新製品リム

2018.01.26 Friday

0

     

    東京でのスポーツ医療チームのレッスンに少人数レッスン。営業日が残り僅かということもあってお客さんで大賑わい。関東が大雪の予報だったので、月曜の午前中に東京を出て無事に京都に戻ることができました。

     

    スポーツ医療チームから加速度センサーの測定結果のDVDを頂戴しましたので、じっくり数字とお友達に。けいはんな地域でのレッスンを終えたら、メディカルチェックの診断結果が届いてました。そのうち紹介したいと思いますが、皆さんスゴイです。

     

    2018年モデルが紹介しきれないペースでリリースされておりますので、一部を紹介させていただきます。

     

    ■ILFリム「プレリュード」

     

    低価格帯のウッドコアのグラスリム、プレリュードです。

     

     

    こちらはホワイト。

     

     

    こちらはブラック。

     

    どちらも販売価格は 7,560円です。

     

    あまりにも安すぎるのです。2018年モデルの新製品ですよ。こんなに安いと本当に儲かりませんが(笑)、これからアーチェリーを始めたいという方や、ポンドアップのためのステップアップ機材としては最高ですね。

     

    アーチェリーが高いだなんて、完全に時代遅れだと思います。こうした買いやすい価格帯の製品をみんなで使って世の中に溢れさせて、アーチェリーの輪を広げていきましょう♪

     

    ■競技用カーボンリム「ヴォルテージ」

     

     

    ヴォルテージはキネティックからリリースされた、フォームコアの最新カーボンリムです。

     

    フラッグシップモデルですので「最新」とか「ハイテク」などの文言が記されてます。どうせ優れた最高性能には間違いないのでしょう。最近は「なんでそのリムを使って当たらへんの?」という未熟な選手ばかりです。この最高性能のリムは、上級者になりきれない選手がどんなテクニックを得なければならないかを、私が実際に使ってレッスン受講生の皆さんに説明したいと考えております。

     

    ■コンポジット完成矢14本セット

     

    スパイン1100のカーボン完成矢コンポジット1セットのみ、1ダース価格で14本セットでご用意させていただきます。スパインが合う方にはとってもお得なセットです。

     

    コンポジット完成矢の仕入れは、1箱に100本というダース単位では割り切れないものでした。コンポジット完成矢は当会の在庫が完売したら終売ですが、1ダースに満たない本数のスパインの特別価格でのセット販売を予定いたしております。どうぞ、ご期待下さい。

     

    ■しつこく言うが オフシーズンなのだ

     

    長いようで短いオフシーズンですが、すでに半分を終えようとしています。気温が低いからといってアイシングやクールダンをしなくても良いワケではありません。ほとんどの選手が実射後にクールダウンをしませんし、身体のケアをしてませんので、寒さが厳しいこの頃は、屋外での実射は筋肉の状態を悪化させてしまい、春からのパフォーマンスが上がりません。低温時の実射よりも、暖かい場所でのトレーニングが大切です。身体のどこかに痛みや故障を抱えているならば、トレーニングよりも治療が最優先です。春になるまであと少しの期間しかありません。それまでに身体の状態を万全に養っておきましょう。

     

    レッスン受講生の方とは筋肉談義にしかなりません(笑)が、東京秋津店にご来店のお客さんとも少しそういった話になることがあります。入会されてない方には技術もトレーニングも具体的なことをお伝えすることはできませんが、それ以前のレベルという状態の人がほとんどです。

     

    今でも腹筋とかされてるんですか?と聞かれたのでその日は、「ここ数年はあまりにも忙しくて自分の時間が取れないので、今日はバランスディスクの上での腹筋は100回、バランスボールを使ったタテ・ヨコ・ナナメの腹筋は合計100回を超えたらやめる、それだけしかできてませんよ。他はレッスン受講生の皆さんの前でトレーニングやストレッチのお手本を披露するくらいですね。全然できているというレベルではありませんよ」と伝えるとドン引きされました。

     

    いやいや、こっちがビックリですよ。合わせてたった200回ちょっとの腹筋なんて、ものの5-6分くらいなものですよ。アーチェリー場には何時間でもいて、数百射の矢をバラ撒くことには懸命になれるというのに、自宅でできる僅か数分のトレーニングごときにいちいち驚いてるようでは、本当に呆れてしまいます。ストレッチもそう。ランニングなどの有酸素運動もそう。

     

    日々コツコツと積み重ねていかなければならない地道な努力を怠っているようでは、自分の的中能力が高まることなどありません。使えない身体ではどんなテクニックを会得することもできません。残り半分となった貴重なオフシーズン。低俗なテレビ見て重たい身体をゆすって笑うヒマがあるなら、自分の身体を作る時間がないワケがないのです。的に向き合うのではなく己の身体と正しく向き合い、誰もが憧れる本当に格好いいアーチェリー選手になって下さい。