきます。これがチューニングなのです。なので備考欄にチューニング希望と書かれてもできません。

     

    そこから更にレベルアップしていくと、シャフト長を決めていくチューニング天国が待っています。中級者が上級者になれないのは、自分のアローカッターを持ってないことが原因なのかも知れません。クラブでアローカッターを用意してくれないのであれば、自分用のアローカッターを持つことをオススメします。シャフトの長さを僅か2mmカットしただけで、チューニングがどれだけ大切であるかを思い知ります。オフシーズン中はアローカッターが売れまくるので、今はメーカー在庫もありませんが・・・

     

     

    ソコソコの得点が出るまでは必要ありませんが、ブレイクオフポイントはスパインの微調整ができて実に便利です。ストリングハイト(弦の全長)・ノッキングポイントの高さ・シャフトのスパイン・シャフトの全長・ポイント重量、という組み合わせなので無限のチューニング地獄に思われるかも知れませんが、そんなことはありません。70mや50mで6射50点アベレージになったレベルであれば、いろいろ試しているうちに見えてきます。

     

    ショップで買ったセットを組み付けて射つだけでは、組み立てただけのピアノを弾くのと同じで、その先に進むことができません。いろいろ試す機会を自ら与えなければ、上達に向けた何の気づきも学びもありません。射が上達してソコソコの得点を出せるようになったら、ポイント重量や各ハイトの違いが何をもたらすのかを試しましょう。

     

    せっかく高額な機材を買っているのに、ストリングの状態が悪かったり、タブの使われ方がマズかったり、宝の持ち腐れになってしまっている人がほとんどです。アーチェリーの真実を知るためにも、ステップアップの段階に合わせて、いろいろ試して正しく理解できるようになりましょう。

    エアフライとフォーム的がスゴイ!

    2020.03.25 Wednesday

    0

       

      昨日は縄跳びの二重飛びにハッスルしましたが、今朝になっても筋肉痛はありませんでした。普段のトレーニングと、ストレッチなどの日頃のケアの賜ですね。野外センターの坂道ダッシュが、いつもよりも軽快に駆け上がることができました。今までよりも少し下半身の筋力が強くなったかも知れませんね。健康感に満ち溢れて幸せな気分です。

       

      東京オリンピックを1年延期する事になりました。予定通りに開催しても、中止にしても、延期にしても、どんな判断をしても批判にさらされるのがツライやろうけど、来年になっても収束してなかったり、新たなウイルスが出現したりと、想像力を働かせなければなりませんね。

       

      私は指導者としてアスリートに常に伝え続けてることですが、オリンピックがあってもなくても、出場できてもできなくても、メダルを獲得できてもできなくても、自分からスポーツが奪われてしまった後に途方に暮れない準備を整えることが大切です。

       

      オリンピックは純粋にスポーツの競技会なのではなく、興行でありビジネスであり政治の道具です。私はビジネスマンなのでこの部分に関して肯定も否定もしませんが、ビジネスの広告塔として利用されるために必死になって、結局は夢破れて使い道のない人生を送る破目に陥ってしまわないように、頭をしっかり使って考えておいて下さい。

       

       

      今日も暖かかったですね。ほとんど風もなくて快適な陽気です。いろんなアイテムを試しながら、久しぶりにまとまった本数を実射しました。

       

       

      昨年から屋外的として使ってるアバロンのフォーム的ですが、こんなに穴だらけになっても、フォーム的からはまだ素手で矢を抜くことができません。矢のシャフト先端部分にアロールブを塗って、シリコン製のアロープラーを使わないと、刺さった矢をそのまま残して家に帰らなければなりません(笑)

       

      畳だと数ヶ月しか持ちませんが、フォーム的はまだまだ使えます。軽くて持ち運びが便利で、湿気の心配をしなくてもイイので最高ですね。これまでは畳を運ぶために車を選んで購入してましたが、フォーム的なら軽自動車で全然OKです。

       

       

      エアフライの単眼レンズのスポーツサングラスを導入しました。私は睫毛が長いので眼球からレンズを少し離したセッティングにしなければ、アーチェリーでの実射に使うことができません。そのためサングラス選びはかなり制約されます。エアフライはノーズパッドではなく、こめかみ部分で優しくホールドさせる特別な機能がありますので、瞬きするたびに睫毛がレンズ内側を薙ぐ不快な状況を回避することができるのです。

       

      鼻パッドがないので鼻元に違和感がなく、鼻パッドに汗が伝うこともなく快適です。鼻パッドのないスポーツサングラスが最も違和感がないので、エイミングに集中しやすくなります。これは本当に面白い感覚です。

       

       

      二眼のサングラスから単眼のサングラスに交換して、顔向けの角度をキツく向けなくても(しっかり左を向かなくても)姿勢が楽になり、胸から上をリラックスさせる射ができるようになりました。顔向けが浅くなった分、グルーピングが若干左に位置します。顔向けの角度が浅くても射の姿勢が無理なく維持できるので、左手首の力を抜きやすくなりました。これまで以上に射つのが楽チンになり、意識してゆっくり射たないとエイミングの前にクリッカーが落ちてしまいます。

       

       

      人気沸騰のファイバードッドサイトピン(テックワン)のグリーンがお気に入りです。サイトから取り外して手で持った状態を撮影してますが、サイトのエクステンションを伸ばした位置では、30mで10点内側のX程度のドットサイズです。まだそれほど明るくない朝や、夕方の練習では輝度の高いテックワンが視認性に優れてますね。アバロンは本当に素晴らしい製品をリリースしてくれました。

       

       

      やや左よりだったグルーピングにサイトを合わせて、ゴールドに集まりました。10点が少なく9点ばっかり(笑)ですが、まぁ、選手でもないのでこんなものでしょう。練習らしい練習をしてないのにソコソコ当たります。今回使っているタブは先日作った安い牛革のオリジナル表皮です(笑)

       

      光るドットが10点に合ってる時に放った矢は10点に的中しています。この9点に散らばった5本の矢は、光るドットがゴールドの外側の赤8点付近を捉えてた時に放ったものです。少し上手くなった人なら知ってることですが、サイトはゴールドの中心を捉えてなくても大体のところでクリッカーを鳴らしてしまえば、思ってたよりも中心に近い部分に的中するものです。

       

      なのでサイトピンを見てエイミングしている人も、的を見てエイミングしている人も、光るサイトピンを的に向けて、狙い込まずにリラックスして、さっさと射ってしまうことが的中の秘訣です。

       

      最新のカーボン矢もいろいろ使ってみましたが、今の私には画像のクラシック完成矢が適してますね。パラゴン3.2や、ブリクソン4.2も使ってみましたけど、高反発でレスポンスが高すぎるシャフトは、究極的に理想の射が続けられる間は最高の的中を誇りますが、たまにはゴールドを外すことがあるかも、みたいな今の私程度のレベルでは、自分のミスとも言えないほどの極めて僅かなものも一切許容してくれないのを感じます。

       

      シャフトの性能は確かに素晴らしいのですが、真の上級者向けの高性能シャフトは、およそ多くの一般アーチャーに向いてないのではないかと思います。それもあってクラシックを廃盤にせず継続したのかも知れませんが。クラシック完成矢はレスポンスが良いけどスパルタンさがなくて扱いやすいです。ブリクソンは良い製品ですが、私は少し使ってみて疲れたというのが正直なところです。トップレーサーだけど、いつまでもF1には乗り続けることができない。そんな例えがピッタリに思います。

       

      これは矢に限ったことではなくて、使っているすべての用品類に言えることです。機材の高性能に振り回されて上達を妨げてしまっている人が多く見られます。正しい指導を受けて、真の上達を果たすために相応しいグレードのステップアップ機材を扱いこなせるようになりましょう♪

      大好評につき重心ソックス特別キャンペーン

      2020.03.24 Tuesday

      0

         

        重心ソックスの特別キャンペーンを実施します。

         

         

        ロング・ハイロングを合計3足以上注文すると重心ソックスの送料が無料になります。

         

        他にアーチェリー用品を一緒に注文した場合は、重心ソックスの送料分を差し引いた差額送料しかかかりませんので、大変お得です。家族の方や友人知人の方と誘い合わせてご注文下さい。

         

        ■入会募集一時停止

         

        COVID-19 ウイルス蔓延対策で公共の施設が使えなくなり、今月は多くのレッスンが中止をになってしまいました。今月開催できたレッスンは僅か4回で、いずれも許可された屋外施設のみの利用です。

         

        屋内施設の利用再開の見通しが立たないので、この春のレッスン入会募集は一時的に停止いたしております。募集再開が決まりましたらブログで告知しますので、入会希望の方は今しばらくお待ち下さい。

         

        ■悪い癖は頭でなく、骨が忘れるまで叩き直す

         

        今回のウイルス騒動も、何年か経てばバカなことをしていたと笑い話になるのかも知れません。ウイルスそのものの深刻さよりも、社会の活動停止が与える経済へのダメージが深刻で、このままではこの先1-2ヶ月で身動き取れなくなる人が激増する可能性が高いです。

         

        新型コロナウイルスをテレビやニュースで取り上げなければ、ここまで経済を転覆させるようなパニックにはならなかったと思います。パニックになったのではなくて、メディアが躍起になってパニックを引き起こしたように見えてしまいます。

         

        多くのレッスンが中止に追いやられてしまったので、家にいることが多くなりました。これまで数万冊の本を読んできた猛烈な読書好きなので、外出する予定がない日は一日で数冊分の電子書籍を読んだり、プライムビデオを鑑賞したり、海外の友人とチャットをしたり、ヨガ・ストレッチ・トレーニングをしたりと、いろいろ楽しんでいます。

         

        ある作品を見ていて、セリフの中に名言と思える言葉がありました。ミリオンダラー・ベイビーの中で主人公が語る「悪い癖は頭でなく、骨が忘れるまで叩き直す」というものです。アスリートファーストや命の尊厳など様々ありますが、映画の内容はともかく、この言葉はアーチェリーを含めたあらゆるスポーツでのレベルアップに共通しています。

         

        頭で考えて自分の身体をどうにかさせようとしても、マズい使われ方がされてしまっている自分の身体を、自分で思い通りに動かすことができるようにはなりません。そんなことが自分でできるなら、とっくに天才的な能力を発揮できているハズなのです。

         

        身体に何を覚えさせようとするかが自分で判断できないから、アーチェリーが上手くならないのです。優れた指導者から本当に正しい身体の使い方を学び、考えなくても身体が勝手に正しい動きを行う、という究極に理想的な射を築き上げることが大切です。

         

        まぁ、この活動停止自粛ムードも、シーズンオフだと思えばプラス思考に変わります。新型ウイルスとはいえ、健康な人にとってはただの風邪。正しく健康管理ができていて、身体を適度に鍛えることができていれば、恐れるに足りません。

         

        重心ソックスを履いて身体のバランスを整え、身体を動かしながら思考を鍛え、いかなる新型殺人ウイルスが出現しようが関係ない日本を目指しましょう!

         

        今日は娘たちと縄跳び大会でした。久しぶりに二重飛びをたくさん飛んだので、明日は筋肉痛になるかな?(笑)

        新製品タブとブローガン

        2020.03.16 Monday

        0

           

          タブ表皮のサイズについて論じた直後の新製品です。

           

           

          TOPINTの競技用タブが新発売されました。

           

          最先端のテクニックに応じた表皮サイズです。これからタブを買うならコレで決まり。腱鞘炎とは無縁の最先端の取り掛けテクニックを会得して、どうやって射ってもソコソコ当るアーチェリーを楽しもう!

           

           

          こちらはSサイズです。大きい、というか表皮が長いですね。テクニックの進化に合わせてこうした新しいデザインに表皮のサイズが変わっていくのが最高ですね。レザー(人工皮革)ですが、かなり上質な製品ですね。コードバンと遜色ない出来栄えです。

           

           

          こちらはXSサイズです。どちらか悩みそうな細かいサイズ設定ですが、私ならどちらも問題なく使えそうです。XXSはさすがに小さかったです。小さなサイズ設定があるので小柄な女性やジュニアでも高機能タブを使うことができて便利になりました。

           

          サイズ目安
          サイズ-ベルトの中指付け根部分から表皮先端までの長さ-幅-中指の長さ相当
          XXSグリーン-長さ5.5cm-幅5.6cm-中指の長さ7.5cm
          XSパープル-長さ5.75cm-幅6cm-中指の長さ8cm
          Sゴールド-長さ6cm-幅6.5cm-中指の長さ8.5cm
          Mレッド-長さ6.5cm-幅6.75cm-中指の長さ9cm
          Lライトブルー-長さ6.75cm-幅7.25cm-中指の長さ9.5cm

           

          サイズ選びに迷ったら、1サイズ大きめを選んでください。

           

           

          学校が休みなので部活動も休止中です。我が家では上の娘が暖かい部屋の中で近射です。フォーム的にしてから部屋のホコリの量が激減しました。連日のように近射を続けても、練習後に掃除をする必要もありません。私が長年喘息を患っていたのは、アーチェリーの近射が原因だったのかも知れませんね。

           

           

          下の娘もフォーム的に向かって「パチン!」と発射します。暇つぶしに購入したブローガン(吹矢)です。吹奏楽部の元部長でトランペット奏者なので、呼気が強く身幹が強いので鋭く飛びます。エイミングとタイミングを教えたら継矢を連発してました。なかなか面白いです。最近は親子でハマってます(笑)

           

           

          というワケで取り扱いスタートします。ブローガン組立キットです。SSA社のブランドの中にブローガンがあるのは最近になって知りました。玩具ではありません。鋭利な針を飛ばす凶器です。バレルにダーツを装填した状態で下に向けると、先端から落下した針が突き刺さります。アーチェリーかそれ以上に慎重に取り扱ってください。

           

          ブローガンとダーツは、使用後は必ず水で洗って下さい。使いっぱなしにしていると臭くなります(笑)マウスピースはできる限り自分のものを使って下さい。スペアのダーツマウスピースは別売りパーツとしても発売されてますので、もしもマウスピースを壊してしまっても大丈夫です。

           

          いろいろ工夫して面白い毎日を過ごしましょう!

           

          今夜は大阪でミーティングです。新型ウイルスなんぞに負けない社会を作るための取り組みを進めて参ります。

          タブ皮革のサイズ決め

          2020.03.13 Friday

          0

             

            COVID-19 ウイルスがヨーロッパに危機をもたらしてしまいましたね。アーチェリー用品の大半が中国で製造され、ヨーロッパのディストリビューターから出荷されますので、製品の安定供給が難しくなる可能性もありますね。何年か前に輸送会社がサイバーテロに遭い、私たちも困った事態に見舞われましたが、今回はそんな局所的なものではなくて、国際社会全体でのパニックが危機をもたらしてしまっています。もうどうにもなりませんので、開き直ってアーチェリーを楽しみましょう!

             

            ■カーボン完成矢タイロに異変

             

             

            最近入荷しているタイロ完成矢は、Gサイズノックではなくてインサートピン・ピンノックが装着されて入荷しています。メーカーがクラシック完成矢と間違えてピンノックを装着したのかも知れませんし、ランニングチェンジなのかも知れません。

             

            間違いグレードアップに文句はありませんので、メーカーから出荷された状態のままで、アップチャージなしでご用意させていただきます。今後タイロ完成矢がピンノック仕様になるのなら、クラシック完成矢の位置づけが微妙になりますね。両者の実質的な違いは羽根のサイズです。できる限り失速させずに遠くまで飛ばしたいのであればタイロ。飛翔の安定性を得たければクラシック。まぁ、いろいろ試して自分に合ったカーボン矢を選んでみてください。

             

            ■タブ皮革サイズ合わせ

             

            いろんな相談が多すぎて困りますね。正しく理解できてないまま取り組むことは上達を遠ざけるだけで、永遠に上手くなることはできません。アーチェリーを習ったら良いだけの話なんですけどね。アーチェリーはラグビーやサッカーなどと比べても、スポーツと呼んで良いかわからないほど運動強度が低く、誰もが簡単に上手くなることができるスポーツです。本当に正しい身体の使い方を学ぶことが大切です。

             

            タブに関する悩ましい相談が多く寄せられますが、はっきり言ってメールでのやりとりで解決できるようなものではありません。ほぼ間違いなく正しい取り掛けができておらず、ドローイングのアプローチに根本的な誤りを抱えてしまっている可能性が高いからです。これは何点が出ているから正しいというものではありません。取り掛けとドローイングに関する身体の誤りは、肩の痛みや腱鞘炎などのような、痛みや重篤なスポーツ障害を招く最大の原因になります。

             

            指の痛みや腕の筋肉の使われ方による痛みや腱鞘炎を抱えた人から、タブ革は何を使ったら良いか?などの相談が絶えませんが、問題はそこではありません。タブ皮革をコードバンに変えたり、裏革を厚くしたり、厚い革を何枚も重ねたりすることは、身体が抱えている問題を悪化させるだけの結果に終わります。まずはスポーツ医療チームの先生方から、取り掛けと正しいドローイングのアプローチを学ぶことが大切です。

             

             

            あまりにもコードバンコードバンと賑やかですが、いきなり高級なコードバンをムダにするような使い方が多くて困り物です。最終的にコードバンを活かすことができるように、取り掛けやタブ皮革の使われ方や状態に気を配り、本当に正しいことができているかを確かめる作業を行わなければ、永遠に三流アーチャーのままで終わってしまいます。

             

             

            タブに付属しているコードバンの形状が自分に合っているかを把握できてない人がほとんどです。現在市販されているタブの多くが設計が古いので、最先端の解剖学からはやや遅れてる感が否めません。タブプレートを自分の掌サイズに合ったタブを選ぶと、皮革の全長が少し短いのです。取り掛けが正しくない人が腱鞘炎になりやすい傾向にあるのは、この部分が大きく関連しています。

             

            いきなり高品質のコードバン皮革を使って試行錯誤的に切り刻むのはあまりにもムダなので、こうした安い牛革を使って試します。的中性能はコードバンも牛革も同じです。牛革で理想的なタブを作ってみます。

             

             

            オリジナルの皮革から大体の形状にトレースしたら、表の牛革は2cm長く、裏のベロア皮革は2.5cm長くカットします。皮革に穴を開けたらボルトを合わせて、2枚の皮革の形を合わせて微修正します。

             

             

            表革の牛革は乾いてカサカサで固いので、そのままでは取り掛からずにストリングを握ってしまいます。皮革にしなやかさと潤いを与えるために、コードバンと同様に太白ゴマ油に浸します。オイルグレージングされてない皮革なので、大さじ1杯分程度も吸い込みます。

             

             

            オイルを多めに塗ってベタベタになってしまっても、重ねたティッシュに合わせてスリッパで軽くトントン踏めば、余分なオイルは落ちてくれます。表の牛革のオイルが裏のベロアに移ることもありません。

             

             

            プレートに装着するとこんな感じです。2枚のタブ皮革が長くて、伸ばした指が見えません。この皮革が長すぎる状態で近射して、表革の表面に残る痕跡に合わせて、皮革の全長を調整します。

             

             

            6射矢取り2回の12射の状態のタブです。サービングが半分弱程度回転してから表皮を摩擦した痕跡が残されています。谷折れ部分が伸ばした薬指の第一関節の取り掛け部分に合致してますので、この状態から正しい取り掛けができていることが見て取れます。これに誤りがあると指先から肘までの部分のどこかに不具合を抱える可能性が高く危険です。

             

             

            36射程度近射して、皮革に残るサービングの痕跡を見ながら皮革の全長と形状をカットしていきます。1射毎にタブ表皮の状態をつぶさに観察して、取り掛け・ドローイング・リリースが及ぼすタブ皮革の変化を正しく知り、正確に的中させることができる技術を習得できなければ、本気で真剣にやっている意味がないのです。

             

            これはこれで随分と良い具合に仕上がりました。しばらくはこの牛革のタブを使ってみます。多くの中級者はコードバンじゃなくて、こうした馴染みやすい牛革の方が上手くなりやすいのですけどね。正しく取り掛けができてないうちは、コードバンの固さが繊細な操作を阻害してしまいます。

             

            タブもストリングも、どんな高い素材を使ったら当たるというものではありません。どのような使われ方がされているかが結果を大きく左右します。レスポンスが高すぎる高弾発の最新のカーボン矢も、剛性が高すぎるスタビライザーも、高額なコードバンも、それを使っていたら当たるというものではありません。

             

            何を使っても当たらないよりも、何を使っても当たるようになるのがベストです。自分がどっちになりたいのかを考えて真の上達を果たしましょう。