新製品ラッシュ

2019.01.21 Monday

0

     

    インフルエンザ警報が発令中ですね。インフルエンザでなくてもカゼや何かで体調不良の人が多いです。アスリートだけではなく働く人も学生も、この季節の健康管理は最も大切なことです。

     

    カゼやインフルエンザに罹るのは健康管理ができていない証拠です。健康な身体を養うことができていないから重要な場面で本領を発揮できません。インフルエンザに罹ることで、どれだけ多くの人に迷惑をかける事になるのかを考えてみてください。

     

    インフルエンザが流行っているのは自分のせいではありませんが、インフルエンザに罹るのは自分のせいなのです。オフシーズンの間に身体を作り直してください。

     

    ■カゼ薬ドーピング

     

    電車やオフィスや教室の中で、誰もが同じ空間の中でウイルスに汚染された空気で呼吸をしています。そのため誰もが同じ量のウイルスを身体に取り入れてしまいます。免疫力が高い健康な身体に仕上げることができてさえいればカゼやインフルエンザとは無縁でいられます。体調を崩すこともありませんので、何かの薬を飲む必要に迫られることがないのです。カゼをひいてないのが健康なのではなくて、健康ではないからカゼをひくのです。

     

     

    この時季に多い相談はカゼ薬とドーピングの関係についてです。テレビのCMで流れているようなよく効くカゼ薬のほとんどが、ドーピングの禁止薬物が含まれます。身体の中で発生している状態を薬の作用で抑えようとするのですから、運動機能を一時的に向上させる作用の薬が含まれていることに不思議はありません。

     

    漢方薬なら大丈夫という誤った思い込みが蔓延してますが、この画像の葛根湯エキス顆粒にも禁止薬物が含まれています。大きな競技会に遠征して宿泊した夜にカゼ気味になって、この薬を飲んで翌日の競技会で上位入賞したら検査で間違いなく検出されます。

     

    禁止薬物を含まないカゼ薬は限られますので、コンビニにはほとんど置いてません。大きなドラッグストアに行かないと置いてないことがあります。ドラッグストアの薬剤師はカゼ薬が含有する禁止薬物の知識などありませんので、レベルの高い競技者を目指しているのであれば自分で調べておくことが大切です。

     

    こうした知識も大切ですが、どんな状態にあっても万全な体調を維持することができる身体に仕上げておくことが大切です。通常であれば自分の身体の免疫力でカバーできるはずのウイルスに負けてしまうような軟弱な身体では、一流を目指すべくもないのです。

     

    それでもトレーニングのしすぎやストレス、たび重なる長距離移動などでカゼをひいてしまうことがあります。しかし昨夜のセミナーでは大塚製薬のボディメンテを常飲しているソフトテニスの日本代表チームが国際大会の遠征で、飲んでない監督などは腹痛や下痢などの体調不良に見舞われたが、選手全員に常飲させていたため選手は誰ひとり体調を崩さなかったという興味深い報告がありました。朝の血圧と心拍の測定もこれまでで最も安定していたそうです。アスリートとして腸管がどのような状態であることが最もパフォーマンスを発揮できるかが、科学的に解明されていきそうですね。B240乳酸菌製品の開発に携わった先生の興味深いお話も引き続き追いかけて行きたいと思います。

     

    選手の中にはトレーニング方法に根本的な誤りがあることで免疫力を低下させてしまっている人も多く見受けられます。バランスを崩してやみくもに鍛えたら良いのではありません。パフォーマンスを向上させることが大切ですので、この貴重なオフシーズンを有効に活用するための正しいプログラムを学んで下さい。この時代、非合理的なものはやめましょう。

     

    ■スタークアーチェリーから新製品アルミ鍛造ハンドルが発売されました

     

     

    こちらはフッツーラという1,090g の超軽量高剛性ハンドルです。重たいハンドルは肩や腰への負担が大きいので、よほどの上級者でもなければオススメできません。フッツーラは単体重量が軽いので、ロッドのウエイトが少ない中級者には最適です。弓全体の重量を増やしたいのであればロッドに装着するウエイト数を増やせば良いだけなので、初心者から上級者まで使える扱いやすい競技用機材です。

     

    ■スタークアーチェリーから驚異のカーボンリムが新発売です

     

     

    こちらはトライアンフという最新のカーボンフォームリムです。昨年までの超高額モデルがラベル違いで値段5分の1にしたような驚きの最新競技用リムです。この高性能リムにこんなプライスつけられてしまったらアーチェリーは本当に儲かりません(笑)というか、性能が同じ製品なのにブランドが違うだけで何倍ものお金を払わされてしまっている愚かなことに、本当に早く気付くべきなのです。

     

    高額な製品を買いたいという問い合わせに対応するために取り扱いブランドを増やしましたが、本当に上手くなれば最新のカーボンリムに製品の的中性能の違いが一切ないことがわかります。このトライアンフはドローイングがとても柔らかく、取り掛けとリリースが完璧な上級者向けの競技用機材です。みんなで使って買いやすい価格帯の高性能製品を広めましょう。

     

    ■オフシズンのうちに自分のストリングくらい自分で作れるようになろう

     

    ストリングジグの在庫が切れるたびにメーカー発注して絶やさないようにしているのですが、オフシーズン期間中はストリングジグの注文が多いです。今週だけでも2セット売れましたので、また仕入れます。アバロンのストリングジグは世界で最も頑丈なストリングジグで、最も買いやすい価格帯の製品です。同じ製品の色違いの他ブランドはアバロンの倍以上の価格で販売されています。お金は賢く使ってもらいたいものです。

     

     

    アーチェリー指導が正しい指導であれば、当たり前のようにストリングの作り方を習います。ストリングなんて誰もが簡単に作ることができますので、別に指導者ではなくても周囲の先輩アーチャーが当たり前のように作り方を教えてくれます。インターネットでも観ることができますが、動画ではコツや力加減、それに慣れない最初の頃にどんな事に注意した方が良いのかなどが伝わりませんので、作ることができる人から実際にレクチャーを受けることが大切です。

     

    ストリング製作は機材の中で最も大切です。高性能なリムよりも剛性の高いハンドルよりも大切です。アーチェリーにおけるチューニングの大部分をストリングが占めるからです。自分でストリングを作ることができないのであれば様々な長さでの実射データを取り得ないので、全長何mmのストリングを何回転の捻りを加えた状態で、ノッキングポイントの高さやティラーハイトの違いによるグリーピング偏差の違いを一切理解しないまま、今の自分の弓の状態が本当に自分に合ってるか合ってないかを知らないままで、ひたすら実射を続けているのです。だからいつまで経っても当たるようになりません。

     

    どんなに高額な機材を揃えたところで、ストリングを作ることができないのであれば猫に小判状態なのです。それにストリングを作れないのであれば、どこまでもショップに依存しなければなりません。自分でできない人はショップにとって都合の良すぎるイイ鴨なのです。

     

    ストリングを作れないのに弓のことを語るほど、滑稽で恥ずかしいものはないのです。まだまだ寒さは続きます。オフシーズンは暖かい部屋にいるのがイチバンです。この冬の間に自分のストリングくらい自分で作れるようになっておいてください。

     

    正しい身体の使い方

    2018.12.29 Saturday

    0

       

      ■一年の締めくくり

       

      間もなく今年が終わろうとしています。この一年は何を学び、どんな行動をして、何ができるようになりましたか?チコちゃんに叱られる、で有名になった「ボーっと生きてんじゃねぇよ!」という言葉が刺さらないようでは成長はありません。昨日より今日、今日より明日、昨年より今年、今年より来年、というように頭脳も肉体も日々の成長と進化がなければなりません。

       

      インターネット社会になって様々な知識を手軽に得ることができるようになりましたが、軽薄な情報という副産物が蔓延するようになりました。膨大な情報の中から本当に正しい情報を得て自分のものにするためには、こうして手軽に手に入れた情報が本当に正しいものなのかを判断することができる知力が必要です。知力がなければ中身のない情報に踊らされてしまいます。多くの人がどうでもいいようなムダな情報ばかりを探り、毎日数時間もの時間を浪費しています。

       

      学びの蓄積が少なければ判断力が鈍くなり、簡単に騙されてしまいます。そんな高額すぎる機材など一切必要ないのに、ムダに高いアーチェリー用品一式を最初から買わされてしまいます。売り手はダマシのプロなので、さも高額な製品でなければダメだと言わんばかりの接客をします。売り手側は売れたらそれでいいので、売りぱなし状態です。売った相手が上手くなろうと下手クソのままでも一切の責任を負いません。多くの人が上達の妨げのような機材を振り回して、矢を的じゅうに撒き散らし続けて自分は練習してると思っています。しかしそれを何年続けてもすべての矢が黄色に当たり続けるようにはなりません。本当に上手くなりたいと思っているのなら、自分がどうしてそうなのかを、年末年始の休みの間に真剣に考えてみて下さい。

       

      ■アーチェリーは誰でも簡単に上手くなれる

       

      アーチェリーは実に簡単なスポーツです。本当に正しい身体の使い方をマスターすれば、誰もが簡単に上達することができます。他のどのスポーツに比べても苦しいトレーニングは必要なく、競技中に身体を酷使することがない、極めてアスリートレベルが低いスポーツです。

       

      アーチェリーは的に向かって矢を放つだけの簡単なスポーツです。野球のピッチャーが剛速球や変化球を投げるような特殊なことも、卓球のような変幻自在のスピンや、フィギュアスケートでの何回転ジャンプのような究極の身体能力の高さを求められることはありません。アーチェリーは常に同じ動作の繰り返しに過ぎないのです。

       

      こんな楽に簡単に上手くなることができるアーチェリーが当たらないのは、正しくない方法を続けているからに他なりません。ミスも何もないのです。的の方に向かって射つだけで黄色の中心に刺さります。気合も根性も精神力も集中力も必要ありません。そうした精神論を求めることがあるとしたら、身体でできていなければならない要素があなたの身体に大幅に欠落しているのです。

       

      肩や腰などに痛みを抱えてしまうのは、骨格のポジションに誤りがある状態で射を続けてきたことが原因です。膝や肘、手首足首などに痛みを抱えてしまうのは、更に根深い身体的な誤りや、アーチェリーにおいて決してやってはいけない動作を行っているからです。

       

      アーチェリーは一度始めてしまうと、その最初の頃の動作が自分のプラクティスとして身体に刻みこまれてしまいます。なので最初に誰から何を学んだかが上達のペースに決定的な差となってしまいます。このオフシーズンでスポーツ医療チームから本当に正しい指導を受けて、自分の骨格と筋肉の状態がどのようになっているかを学ぶことが大切です。

       

      ■今年のレッスン終了

       

       

      年度は3月末で終わりですが、ひとまず今年のレッスンは終了です。日曜日の東京レッスンはスポーツ医療チームのレッスンでした。スポーツ医療チームの理学療法士海江田先生から、アーチェリーのフォームの要となる腰部大腿部の骨格と筋肉を詳しく解説していただきました。

       

      触診ではレッスン受講生の筋肉の状態をくまなく調べ、骨盤を複雑に取り囲む小さな筋肉ひとつひとつをチェックしていただきました。詳しく調べて大腿筋膜張筋などの状態を調節して柔軟性を保ち、エイミングから発射の際の過緊張による骨格動揺を抑えます。

       

      そして骨盤内部の筋肉の状態によって骨盤の動きがもたらされるかを詳しく説明していただきました。生活習慣や仕事の最中の日常的な姿勢によって骨盤周囲のどこかの筋肉が固くなってしまっている人が多い(←それが普通)ので、一般的な身体の状態の人がそのままの身体の状態で実射しても安定にはほど遠く、正しくない筋肉を使ってしまうことで足腰に負担をかけてしまいます。

       

       

      アーチェリーは上半身よりも下半身の機能強化の方が大切です。揺らぐ身体、ブレる身体からでは、どんなに必死になってサイトピンを凝視しても、矢はサイトの先に行き着くことができません。より地面に近い部分が重要度が高いのです。足首・足の裏・足の指、すべてが大切です。アーチェリーが上手くない人のほとんどの人が、足の状態が非常にマズイです。足の筋肉バランスが最悪なままでは、正確な射は永遠に訪れることはありません。

       

      アーチェリーは自分の身体が発射台です。二本の足で直立するという不安定な状態で正確に的中させるためには、骨格と筋肉各部が緻密で自由な動きができなければなりません。寒い場所で必死になって実射を繰り返しても、身体は言う事を聞かなくなるだけです。スポーツ医療チームのメディカルチェックを受けて、他にない自分の身体の状態を完璧に把握して、オフシーズンの期間中に具体的に何をしなければならないかを学びましょう。

       

      ■今年最後の義援金

       

       

      先ほど今年最後の義援金を日本赤十字社に送金いたしました。

       

      7回目 11,100円

      累計金額 84,117円

       

      日本赤十字社のホームページによると、平成30年7月豪雨の義援金受付期間は 平成30年7月10日-平成30年12月31日と書かれています。期間延長なら続けますが、この期間で締め切られてしまうのであれば、本日が西日本豪雨災害の日本赤十字社への最後の義援金になります。当会から機材を購入して下さった皆様、レッスンを受講して下さった皆様、本当にありがとうございました。

       

      今年の漢字「災」が表すように、大きな災害に多く見舞われた一年になりました。様々な災害で住む家を失った方々に幸せな一年が訪れることを願っています。

      クリスマスパニック

      2018.12.14 Friday

      0

         

        クリスマスを控え国際物流が盛んなシーズンに突入しました。日本でも師走と言われるように、何かと慌しい時季ですね。ヨーロッパでは特に、バカンス前とクリスマス前の今頃にいろんな面白い事が起こります。人が行う作業なので、いろいろと間違いが起こるのは仕方がありません。AI化・機械化が進みますので「まだ人間が作業してるの?」なんて言われる時代が、すぐそこです(笑)

         

         

        スカイロンのポイント1ダースのセットですが、袋の中に13本入ってるものがありました。パッケージを開封して再包装する手間がかかるのでこのまま発送します。昨日出荷分の中にはインサートピンが13個入ってたものがありました。こちらもそのまま発送しました。もしもこれらが届いた人はアタリです(笑)きっとイイことがあるでしょう♪

         

        ■運送会社について

         

        現在クロネコヤマトとゆうパックを選択することができますが、発送のクオリティに大きな差が出ています。一時期に比べてかなり良くなってますが、ゆうパックでのトラブル報告が無くなりませんので、商品によってはゆうパックを選択してもクロネコヤマトに変更させていただきます。現時点ではシャフトセットなどの一部、バックパック、フォーム的など、商品の組み合わせによってはヤマト運輸のみでご案内させていただきますので、ご了承下さい。

         

        ゆうパックの取り扱いを始めた頃はクロネコヤマトと半々近くの割合まで増えましたが、今ではクロネコヤマト7 : ゆうパック3 という比率で、ゆうパックが敬遠されています。集荷にお越し下さる方も営業担当の方もイイ人なのですが、地球の裏側から取り寄せて時間を掛けて入荷した商品が無事に届かないのであれば、無事に届けて下さる方法を選ばざるを得ません。たまに問い合わせがありますが、当会では佐川急便は使いません。発送する物が精密で大切なアーチェリー機材なので、送料を数十円安くするために配達のクオリティを落としたいとは思いません。

         

        今後の状況次第ではヤマト運輸での発送品目が増えるかも知れません。ゆうパックは何かとあるのですが、レターパックライトでのトラブルは一度も報告がありません。同じ郵便なのに何が違うのでしょうね。

         

        ■スポーツ医療チームのレッスン

         

         

        水曜の午前中はスポーツ医療チームのレッスンでした。今回も海江田先生にお越し下さいました。お忙しいのに関西に東京に、いつも本当にありがとうございます。

         

         

        急激に寒さが増したのもあって、アーチェリー以外での日常の身体の使われ方による様々な変調をも改善していただけるのが有り難いですね。一人一人の身体の状態に合わせて施術と指導を行って、低温時でのコンディションを整えます。上達のレベルが高くなった方には更なる上達のためにウィークポイントを探り、アスリートとして理想的な身体を養います。

         

        更に先のトレーニングが追加されたり、特別なストレッチが加わったりと、会得しなければならない内容は一人一人が違います。スポーツ医療の現場の最先端の知見を得ることで、誰もが楽に上達することができるのです。

         

        来週中ごろに東京レッスン後期後半の募集を締め切る予定です。春の本格的なシーズンに突入した瞬間から驚異的な能力を見せつけることができるように、本当に正しい身体の使い方をマスターしよう!

        体調管理と機材の管理

        2018.12.10 Monday

        0

           

          これまで暖かかったと思えば、急に真冬に突入したような気温の変化になりました。周囲で体調を崩している人が多くなってきました。インフルエンザ患者も急激に増えているようですね。私はスポーツ医療チームの加護を受けて、今年も相変わらずカゼやインフルエンザになる気がしません。アスリートは身体が資本ですので、体調管理が万全でなければトレーニングどころではありませんからね。

           

          「元気があれば何でもできる」というアントニオ猪木の名言にもあるように、健康に勝るものはありません。健康であればどこへでも行くことができる♪ ということで完全にアーチェリーから離れて、気分転換を兼ねて宮崎に行ってきました。

           

           

          堀切峠から道の駅フェニックスまでの眺望は素晴らしいですね。それまで曇ってたのですが、私が着いたら晴れてきました。雨男だったハズなのですが、さて?(笑)

           

           

          特に大きな荷物はありませんので、往復の飛行機はLCCのピーチを使いました。関西空港から宮崎への往復の空路運賃の総額は 8,140円です。往路の 2,410円という安さには驚きを隠せません。ピーチが就航した時に北海道や沖縄に出張した時も往復1万円かかりませんでした。お世話になってる方の娘さんがピーチのCAさんをされてるので、空路はなるべくピーチを使うようにしています。

           

           

          ピーチは大阪の会社で関西空港が拠点なので、チケットの最下部には OOKINI!!(おおきに)とプリントされてるのがイイですね。機内でのCAさんのアナウンスでも「ホンマおおきに!」と言うのが、関西人には自然に心地よく耳に入ります。近年は日本のどの地域に行っても地域色が薄くなってしまっているのを感じますが、関西だけは「標準」に染まることはなさそうな感じですね。

           

           

          宮崎ではかつてお世話になった方々とお会いして、美味しい料理をご馳走になりました。本当にありがとうございます。一生の宝と思える方々と長く変わらぬお付き合いができて幸せです。

           

           

          宮崎空港では搭乗の際に防疫マットを踏まなければなりませんでした。狂牛病や口蹄疫、鳥インフルエンザに豚コレラ、私たちが過ごす普段の生活ではこうしたニュースはまるで他人事のように聞こえてしまいますが、このような現場を目の当たりにすると私たちが口にすることができる普段の食品が、どれだけ有り難いものであるかを実感します。

           

          宮崎は暖かかったのでピンときませんでしたが、金曜日は北海道を中心に大荒れで機材繰りの関係で復路の飛行機が2時間近く遅れて出発しました。帰宅時間が遅くなり、土曜日の東京レッスンは往復の新幹線で眠りこけてしまいました。ちょっとスケジュールがタイトでしたが、5年ぶりに宮崎に行くことができて良かったです。

           

          日曜日は車のブレーキパッドを交換しました。重たい畳を運搬したりレッスン受講生の方を送迎しますので、たまにはメンテナンスが必要です。

           

           

          ブレーキパッドやブレーキフルードは自分で交換しますので、前後のブレーキパッドのみを購入します。

           

           

          こちらはフロント側の作業です。自分で交換しますので高い作業工賃の必要がありません。かかる費用は部品代のみです。ノウハウを知らない人にこうした作業をすべて自分で行うべきだと思うものではありませんが、かつてモータースポーツをしてましたので、私はほとんどの事は自分で作業しています。

           

           

          ブレーキパッドの新旧を比べ合わせると、厚みがこんなに違います。私はなるべくギリギリまで使うほうですが、こんなに減ってしまうまでに交換した方がいいでしょうね。

           

           

          こちらはリア側の作業です。作業といっても大した作業ではありません。ホイール外してキャリパーをバラすだけです。工具さえあれば短時間で簡単にできる作業です。アーチェリーのストリングや矢を作ることに比べても、圧倒的に短い時間で作業が終わります。

           

           

          リアのパッドはどちらも片側だけが減ってました。冬は積雪地帯を走りますので、融雪剤を浴びてキャリパーの左右の動きが次第に渋くなるのが原因です。ディーラーで定期的に点検を受けていてもこんな具合です。ディーラー任せにするのではなく、日常的に運行前点検をして普段の状態がどのようになっているかを知ることが大切です。

           

          これらは車に限った話ではなく、アーチェリーも同じです。機材一式を買ったら使いっぱなしの人があまりにも多すぎるのです。機材はすべて定期的なオーバーホールと常なるメンテナンスが必要です。

           

          リムがハンドルに完全に装着できなくなっている事に気づいてない人や、リムボルトやソケットの調整がなってない人、サイトのバーが斜めになっている人、プランジャーの動きが悪くなっている人、ストリングの状態が悪い人、セッティングが合わなくなってしまっている人、羽根の状態がマズイ人、そんな人だらけです。まるで車検切れや整備不良または故障のような当たらない状態の弓になっている事が理解できてませんので、どれだけ必死にサイトピン越しに的を睨みつけても永遠に当たるようにはなりません。

           

          機材の的中精度は機材の金額やスペックが決めるものではありません。機材を最も理想的な状態に整えて、それを扱う自分の身体を最も優れた状態に仕上げなければ上達どころではないのです。高級なノーメンテの弓よりも、安くても手入れが行き届いた弓の方が優れた性能を発揮できるのは言うまでもありません。メンテナンスが完璧でないのであれば、高級品に支払った金をドブに捨てたも同じです。大切なのは扱いこなせるための正しい知識を得ることです。

           

          寒さが増して本格的なオフシーズンの到来です。機材を丹念にメンテナンスを施してリフレッシュさせて、オフシーズンの取り組みで新しい自分を創り出して、誰もが憧れるほど当てることができる存在を目指しましょう。

          東京レッスン後期後半入会メンバー募集のお知らせ

          2018.12.02 Sunday

          0

             

            ■東京レッスン募集のお知らせ

             

            ご希望にお応えいたしまして、東京レッスン後期後半の入会メンバーを募集いたします。

             

            日時 1月12日(土曜)10:00-11:45

            人数 若干名

            締切 12月20日

             

            入会希望の方は問い合わせフォームに入会希望の旨を記載してご連絡下さい。メッセージや詳細の記入がないものには返信いたしておりませんので、できるだけ詳しく内容をご記入下さい。

             

            関西レッスンへの入会希望の方は問い合わせフォームにご連絡下さい。日程を調整して初回レッスン日程をご案内させていただきます。

             

             

            世界最高レベルのスポーツ医療チームと一体となって世界最先端のスポーツ科学トレーニングに基づいて、一人一人に合わせてリハビリ・トレーニングをプログラムいたします。

             

            アーチェリーは正しい身体の使い方さえ学ぶことができれば、誰でも簡単に上手くなることができるスポーツです。このオフシーズンから本物のアーチェリーを学んで、射てば当たるという実に痛快なアーチェリーを自分のものにしてみせよう!