カーボンリムの価格革命 コンプリートセット2種類

2018.08.09 Thursday

0

     

    昨日の気温は31度と、酷暑続きに慣れた身体にとっては非常に涼しく感じた一日でした。酷暑の最盛期が過ぎたことを祈るばかりです。今年の夏は熱中症での体調不良の人が多いです。身体を守るためには、高温の場所には行かないことが大切です。

     

    来週はお盆期間中ですので、昨日のレッスンを終えた私は本日から13連休です。昨シーズンまでの2年間で700日以上を仕事に費やしてきましたが、すべての要望に応えるのは無理との結論に達し、命を減らすような働き方はやめました。今シーズンからはゆったりと自分の時間を作って読書に耽り、家族との時間を大切に過ごすことができるようになりました。

     

    自分にゆとりが生まれたことで選手へ手厚くサポートできるようになり、それぞれのブランドと建設的な会話ができるようになり、より良い仕組みが出来上がっています。日本のアーチェリー界にとって、そうした架け橋ができればいいなと思います。

     

    ■カーボンリムの価格革命

     

     

    キネティックの新製品カーボンリム、ギャラクティックです。 デュアルウッドコアのラミネートカーボンリムで、販売価格は 15,120円です。ヨーロッパでの定価は 106ユーロ。凄まじい安さの衝撃に、宇宙まで飛ばされてしまいそうなほどですね。

     

    安定のメープルウッドコア、最新ラミネートカーボンリム。デュアルコアなので軽くて滑らかな引き心地。リム先端のチップ形状を新設計してスリム化し、安定性を高めながらも更にハイスピードを追求した競技用高性能軽量リム。

     

    カーボンリムの製造原価がどれほどのものかが伝わりますね。製品の価格のほとんどが輸送コストです。OEMリム製造メーカーの中国工場からベルギーに輸出され、ベルギーから日本へ輸入して、送料と関税手数料と輸入消費税が加わり、数千円の利益を乗せて、消費税込みでこの価格です。

     

    ヴォルテージが入荷した時に外装にギャラクティックともプリントされてました。メーカー担当者に尋ねると材質以外の価格についてはまだ正式に決まってないながらも「世界が仰天する」というような返信がありました。仰天、ドン引き、いろいろありますが、はっきり言って、やりすぎです。この価格でハイスピードを追求した新設計の競技用カーボンリムを買うことができるのです。高級ブランド製品を買うことが、どれほどバカらしい事かと思います。高級ブランド品を買った自己満足ではなく、的中性能における高性能高品質を正しく見極めて、お金を有意義に使いたいものです。

     

    ■上級競技者を目指す選手のコンプリートセット

     

     

    何名かの指導者からの相談を受けて、10万円くらいで全国大会で入賞圏内を果たすことができる高性能機材のセットを組みました。

     

    指導者や顧問の先生の中にはショップと癒着して25万や30万の超!超!超!高級ブランド製品を無理やり買わせるような話も入ってきます。それを買わされてしまうのは、結局は自分がアーチェリーについてしっかりと調べないせです。悪魔のようなショップから高額な紙幣をむしり取られてしまっているのです。アーチェリーを始めようとする青少年とその親を食い物にするショップが悪いのですが、結局はアーチェリーについてを勉強せずにそれを買うことになった自分自身の責任でもあります。

     

    これらのコンプリートセットは10万以内が目標でしたが、買いやすい価格帯の高性能品が溢れるこの時代では、10万以内に収めるどころか税込販売価格が8万円台です。25万の一式を売りつけられていることを考えると、16万円以上も浮きます。知るは得。知らぬは大損なのです。

     

    機材の性能でイイワケできない上級競技者用の最初のフルセット。ハンドルは生涯保証のついたノウス・アリオス・エンバーの中から好きな製品を選びます。高性能機材を揃えたいが何を買ったらいいかを迷ってしまう方に最適です。防具類以外はすべて揃います。

    セット内容
    ハンドル ノウス25・アリオス25・エンバー23 から選択
    リム ギャラクティック カーボン
    レスト ニーサ 競技用マグネチック
    プランジャー スターク クイックダイヤル
    サイト テックX 競技用
    クリッカー スターク競技用0.25
    ストリング アバロンFF+
    ストリンガー カーテル
    センターロッド スタークPVD
    サイドロッド2本 スタークPVD
    エクステンションロッド4インチ スタークPVD
    Vバー アバロン
    ボウスタンド スタークカーボンコンポジット
    ケース バックパッククラシックソフトW
    カーボン矢 クラシック ブレイクオフポイント
    ポイント接着用ホットメルト ポイント接着用接着剤
    クイーバー アバロンテックワン
    ご注文下さいました後に、引尺に合わせたスパインをご提案させていただきます。

    ロッドの組み合わせ(サイズ センター-サイド-エクステンション)
    66 26-10-4
    68 28-10-4
    70 30-12-4

    クイーバーとバックパックのカラーは注文を進めた先の備考欄にご記入下さい。

    セットアップは無料です。すべてセットアップしてご用意させていただきます。セットアップが必要ない方は備考欄に「セットアップなし」とご記入下さい。

    カーボン矢はノック溝-ポイント先端までの長さの指定がある場合はシャフトカットしてご用意させていただきます。備考欄に記入がない場合はノーカットで発送させていただきます。カットの有無に関わらず、付属のブレイクオフポイントは内容に含まれておりますホットメルトで接着して下さい。

    メーカー在庫状況によっては異なる組み合わせのご案内をさせていただく場合もございます。セット内容に変更が必要な場合は備考欄にご記入下さい。変更後の価格をご案内させていただきます。為替変動により販売価格が微妙に変更になる場合がありますのでご了承下さい。新製品リムのメーカー在庫の変動が激しいので、メーカー完売の場合は異なる製品をご案内させていただく場合もございます。

    これらのセット内容は同じ仕入先から輸入いたしますので、パーツが揃わないことでの大幅な納期遅れの可能性が極めて少ないので安心です。

     

    ■2018特別サポート販売セット

     

     

    最初は高額なアーチェリー用品一式を揃えることが難しい方のための3万円台企画でしたが、思いっきりハードルを下げて誰でも買うことができるようにしました。するとメーカーへの発注数量が増え、次第に部品はグレードアップされ、今では全体的にグレードアップしています。

     

    誰もが手軽に本格的なアーチェリーを始めることができるようにという、私のこうした願いと取り組みに賛同して下さるブランドが増えました。おかげでハンドルはブランドが変わり、カラーバリエーションが増え、左右の選択が自由にできるようになりました。センターとサイドロッドが剛性の高いアバロンの新製品競技用ロッドになり、3万円台のお買い得セットだったはずが、競技用として十分すぎるセット内容になりました。

     

     

    ハンドルがグレードアップしましたので、組み立てるだけで調整らしい調整はほとんどありません。全体的な機材のグレードアップによる恩恵は計り知れません。サイトを取り付けて組み立ててストリングを張り、レストを貼って、ノッキングポイントを接着するだけで、昨年のセットのような様々な手間がかからなくてとても楽です。これは選手の長期使用における調整の変化が少ないとも言えますので、ユーザーにとっても有り難いセット内容です。

     

    ちなみに私はこのセットよりもグレードの低い製品も使いますが、デモンストレーションでは選手や受講生がビックリするほど的中させることができます。機材は価格ではなくて、扱いこなせるかどうかに尽きるのです。

     

    このセットはレンタルリムのセットですが、レンタルリムをポンドアップのために何度かステップアップして上達を果たして、後に自分用の競技用のカーボンリムと競技用のストリングを使えば、全国大会での上位を目指すことは十分可能です。

     

    しかし本当に上手くなりたいのであれば、最初はこうしたアーチェリー用品すら必要ありません。ただひたすら的を射ち続けても、それだけで上手くなる魔法はありません。最初の頃に射つことを続けてしまうと上達は次第に頭打ちになります。我流ではなく本当に正しい身体の使い方を学んで、痛みや故障とは無縁で上達を果たし、爽やかなスポーツライフを楽しみましょう。

    重要 高温対策 新製品情報

    2018.08.02 Thursday

    0

       

      ■「暑いですね〜」は、挨拶ではありません

       

      そういった注意をしなければならないほど、挨拶よりも暑いという言葉が口に出てしまうのが理解できるこの暑さ。けいはんな地域は20日間連続で高温の状態が続いています。36度や37度が数日あっただけで、ほとんどが38度を超えている異常事態。30年に一度の熱波と言われる長期間の暑さは、実に危険な状態です。

       

      高温の状況に身体を慣らすというような行為は危険です。高温に慣れる前に高温で身体機能を低下させてしまうだけです。

       

       

      先日外気温を測定しましたが、地面から100cmの高さで45度近い高温でした。直射日光を浴びたりアスファルトの上ではさらに高温という話です。京都では高校野球の予選大会を高温の時間帯は中止にして異例のナイターになるニュースもありましたが、こうした判断をしなければ選手を高熱の危険に晒します。スポーツ指導が仕事である私の立場としては、高温の場所には行くなという指示をしています。単に疲弊させ、パフォーマンスを低下させる結果にしかならないからです。

       

       

      けいはんな地域のレッスンで使わせていただいている施設では、今年の夏から体育館内にWBGT(暑さ指数)計が設置されました。外気温が40度近い高温でも体育館の中は高温にならず、かなり過ごしやすい温度を保つことができています。この酷暑の期間でもWBGTが28度程度であれば、よほど体調が悪い人でもなければ、それほど熱中症の危険度が高くありません。それでも決して安全とは言い切れませんので、頻繁に休憩を取り入れて、エアコンの効いた場所へ移動しています。

       

      高温の場所に長く居続けることで、多くの人が熱中症になっています。倒れた人だけが熱中症なのではありません。まだもうちょっとイケそうだなと思っている人も熱中症になってしまっています。自分が熱中症になっている自覚がないのです。

       

      ■高温をガマンすると身体はどうなるか

       

      真夏のイベントなどで「熱中症の人が出なくて良かったですね」と言われますが。本当にそれでイイのでしょうか。誰一人身体への異変はなかったのでしょうか。救急搬送された人がいなかったというだけで、熱中症になっている人が多いです。自分が熱中症になっていた自覚がないだけなのです。

       

      高温の状況で一日、いや半日でも過ごさなければならなかったあと、身体への様々な異変があります。食欲がない・身体が火照る・便が緩い・便の出が悪い・寝つきが悪い・眠りが浅い・寝覚めが悪い・元気が出ない・ヤル気が出ない・倦怠感・虚脱感・ぼんやり・頭痛・イライラ・消化が悪い・よくあくびが出る。こうした症状はすべて高温に長時間さらされたことが原因による身体的パフォーマンス低下の症状です。

       

      臓器の機能が低下している状態から完全に回復するまでに、管理が行き届いたアスリートで数日程度。そうでない人は一週間から10日もの間、夏バテのような状態が長く続きます。今年の夏は酷暑がこれだけ長く続いてることと、コンディションが完全に回復しないまま練習や実射を行う人が大半という状態ですので、一度崩したコンディションが回復しないままの人も多いです。

       

      2020年の東京オリンピックが冷夏であることを願うばかりですが、年々暑さが増していくと考えた方がイイでしょう。高温下でスポーツをさせるのは傷害や虐待と何ら変りません。日本では誰かが死ななければ変らないように思えて仕方がありません。暑さが厳しい時季はスポーツのイベントを開催せず、春と秋に集中すべきと考えます。高温下に晒されなければ、熱中症の心配をする必要もないのです。夏こそエアコンを効かせた会場で爽やかにインドア競技をやればいいのです。

       

      この夏の暑さにヤラれてしまっていては、間もなく訪れる秋の本格的なシーズンを棒に振ってしまいます。

       

      ■多くの熱中症対策は付け焼刃

       

      よく熱中症対策について尋ねられますが、実はこの猛烈に暑い時季になってからの熱中症対策はありません。これからできることは、すべて付け焼刃であり、何をやっても焼け石に水という状態です。高温で長時間耐え得る身体は、冬のオフシーズン期間中に作らなければなりません。

       

      熱中症になる理由は、高温に対する身体の準備ができてないからです。遅くまで起きていたり、食事の量が少なかったり、体脂肪が多かったりと、様々です。

       

      熱中症対策として水分補給が挙げられます。確かに水分補給が大切になるのですが、その前にその水分が体内に多量に保有できる準備ができてない人が多すぎるのです。

       

      成人の身体には約60%前後の水分が保有されています。体重60kgの選手には36kg程度の水分保有量です。体内の水分が2%足りなくなるとパフォーマンスが低下します。暑いと多量の汗が出ますが、720ccという汗の量は、あっという間に流れてしまいます。水分を飲んでも小腸へ到達するのに、25度の良好な状態でも20-30分かかります。腸へ運ばれてはじめて血管から全身に運ばれます。

       

      しかし高温の状態では全身にめぐらされている受容器がセンサーとしての機能の多くが狂い、体温上昇を防ぐための発汗と脳への血液輸送が最優先するメカニズムとなるために、他の臓器の能力を大幅に低下させてしまいます。臓器の能力が低下しているので飲んだ水分を全身に運ぶ時間がかかり、どれだけたくさん飲んでも吸収が追いつかない状態になります。失われた分を飲んで補給しても、補給のサイクルの遅れを取り戻すことができません。

       

      血管内の血液の水分濃度が低下すると心拍数を上げて脳への血液運搬量が減らないように調整されます。そのため倒れる直前まで普通に意識はあるのです。気分が悪くなったりめまいがした時には、実は死の一歩手前という極めて危険な状態に陥ってるのです。筋運動を行えば多少の心拍の変化が生じるため、高温で心拍が上昇していても気づくことができません。倒れて救急搬送された人の話を聞くと、「まだ何とかイケルなと思ってたら、気づいたら横になっていた」という人もいます。

       

      身体の中では60兆個もの細胞に水分が蓄えられています。筋細胞には水分を多く蓄えることができますが、脂肪は僅かしか水分を含むことができません。そのため体組成上、体脂肪の割合が高い人は水分保有量が少なく熱中症になる可能性が高く、骨格筋率が高い人は水分保有量が多く熱中症になる可能性が低くなります。普段からバランスの良い食事を多く摂り、有酸素運動で心肺機能の高さと消化能力を高め、アスリートとして理想的な体組成を維持できていれば、普段と同じ暑さ対策で十分なのです。

       

      脂肪量が多く太っていては高温下では負担が大きすぎて危険ですが、筋肉量が少なすぎる身体はその次に暑さに弱くなります。前述したように、身体の水分の多くが筋肉に蓄えられているからです。地獄のような暑さの今頃になって筋トレするのは、それこそ危険な行為です。ですから冬の間にオフシーズンを設定して、オフシーズン期間中にしっかりと身体づくりに励むことが大切です。痛みや故障を抱えているのであれば、治療を最優先して、理想的な身体を作るための準備が必要です。

       

      多くの人が毎年同じことをダラダラ繰り返してパフォーマンスを低下させてしまっているのです。アスリートは身体が資本です。熱中症対策は春までに終えて、スポーツに理想的な季節の競技会で最高のパフォーマンスを発揮させましょう。

       

      ■おまけ

       

      体脂肪が多い人が水分補給でスポーツドリンクを飲むと、スポーツドリンクに含まれている糖分を大量に摂取してしまうために太ります。日頃から有酸素運動を行い健康を正しく管理することが大切です。

       

      翌日が高温下でのイベントになる場合は、前日のアルコール摂取は厳禁です。アルコールを分解するために体内の水分が使われます。翌日には体内の水分が少ない状態でスタートさせることになり危険です。前日のアルコールを止めることができない選手には、指導者からは何もできることはありません。

       

      睡眠不足や不安定な睡眠を過ごしていると熱中症の可能性が高くなります。数日前から睡眠を十分に確保して、万全の体制で臨んでください。

       

      これらすべては、自らを律する行為です。自分の身体は自分が作っていることを忘れてはなりません。こうしたリスクを抱えて熱中症になるのは誰のせいでもなく、自分のせいなのです。

       

      ■ゴースト

       

       

      新発売キネティックのノウスが順次入荷して参りました。こちらはゴーストカラー、とっても格好イイですね。このウッドグリップが高級感を醸し出してます。価格に見合わない高品質な製品なのが嬉しいですね。ノウスはアリオスのデザイン違いです。どちらも生涯保証がついてる競技用アルミ鍛造ハンドルです。

       

      ■ノッキングポイント設定に最適

       

       

      金属製のノッキングポイントとクランプ工具、それにTゲージが付属したセットが入荷しました。ノッキングポイントの位置決めに迷っている初心者や中級者にとっては、何度も繰り返して使うことができるこうしたセットが便利ですね。

       

      何も知らないからといって、何でもショップ任せにしていてはいけません。それではショップの言いなりに高額な紙幣を払い続けなければなりません。アーチェリーに難しいことはありませんので、できるだけ多くのことを自分でできるようになりましょう。

      ハイブリッド完成矢販売終了 義援金2回目

      2018.07.29 Sunday

      0

         

        台風12号がけいはんな地域に直撃して、未明から明け方にかけて猛威を振るいました。土日に開催予定だったメディカルチェックを含めたミニ合宿を中止したのは正解でした。会場の利用料金だけが私の払い損になったものの、イベントを強行して誰かが被災したり、もしも帰宅困難者になってしまうことを考えると、強行すべきではないと思います。

         

        水害に地震に高温続きの日々が続いたと思うと、今回の台風直撃です。この最近続いた様々な自然災害の被害に遭い、住居を失う、避難生活を送っている、アーチェリー用品が流されてしまった、などが理由でアーチェリーを続けることが困難になった方がいらっしゃいましたら、各種サポートをさせていただきたく存じます。罹災証明をお持ちの方は問い合わせフォームに内容を詳しくご相談下さい。

         

        ■ハイブリッド完成矢販売終了

         

        コンポジット完成矢に続くカーボン完成矢として今年から発売され、ハイブリッド完成矢は定番のカーボン矢になりました。しかし気づいた時には日本への輸送料金が上がっていて、1ユーロ130円台を推移するようになり、発注数量6ダースに対して大きな箱で輸送されるために送料が高く、最近の仕入れはタイロと逆転していたことが判明しました。

         

        そこで今後はハイブリッドの仕入れを中止して、ハイブリッド完成矢は当会在庫限りで販売を終了させていただきます。これまで両者にほとんど価格差はありませんでしたが、日本だけ価格逆転は困りますので、今後はタイロ完成矢が最も買いやすい価格帯のカーボン完成矢になります。

         

        当会在庫のハイブリッド完成矢は値上げをせずに、従来の価格でご用意させていただきます。残りが少ないスパインもありますので、ご希望の方はお急ぎ下さい。

         

        ■新製品など

         

        タイロのスタビライザーセットにカラーが追加されたり、新製品の取り扱いが増えましたのでご覧下さい。

         

        ■平成30年7月豪雨災害義援金2回目

         

         

        先ほど日本赤十字社に2回目の義援金を送金させていただきました。義援金として直接お金を渡して下さった皆様、商品をお買い上げ下さった皆様、本当にありがとうございます。

         

        7月29日 13,060円

        累計金額 21,060円

         

        スポーツの力で住まいを失った方を支えて参ります。被害に見舞われて罹災証明をお持ちの方の中で、アーチェリーを続けることが困難な状況に陥ってる方がいらっしゃいましたら、問い合わせフォームに詳しくご相談下さい。

        ストリングジグ

        2018.07.27 Friday

        0

           

          ストリング製作に欠かせないストリングジグが入荷しました。

           

           

          こちらの蝶ネジ取り付け加工を施したストリングジグは、昨日の最後の製作をもって販売終了させていただきました。ドリルビットが磨耗して買い替えを考えてたこのタイミングでテックワンが新発売されましたので、私のボランティア的な特別加工は完売です。

           

          こちらは蝶ネジ加工のないベーシックです。自分で蝶ネジ取り付け加工を施すという人でもなければ、テックワンがお勧めです。

           

          こちらはテックワン。ストリング原糸のスタートとゴールの部分を結えるボルトが装備されています。今後は蝶ネジ取り付け加工ではなく、このテックワンをお求め下さい。ベーシックをはるかに超える品質の高さと耐久性の高い製品です。ベーシックとは価格差以上の作業性の高さを誇ります。カラーが違うだけでプロ仕様と同じです。おかげでプロ仕様は1つも売れなくなってしまいました(笑)

           

          自分のストリングくらいは、自分で作れるようになって下さい。そうでなければ高額な機材の性能が発揮されることはなく、いつまでもショップの呪縛から逃れることができないどころか、基本的なチューニングができないままの状態で練習を続けることになるのです。

           

          ストリング製作なんて簡単です。アーチェリーを行う者にとっては基本的なことなので、異なる長さのストリングを作って試して、どのハイトが自分に最も優れているかを探り出すことが大切です。

           

          ■メディカルチェック中止のお知らせ

           

          ニュースなどで報道されてますが、明日から台風12号が日本列島を直撃する予報です。先日の豪雨災害もありましたが、けいはんな地域を含む広い範囲を通過する可能性があり、公共交通機関が停止した場合は帰宅困難が予想されます。そのため明日のメディカルチェックは中止とさせていただきました。

           

          数ヶ月前から予定いたしておりましたが、レッスン受講生とスポーツ医療チームの安全を最優先にさせていただきました。申し訳ございません。

          納期・輸送状況確認※有償 と 平成30年7月豪雨災害義援金

          2018.07.20 Friday

          0

             

            ■酷暑の日々

             

            京都は昨日まで6日連続で38度越えという、猛烈な酷暑に見舞われているけいはんな地域です。全国各地で熱中症で救急搬送されてる人数が一週間で1万人を優に超える異常事態に見舞われています。水分とミネラルの補給もさることながら、前日までの十分な睡眠と十分な栄養補給が大切です。体調が思わしくない場合は競技や練習を休み、体調を万全に整えてから復帰して下さい。

             

            練習や競技の直前にゼリー状の飲料を摂取することで、通常の水分補給よりも効率的に身体の水分を保つことができ、熱中症対策の効果が高くなります。ポカリスエットゼリーなどのスポーツ系ゼリー飲料を飲んでから競技や練習に取り掛かることで高温時の運動効率が高まります。高温下での運動になることがわかってる場合は、事前に準備しておきましょう。

             

            ■他人の弓に絶対に触るな

             

            中には非常識な人がいるものですが、急な風で倒れたような場合を除いて他人の弓具には絶対に触れてはいけません。他人の弓に触れるための許可を求めることもNGです。

             

            競技者にとって弓も矢も、自分の身体の一部です。アーチェリーで相手に「弓を触らせて」と求めるのは、相手の身体を触ることを求めることに匹敵します。特に男性が女性の用品類を触りにいく傾向がありますので、それはハラスメントとして断固拒否してください。

             

            そのくらいいいだろうという人がいたとしたら、指導者や施設の管理者に通報して、そうした行為をやめてもらってください。たとえアーチェリーではなくても、他人の物に触れるのは非常識です。触れられても良いという人であっても、よほど仲の良い知り合いでもなければ拒否することで、他人のアーチェリー用品には触れてはならないという空気を全体的に作り出すことが大切です。

             

            特に男性は、女性の用品類に絶対に触れてはいけません。こうした行為がどれだけ不快な思いをさせているかをしっかりと自覚して、お互いに気持ちよくアーチェリーができるように心がけてください。

             

            ■必ずストリンガーを使うべし

             

            不思議なことに、今年は例年よりもストリング装着の際に失敗して負傷する事故の報告が多く寄せられます。目に当たらなかったのが幸いですが額を縫うケガを負ったり、ハンドルとリム接合部分が外れて胸部を激しく殴打したりと様々です。

             

            アーチェリー組み立ての中で最たる危険がストリングの装着です。ストリンガーを使えば防ぐことができた悲しい事故が今年は目立ちます。今年になってストリンガーを使わずにストリング装着する人が増えている理由はわかりませんが、安全に装着するためにストリンガーというアイテムがあります。ストリンガーを使わずにストリングの着脱をすることは、シートベルトを装着せずに車の運転をすることと同じくらい安全が担保できません。

             

            そう言う私も現役選手時代はストリンガーを持っておらずストリンガーを使わずに張ってましたが、ある指導者先生から「それを中級者や初心者が見て真似てケガをしているので、上級者や指導者こそストリンガーを使っていることを示さなければならない」と言われて改心し、今ではストリンガーを使わなければストリングの着脱ができなくなってしまいました。今では恐くてストリンガーなしで本当に装着できません。あんな危ないことを平気でしてしまっていたことを、今では反省しています。

             

            昔は別に良かったことでも、今では「危険」ということは多くあります。私が子供の頃はバイクを運転するのにヘルメットの装着は義務ではなく、ヘルメットなしで運転してても違反ではありませんでした。なぜ義務化されたのかは言うまでもありません。昔はどうだったからというのではなく、これからの人たちが安全で安心してアーチェリーを楽しむことができるように、事故やケガの可能性を最小限にしていきたいものです。ストリングの着脱は、必ずストリンガーを使って下さい。

             

            ■納期・輸送状況問い合わせ※有料

             

            メーカー在庫品の取り寄せに2-3週間程度かかることがありますので、そうした納期や輸送状況については特定商取引法に基づく表記に記載させていただいております。こちらでご案内させていただいております内容以上の詳細は当会で申し上げることはできませんが、それでも問い合わせを寄せられる方が中にはいらっしゃいますので、有料にて対応させていただくことといたしました。注文1回ごとではなく、商品1点ごとの問い合わせ注文です。

             

            特定商取引法に基づく表記に記載させていただいておりますように、メーカー発注にて取り寄せさせていただく商品は、入金確認後通常2週間前後で入荷いたしますが、輸入品につき納期は多少前後する場合がございます。諸事情により数ヶ月の納期遅れが発生するような場合は当会からご連絡差し上げる場合もございます。それ以外の納期問い合わせは商品1点毎に有料で承ります。こちら以外での納期と輸送状況に関する回答はいたしかねますので、ご注文前に必ず特定商取引法に基づく表記をご覧下さい。

            ※メーカー・輸送会社からの回答が非常に遅い場合があります。ヨーロッパでのバカンス期間中、サッカーワールドカップ期間中、オリンピック開催期間中、アーチェリー関連の国際展示会期間中などの場合は回答が一切得られない期間が重なる場合もあります。回答が得られないまま製品が到着する場合もありますのでご了承下さい。

            こちらでの確認を注文する際に、備考欄に注文番号と確認したい商品の製品名1点をご記入下さい。入金確認後ただちにお調べいたします。メーカー・輸送会社からの回答が得られ次第、ご案内させていただきます。回答が得られない状態での経過報告はいたしませんので、ご了承下さい。

            有料納期確認での利益はすべて、平成30年7月豪雨災害義援金として日本赤十字社に寄付いたします。

             

            ■平成30年7月豪雨災害義援金

             

            注文サイトにその他のページを設けました。こちらに平成30年7月豪雨災害義援金のページを作りました。10円単位で受け付けておりますので、ご注文下さいます際にお願いします。

             

            まとまった大きな金額の場合は日本赤十字社などに直接送金なさって下さい。当会を通じてでも結構ですが、その場合は事前にご連絡下さい。

             

            これまで数名の方が当会にアーチェリー用品を寄付して下さいましたが、使用頻度の少ない機材やILFではない互換性の少ない機材は近いうちにオークションなどに出品して、そこで得られた金額を義援金として日本赤十字社に送金することを検討いたしております。

             

            当会でのレッスンの際にレッスン受講生の方から「一緒に送って下さい」と財布の小銭を渡して下さった方もいらっしゃいました。皆様の愛を集めて被災地の力へと変えていきたいですね。

             

            送金額と累計金額は通販サイトのトップページに掲載いたしております。こちらの義援金は日本赤十字社を通じて全額被災者に届けられます。自然災害は「明日は我が身」。スポーツの力で住居を失った方を支えましょう。