完成矢製作キットのラインナップ増加と特価品コーナーの新設

2017.10.17 Tuesday

0

     

    昨年から、実に困ったことになりました。アバロンがカーボン完成矢を発売したことで、それまで最廉価の価格帯だったイーストンのインスパイアが、ほとんど売れなくなってしまったことです。アバロンには到底太刀打ちできないので、在庫を処分することにしました。

     

    ■特価品コーナー

     

    当会通販サイト内に特価品コーナーを新設しました。インスパイアのスパインは限られますが、とてもお買い得です。数量が少ないので早い者勝ちです。ご希望の方はお急ぎ下さい。

     

    ■完成矢キットのラインナップ増加

     

    上達してきた人が増えてきたのもあってか、クラシックとテックワンの要望が次第に増えて参りました。より高額な製品を求めたがる日本のアーチェリー界の傾向が好きではないのですが、高くてもいいから当会から買いたいと仰る方が多いので、完成矢キットの種類を増やさざるを得なくなりました。

     

    テックワン完成矢製作キット

     

     

    キット内容 テックワンカーボンシャフト1ダース(インサートピン付属)・ピンノック50個・専用ブレイクオフポイント1ダース・ポイント接着用ホットメルト1個・競技用XS Wings 50mmベイン50枚。

     

    クラシック完成矢製作キット

     

     

    キット内容 クラシックカーボンシャフト1ダース(インサートピン付属)・ピンノック50個・専用ブレイクオフポイント1ダース・ポイント接着用ホットメルト1個・競技用WAVベイン50枚。

     

    どちらも1セットにつき、ピンノックが50個付属するという凄まじさ。シャフトを6本粉砕してしまうのが先か、ノック50個を壊してしまうのが先か、己の集中力の限界を試すことができる脅威のセットです。2ダース分注文した場合は、ノックが100個になります。使い切れるものなら、是非とも使い切ってみせて下さい。その頃には誰もが認める選手になってるハズです。

     

    どちらも羽根とノックのカラーを選ぶことができます。シャフトカットは無償でさせていただきますが、羽根とポイントは自分で装着して下さい。羽根貼りとポイントの装着は、アーチェリーを行う者にとって初歩の初歩です。これが自分でできなければ恥ずかしいのです。

     

    ポイントはどちらもブレイクオフポイントが標準装備されます。ポイント重量を変更しながら、自分に最も適した部分がどこであるかのチューニングを必ず行って下さい。そうでなければブレイクオフポイントを使う意味がありませんし、クラシックではなくタイロ以下で十分です。

     

    クラシックを使ったことがないのに、テックワンを使う意味はまったくありません。シャフトを数ミリずつ短くカットしながらスパインを決めたり、ブレイクオフポイントをカットして重量変更のためにオールカーボンシャフトに装着されたポイントを加熱して何度もポイントの着脱を行わなければなりませんが、それを最上級機種ですることがバカらしいのです。スパインがわかれば、それでいいだけからです。

     

    クラシックもテックワンも、同じ長さ・同じ重さに揃えて作り、それらを混ぜて射つと、まったく同じ場所に的中します(笑)先日もクラシック完成矢で30m357点を出した選手の方が「優勝しました」と来店されましたが、これで十分との事です。私もそう思います。

     

    そう言ってるにも関わらず、テックワンが欲しいと仰る方がいらっしゃるのです。私がこれだけ言っても高いほうをお買い上げ下さるのですから、これ以上は何も言えません。失礼を承知ではっきりお伝えしてるのですが、70mラウンドで600点出すのがやっとというグルーピングのサイズでは、テックワンを1ダース買うよりも、コンポジットやタイロを2ダース買う方が、価値のあるお金の使い方になるのです。

     

    ■サイト クラシックのカラー追加

     

     

    アバロンの定番サイトとして好調なクラシックのカラーラインナップが大幅に増えました。

     

    カラーは ブラック・ブラックブルー・ブラックレッド・ブラックグリーン・ブラックオレンジ・ブラックグレイ・ブラックゴールド・ブラックパープルの8カラーです。いずれも左右があります。

     

    現在は左右の設定がありますが、当初は左右兼用の製品でした。左用または右用がない場合は、サイトのエベレーションのスレッドの位置を交換するだけで、サイトを裏返すことなく左右ともに使うことができるので便利です。

     

    買いやすい価格帯の優れた製品が、かなり充実しましたね。今年もあと少しで終わりです。2018年がどうなるかが楽しみですが、もうこれよりも安い価格帯で優れた製品を充実させないで欲しい気持ちで一杯なのが本音です(苦笑)

     

    日曜のレッスンは雨でしたので、屋内でのトレーニングがメインになりました。もうすぐオフシーズンに突入しますので、春に向けての身体の準備を万全にしておきたいですね。

     

    水曜のレッスンを終えたら、木曜からは東京に移動です。次の日曜は東京でのスポーツ医療チームのレッスンです。急な気温の変化で体調不良の人が多いようですが、せっかくのスポーツ医療チームのレッスンに欠席するなんて勿体無いことにならないように、万全に体調管理を行って下さい。