重心ソックスを活用しよう

2019.09.19 Thursday

0

     

    また台風発生ですね。本当にやめてもらいたいものです。土曜日に沖縄から九州、日曜日に西日本から関西、という感じの予報ですので、日曜日のレッスンは中止にするかも知れません。

     

    ■足裏偏差値

     

    相変わらずの読書中毒(笑)ですが、最近は少しバランスを変えてテレビ・YouTube・インターネットも観るようにしています。学びのために嗜んでますので、興味の有無に関わらず全般的に観ていますが、自分の専門分野に関わる事が意外に多いことに気付かされます。

     

    先月末頃には何気なくチャンネルを変えたテレビで「話題の美女の足裏ランキング」というのが流れてました。専門医が足裏偏差値を診断するという、なかなか面白いコーナーです。キレイな顔した女性芸能人の足の状態がどれほどヒドイかを晒すというものです。すでに多くの女性芸能人が、かなり低い数値の足裏偏差値をつけられてました。

     

    まぁ、私の思い通りの結果と内容です。足が本当に優れた状態の人など滅多にいません。自分の足の状態が悪いことにすら気付いてない人ばかりです。そのため普段の姿勢や歩き方にまで悪影響を及ぼしてしまっているのですが、それが常なる生活を続けてますので、指摘されるまでそれが良くない状態なのかを知らない人がほとんどなのです。

     

    アーチェリーをしている人は懸命になって、ひたすら実射を続けて上手くなると信じている人が多いものですが、正確な射を支えるために最も重要な足の状態が悪いままでは永遠の三流に終わります。

     

    最近になって重心ソックスという救世主に救われた人も多くなりました。自分の身体を優れた状態に養って、黄色にしか当たらない痛快なアーチェリーライフを達成しよう。

     

    ■重心ソックスの特別な効果

     

    重心ソックスを導入してから、レッスン受講生の方の姿勢や骨格のポジションについて、指摘する回数が激減しました。メーカーの方の説明の中で「姿勢やフォームが重要なスポーツにおいては劇的に改善する」とありましたが、ストレッチや指導者による矯正に頼ることないフォームの獲得にはひたすら驚くばかりです。

     

     

    通常の5本指ソックスとは異なり、足のフォルムに併せた立体裁断なので、これまでそれほど動かすことが得意ではなかった足指それぞれを自由に動かすことができるようになりました。こうして手の指をしっかりと入れて足首を回し込んだり、指先1本ずつストレッチとマッサージを施すことで、足全体の機能が向上していることに気付きます。足の指をそれぞれ自由に動かすことができるようになったことで脳と神経が発達して、運動野の更なる開発に寄与しているのを感じます。

     

    膝上まであるハイロングと膝下のロングはカーフコンプレッション構造として特殊な編み方が施されています。それぞれの筋肉の動きをサポートするために、生地の伸展や強度が細かく分かれていて、そのまま履くだけで快適なコンプレッションを楽しむことができるようになっています。

     

     

    そして大事なことは、ここからです。トルネード履き!自分の足の筋肉の使い方に合わせて、カーフ部分を180度ひねりながららせん状に履くことで更なる高度な重心安定効果をもたらします。画像では左右ともに反時計回りに履いて、足の筋肉の状態の違いを比較したものです。究極の筋肉マニアにしか分からないかも知れませんが(笑)、左足は左回転させているために左の外側の筋肉が足の真裏に寄り、右足は左回転させることで筋肉が全体的に右の外側を向いた状態になっています。

     

    左右の足はそれぞれ筋肉のポジションの偏りによって、重心の位置を極端に変えることができて非常に興味深い現象になっています。ハイロングまたはロングを購入したら、是非とも試してみてください。よほど特別なトレーニングを受けてきた人でもなければ一般的にはふくらはぎは外側の筋肉が多く使われていることが多いので、左足は反時計回りに、右足は時計回りに履くことで、これまで感じることができなかった重心安定効果を得ることができると思います。

     

     

    こちらは右足を時計回りにトルネード履きした状態です。ふくらはぎ外側の筋肉が脛の真裏に寄ることで、こんなにも細く引き締まった足に見えます。美脚効果を期待したい人にもいいですね。数ヶ月もの間洗濯ネットも使わずわざと乱暴に扱ってますが、かなり丈夫に作られていることがわかります。

     

    高度なトレーニングを受けて前脛骨筋を鍛え上げ、ふくらはぎ内側の筋肉と内転筋を養うことができているレベルの高い人であれば、左足は時計回りに、右足は反時計回りにトルネード履きしてみてください。前脛骨筋にバツグンの安定度をもたらすとともに、足首の安定性と柔軟性が格段に向上して、身体の動きが軽やかになっているのがわかります。

     

    季節が変わって少しずつ涼しい日が増えてきましたので、重心ソックスのロングやハイロングを履くのがさらに快適になりますね。

     

    単に筋肉を鍛えることと、優れた身体を養うことは、同じ意味ではありません。ひたすら実射を続けてきたのに満足に上達しないのであれば、重心ソックスを揃えて身体を作り直して臨んでください。

    ケガ予防 筋肉の疲労回復

    2019.09.17 Tuesday

    0

       

      本当に欲しかったアイテムが入荷しました。知る人ぞ知る密かな大人気ボディケアアイテムで、6月に注文してから3ヶ月待って届きました。一気に火がついたらしく、メーカーではもう品薄状態だそうです。

       

      ■SPARK U Total Body Care

       

      アップ前、プレイ中のケア、パフォーマンスアップに。

       

       

      ボディケアスプレー

       

      皮膚から筋肉に浸透して筋肉のパフォーマンスを最大限に発揮させる特別なボディーケアスプレーです。

       

      においもベタつきも清涼感もないので使っても「塗った感」がないのですが、浸透性に優れ皮膚や細胞の再生機能効果が高く、人の体内細胞の老廃物の循環・代謝機能を高める効果に優れていて、運動時の筋肉のパフォーマンスが格段に向上します。練習すると疲れが出るような人は練習前・練習中に使うことで疲労の蓄積を防ぐことができるスグレモノです。

       

      痛みや疲れを抱えている方はコレ。

       

       

      ボディケアフォーム

       

      疲労を改善するために、活性酸素の除去、血流促進、筋肉の修復を行います。練習後や就寝前にフォームを塗りこんでケアして翌日に疲れを残すことなく、トレーニングの効果を高めることができます。

       

      スポーツでの疲労や痛みのみならず、仕事や日常生活での痛みや疲れを抱えるような部分をしっかりケアすることができるので便利です。柔らかいフォームが伸びやかに広がりますので、筋肉マッサージしやすくて効果倍増です。

       

      スプレーもフォームも、どちらもベタつかず、気になるような香りもありません。衣服やシーツへの付着を一切心配しなくていいのが嬉しいですね。

       

      塗り伸ばすに従って皮膚に完全に吸収されて筋肉に届きますので、塗りこんだその手を洗わなくてもタブに指を刺してそのまま実射に臨むことができます。

       

      アーチェリーで痛みや故障を抱えてしまうのは、正しい身体の使い方ができていない事と、練習の方法が正しくない事が原因です。肩や腰、それに手首などに痛みを抱えてしまわないように本当に正しい身体の使い方を学び、自分でできる最大のケアを習慣化して、大本番で最高のパフォーマンスを発揮できる身体を養って下さい。

       

      アーチェリーで最も大切なのは高額な機材ではなくて、この世にひとつしかない自分の身体です。アーチェリーなんて、動かない的に向かって射つだけの実に簡単なスポーツなのです。パフォーマンスを発揮できるようになるために自分の身体を最高の状態に作り上げ、疲れ知らずで正確無比のアーチェリーの世界を繰り広げてみせよう。

       

      東京レッスン後期入会募集のご案内

      2019.09.15 Sunday

      0

         

        ギリギリまで忘れてしまっておりました。東京レッスン後期入会募集のご案内です。

         

        10月20日(日曜)東京都清瀬市

        13-16時

        人数 若干名

        申込期限 10月8日(火曜)

         

        入会希望の方は問い合わせフォームにお申し込み下さい。問い合わせフォームのすべての欄をご記入下さい。メッセージ欄に記入のないものには返信いたしません。

         

        見学してから入会を検討したいという問い合わせが寄せられることもありますが、ただ並べて射たせるようなものではありません。個人の身体のかなりプライベートな部分をスポーツ医療のスペシャリストによってプログラムいたしておりますので、入会メンバー以外はレッスン会場内に入ることはできません。病院での他人の診察状況を見ることができないのと同じようなものだとお考え下さい。

         

        ■台風と義援金

         

        8日(日曜)は東京レッスンで、11日(水曜)は通常のアーチェリーレッスン、14日(土曜)はけいはんな地域でのスポーツ医療チームのレッスンでした。土曜日のスポーツ医療チームのレッスンではさらに最新のトレーニングが加わりパワーアップしますね。日頃からトレーニングのお手本をメンバーの前で披露しておりますので常に引き締まった身体の状態を保つことがでいているのですが、新しいトレーニングによって今朝は少し筋肉痛になりました。この感じ、なかなか楽しいですね。

         

        8日の東京レッスンは台風直撃予報でしたので中止にするか少し迷いましたが、帰ってこれなくなる前提で事前にホテルを予約してから東京に向かいました。東京に着くまでの新幹線の車内で、購入している帰りの予約 20:13 東京発の新幹線がキャンセルになったのを知りました。新幹線は計画運休によって東京駅発の最終新幹線が20時との事。

         

        レッスン終了時刻を1時間早めて会場を後にし、移動中の西武池袋線車内でEX予約での変更を試みますが、アクセスが集中しすぎているのか上手くいきません。東京駅に着いてから列に並ぶのは得策ではないと考え、池袋駅のみどりの窓口で 20:13 → 18:20 に変更してもらいました。変更完了と同時に予約してたホテルはキャンセルしました。

         

        いつも東京レッスン終了後は食事会を済ませて新幹線で帰るのですが、今回ばかりはそうも言ってられません。すぐに東京駅に移動して新幹線口に向かうと、新大阪方面の最終新幹線は19時に変更になりましたとのアナウンスが流れ、大騒ぎになりました。

         

        私は座席を確保できてるので大丈夫なのですが、19時までの新幹線はその時点で指定席はすべて満席になっていて、自由席1-3号車付近のホームは身動きが取れないほどの人が溢れ、私が車両の座席に座って窓の外を見た時は普通車指定席ホームも人が押し寄せる状態になりました。自由席券で普通車指定席の通路やデッキ、グリーン車のデッキに乗り込んで、何としてでもその日のうちに名古屋や関西に戻らなければならない大勢の人で大変な混乱でした。お盆やゴールデンウィークの帰省ラッシュでもこんな酷い混乱にはなりません。大きく報道されてませんが、そこそこのパニック状態でした。

         

         

        そんな状態なので、グリーン車も満席です。私が池袋駅で変更してもらってすぐ、東京駅でギリギリ変更できたという方の話を聞きました。私はホテル予約という保険をかけた上で乗車変更できたので日曜日に新幹線で帰ることができなくても大丈夫だったと思いきや、翌日の鉄道各社のパニック状態を考えると日曜日のうちに戻ることができて本当に良かったと思います。

         

        それにしても台風による千葉県内の被害が大変ですね。日本赤十字社で義援金受付がスタートしましたら、以降はすべてこちらにシフトさせていただきます。京アニ義援金は当会で開設の要望問い合わせが多く寄せられたにも関わらず、実際に義援金を寄せられた方は1名のみでした。なので募って下さった方の額に私が少し乗せて、月末に送金して終了させていただこうと考えております。

         

        自然の猛威はいつ誰が見舞われるかわかりません。災害の時はみんなで力を合わせて助け合い、困っている方の支えを続けていきたいですね。

         

        ■航空輸送会社を変えます

         

        ロジクティクスは愛です。物流に携わっていると、これは本当にそう思います。運ばれるモノには人々の夢や希望などの想いがこめられているからです。これは前職での輸入卸商社の時も、今も思いは同じです。モノを買う人もモノを作っている人も、それぞれが同じような想いを抱いて同じ地球の上で暮らしています。

         

         

        送料5万3000円の仕事ぶり。

         

         

        私が本気で蹴飛ばしてもビクともしない重量物用強化ダンボールが。

         

         

        ダンボールに向かってナタでも振り下ろしたのか?

         

        航空輸送会社を変えるのは、荷物の状態の悪さだけが原因ではありません。ヨーロッパでの荷物の扱いは相変わらず(笑)みたいやけど、間を取り持つ日本法人の諸々の応対が芳しくなく、良好な状態に向かうようには思えませんので、残念ながら次回からは完全に別系列の他の会社に手配してもらうように取引先各社に申し入れをいたしました。大手ディストリビューター担当者から早速了解を得ましたので、順次変更されるでしょう。心の広い私ですが、私が「もうアカンな」と思ったら、何でも大抵ダメですね。

         

        そういうワケで、微妙に料金体系が変わることがあるかも知れません。来月からは消費税増税もありますが、取り扱い製品が全体的に買い安い価格帯のものばかりですので、ほとんど気づくこともないような誤差みたいなものでしょうけどね。フォーム的やケースのように体積が大きな荷物を安心して入荷させることができる環境が整うと嬉しいですね。

         

        いろいろとリフレッシュさせて、爽快なアーチェリーの世界を築いて参ります。

        レンタルリム受付終了

        2019.09.01 Sunday

        0

           

          本日より9月ですね。すでに1年の3分の2が過ぎましたが、今年は昨年から頭脳・肉体ともに、どれだけの成長と進化を遂げることができてますでしょうか?

           

          昨日、日本赤十字社に義援金を送金させていただきました。京アニ義援金はまだ多くありませんので、ある程度まとまった時点で送金させていただきます。

           

           

          平成30年7月豪雨義援金。

          15回目 8月31日 8,800円。

          累計金額 152,417円。

           

          先週の九州北部豪雨の被害も甚大です。これまで15回にわたって西日本豪雨義援金を送金し続けて参りましたが、日本赤十字社で九州北部豪雨義援金受付が始まりましたら以降はこちらへバトンタッチさせていただく予定です。

           

          九州北部豪雨被災でお持ちのアーチェリー用品が流出した方や、アーチェリーを続けていきたいが困窮しているという方がいらっしゃいましたらご相談下さい。

           

          私たちのスポーツの力で、水害で苦しむ人々を支え続けて参ります。

           

          ■レンタルリム受付終了

           

          今後は当会レッスン入会メンバーを除いて、レンタルリムの一般受付を終了いたしました。

           

           

          返却されたリムを見て残念な気持ちにさせられることがあります。画像ではわかりにくいですが、角のクリア塗装だけではなく一部は本体の素材が磨耗しています。私たちの大切なリムを丁寧に扱っていただけない方がいらっしゃるのは、とても悲しいことです。

           

          レンタカーを借りてキズだらけにして返却したら修理費用を請求されますよ。飛び石でガラスが割れても、路上に落ちてる何かを踏んでパンクしても、修理費用がかかります。

           

          これまで数百セットのレンタルリムが稼動してますが、ほとんどの方はハンドルとの接合痕とストリングの打痕のみで美しい状態で返却されます。しかしこのような状態で返却されたリムはレンタルリムとして次の方にお使いいただくことはできませんので、廃棄するしかありません。

           

          日常的に雑な取り扱いによる傷みのあるリムを返却された方に、買い取っていただいたのは過去に2人。これで3人目ですが、もう買い取っていただくための請求する気すら起こりません。レンタルリムの受付を終了いたしました。今後のステップアップは買いやすい価格帯のリムをお求め下さい。

           

          アーチェリー用品は自分のものであっても丁寧で慎重に取り扱わなければならないというのに、他から借りた自分のものではない機材を丁寧に扱うことができないのは残念ですね。アーチェリー上達のためにも、機材の理想的な取り扱いについて真剣に考えてもらいたいものだと思います。

           

          ■ウレタンフォーム的

           

           

          屋外レッスンでも畳を卒業してウレタンフォーム的を導入しました。こちらは90×90×14cmを2枚並べた状態です。どのような使い方がベストなのか、いろいろ使い込んで探ってみます。製品よりも輸送コストが高いので、現時点では販売予定はありません。

           

          畳とウレタンはどちらも利点・欠点がありますね。どちらの方が完璧というものではないように思います。的は畳でもウレタンでもいいのですが、消耗品として処分する時や、設営・撤収時の運搬の軽快さ、雨天の管理を考えると、ウレタン的が楽ですね。

           

          これからアーチェリーを始めて次の世代を支えてくれる皆さんのためにも、競技会のレンジ設営で重たい畳を運ぶ光景が、昔話になればいいですね。労力を少しでも省くことができる取り組みにしていきたいものです。

          アローマーカーペン!

          2019.08.29 Thursday

          0

             

            ヨーロッパもようやくバカンス明けで、少しずつ荷物が届くようになりました。バカンス期間中は完全に休業状態のメーカーや、交代で休みを取るメーカーなど様々ですが、どんな切迫した用件を伝えたくても担当者とは連絡がつきません。なので私も事実上バカンス期間はバカンスのようなものです(苦笑)日本の都合をヨーロッパに押し付けても、文化が違いますのでどうにもなりません。日本もヨーロッパの働き方に学んだら?と思いますが、どうでしょうね。

             

            久しぶりの投稿になりますが、別段忙しかったワケではありません。レッスン以外は自分の時間を存分に使って学びに費やし、お盆は新潟の実家に家族と猫を連れて帰って有意義に過ごしました。

             

             

            お猫様の寛ぎの場所は巻藁(笑)

             

             

            この2ヶ月のほとんどを重心ソックスを履いて過ごしました。ハイロング・ロング・ショートと3種類あるのですが、それぞれに利点がありますので、使い分けると本当に便利です。使い続けてきたことで、足のすべての指を自由自在に動かせるようになりました。射のフォームの際の重心コントロールが簡単にできるようになります。インナーソール成型に多大な金額を注ぎ込んできて、今まで何だったんだろうと思います。

             

            立ち仕事やアーチェリーの練習の時は膝上まであるハイロング。車や新幹線での移動、デスクワークなどで膝を曲げている時間が長い時は膝下のロング。コンプレッションがなくてもイイという時はショート。というような使い分けができれば完璧です。

             

            2ヶ月使って私の身体にも良い変化が見られます。疲れにくい身体になっていて、トレーニングの翌日の身体の状態が明らかに違います。レッスン受講生の方や愛用者の方からのリピート注文が多い理由は明らかですね。競技会で一日中立ち続けても疲れなかったという人もいらっしゃいます。私の家族にも使わせているのですが、妻は足がつらなくなったようだと話してました。

             

            理想的な姿勢はアーチェリーにとって最も大切なことです。姿勢が上達を決めると言っても過言ではありません。重心ソックスを履き慣れて、フォームで悩まなくても大丈夫なアーチェリーを楽しんでもらいたいものです。

             

             

            アバロンからシャフトに名前を書き込むためのアーチェリー専用アローペンが新発売です。

             

             

            アーチェリー専用品としてのマーカーペンが発売されるなんて前代未聞ですね。

             

             

            白いペン先は筒状になっていて、ペン先を優しく押すと0.7mmの小さなノズルの先からホワイトマーカーが出てきます。軽く押すと出てきますので、何度もしつこく押し込まないようにしてください。

             

             

            太いアルミ矢であれば名前を書くのは簡単ですが、カーボン矢に自分の名前を書くのは手先の器用さが要求されます。一般的に文房具として売られている細書きマーカーでは超高速カーボン矢の極細シャフトスカイロンに書くのは至難の業です。そのため細いカーボン矢には通常、こうしたネイルペンを使って、マーカーのインクではなくタッチアップペイントをラッカー薄め液に溶かして伸びやすくして記しています。

             

             

            さっそくマーカーペンを使ってシャフトに名前を書いてみました。シャフトは左がアバロンクラシック4.2の700、右がスカイロン3.2の750です。見た目に明らかに太さの違いがわかる極細シャフトのスカイロンにも、こんなに簡単に細書きで名前を書くことができます。これは使いやすくてイイですね。

             

            失敗した時や書き直したいときは、アルコールを付けたティッシュでこすれば消すことができます。何本か書いているうちに書き慣れますので、是非チャレンジしてみましょう。