値段のつけかた間違えてるんじゃないかと思うほど

2018.02.18 Sunday

0

     

    アバロンの新型プランジャーの第一便が入荷しました。

     

    昨日の屋外レッスンにはギリギリ間に合いませんでしたが、昨日は気温3度で常に冷たい風にさらされる中で、時には吹雪の実射でした。特に午後からは低体温症との戦いに近いものがあり、インプレッションどころではなかったと思います。

     

    筋肉のパフォーマンスが最も高まるのは筋温が38度程度と言われており、そこから離れるに比例してパフォーマンスが低下します。アーチェリーは自分がほとんど動かないスポーツなので実射を続けていても、他のスポーツのように身体が暖まることがありません。

     

    昨日は珍しく低温下でのレッスンになりましたので、数名の方が自分のウィークポイントが低温の状態が自分の身体にどのような変化をもたらすかを実感していただくことができました。しかしスポーツの指導は、可能な限り低温や酷暑の状態で続けることは避けることが望ましいと思います。

     

     

    そんな低温下でのアーチェリーを楽しく過ごすことができるお勧めアイテムが、桐灰のカイロ「マグマ」です。低温下ではカイロで手を温めることが大切ですが、マグマは普通のカイロとは熱さのレベルが違います。本当に寒い場所でマグマを使ってみると、普通のカイロに戻れなくなります。寒風吹きすさむ昨日のレッスンでは、マグマ1枚で大人数人が暖を取ることができるほど威力を発揮しました。帰宅した後に脱いだダウンのポケットに入れっぱなしになっているのに気づき取り出そうとすると、素手で触れないほど熱くなっていてビックリしました。こうした便利なアイテムを使って、快適なスポーツライフを過ごしたいですね。

     

    さて、届いたプランジャーを出してみます。

     

     

    アバロンの新製品プランジャー競技用です。 2,376円とビックリするほど安いですが仕入れ価格ではなく、日本での税込販売価格です。初心者用や中級者用ではありません。純然たる競技用の超精密高性能プランジャーです。

     

     

    アバロンの競技用プランジャーは、バイターやデカットよりも軽くて小ぶりです。ハンドルから突き出る部分が短くなるのでハンドルの美しいフォルムを崩すことなくスタイリッシュです。

     

    マイクロクリック調整システムで、スレッド1周10段階クリックになっています。金属製のチップが付属していて、フリクションが少なくスムーズな動きを実現しています。バイターのようなフリクションはなく、シルキーなフィーリングに感動します。クリックダイヤル側もシリンダー側も目盛りの数字が見やすくて、私のような猛烈なチューニング中毒患者には有り難い仕様になっています(笑)

     

     

    左が新製品のアバロン 2,376円。右がSFのベロシティクリックプランジャー 3,700円です。製品が届くまではSFに似てるように見えたのですが、クリックの仕組みが異なるシステムでした。アバロンのプランジャーにはダイヤルクリック側の外側のスレッドがありません。内部の仕組みはどうなっているのでしょうか?チップのシリンダー径も異なりますので、チップの互換性はありません。

     

    このSFのプランジャーのフリクションロスの少なさは素晴らしく、動作の緻密度は世界トップクラスです。値段が高いクセに精度が低いバイターを使うことをやめる決心がついた傑作です。バイター製品で優れていると思えるのはノックだけで、バイターのプランジャーにはあの値段を支払う価値などありません。

     

     

    アバロンのプランジャーを容器から取り出してチップ部分を指で押してみると、スプリングではなくショックアブソーバーのような湿ったような感触が伝わってきました。大雨の競技会でプランジャーの中に水滴が入ってしまった時のような、あの感触です。不思議に思って分解してみると、プランジャーのシリンダー内部にはグリスが封入されてました。使う前にはバラして内部のグリスを取り除いて下さい。通常の綿棒を何度か出し入れするだけで大丈夫です。グリスを拭いた直後が、上の画像です。

     

    クリックダイヤル部分外側にはスレッドがなく、シリンダーの内側に10段の波状のスレッドが刻まれています。ダイヤル内部にベアリングボールが封入されていて、ボールが波状の部分に当たることでクリック感を出すという懲った仕組みになっています。ボールの部分にグリスを少し馴染ませることは大事なことだと思いますが、このあたりは組み付け作業員のテキトー度合いが見て取れます(笑)

     

    グリスはディグリーザーなどで吹き飛ばさずに、ウエスやティッシュ、または綿棒などで拭き取って下さい。グリスを拭き取るだけでショックアブソーバーのような感触はなくなり、フリクションロスの少ないシルキーな動きに激変しました。各メーカーのプランジャーすべてに言えることですが、購入したプランジャーはすべて分解清掃してから使って下さい。

     

     

    クリックダイヤルにはホーローセット(イモネジ)で固定するようになってますが、プランジャーに多く使われている一般的なホーローセットは「くぼみ先」と呼ばれる形状になっていて、くぼみの外輪がスレッドに食い込んで回転を止める仕組みになっています。しかしこちらのプランジャーにはクリックダイヤルが被るシリンダー部分の外側にはスレッドの刻みがありません。どうなっているかホーローセットを取り外して裏返すと、先端が平先になってました。これならシリンダーの外周部分を傷める心配はなく、安心して固定することができます。ただし、平先のホーローセットはホームセンターなどで一般的に入手することができませんので、無くさないようにして下さい。

     

     

    アーレンキー(六角レンチ)以外の内容物すべてです。構造は単純なので、機械がニガテな人でも簡単に分解清掃をすることができるので安心です。シリンダーにはパッキンとしてOリングが取り付けられてますが、ハンドルとスロットナットの間に挟まれる格好になり、毎回確実に同じ位置にプランジャーを取り付けることができるか怪しいです。プラスチックやゴムなどのような、力加減で変形するような素材が適しているとは思いませんので、高得点を望む競技者であればこうしたリングなどのパッキンを取り外してハンドルに装着するのが基本です。

     

     

    アバロンでフリクションロスが少ない最大の理由が、スプリングの形状にあります。スプリングはチップを押す先端方向に向かって細くなるテーパー形状で円錐状のタイプになっています。スプリング下端がスロットダイヤル内部のスプリングガイドに正確に乗ることで、スプリングはシリンダーに干渉しない構造になっているのです。これは凄いです。プランジャーの革命と言ってもいい製品だと思います。

     

    バイターを含めた従来の一般的なプランジャーではシリンダー内壁に常にスプリングが擦れ合いながら収縮と伸展を繰り返すために、スプリングとシリンダーの磨耗を避けることができません。アバロンの新製品プランジャーではこうした擦動ロスをなくすことで、動きのスムーズさと確実性、そしてスプリング磨耗の可能性を排除することに成功しています。

     

    多くの人が使い続けている動きが芳しくない状態のプランジャーは、シリンダーとスプリングが磨耗した金属粉がもたらすものです。そのため数ヶ月に一度はプランジャーのオーバーホールが必要なのですが、私がどれだけ言ってもプランジャーのメンテナンスを怠る人がほとんどという現実があります。なのでアバロンのプランジャーを使う人が多くなれば、ものぐさアーチャーでもプランジャーの性能低下を防ぐことに繋がります。だからといってノーメンテで大丈夫な機械などはありません。優れた状態を常に発揮することができるように、日頃からの手入れが大切です。

     

     

    ハンドルに固定するための付属のレンチは、プラスチック製の剛性の高いものが用意されています。緩むことなくハンドルにしっかり固定することができるのですが、あまり強く締めすぎないようにしてください。

     

    初回便は明日月曜に出荷させていただきます。初回入荷分はすべて予約で埋まってますが、メーカー在庫が豊富ですので順次入荷いたします。どうぞ、ご期待下さい。

     

    スタークアーチェリーからは、競技用の完成ストリング 8125G が新発売です。

     

    カラーはブラックブルーとブラックイエローのWカラーです。リムに張る際にストリングに捻りを加えるのですが、異なる2カラーの原糸が螺旋を描く模様が美しく映えます。

     

    ストリングを自分で作ることができる人は好きなカラーの原糸を組み合わせて自在に作ることができるのが特権です。ストリングジグを持ってない人でもこうしたストリングを選ぶことで、Wカラーを楽しむことができるのが嬉しいですね。

     

    伸縮性のない競技用のストリングですので、リムのチップ先端が強化されてない通常のグラスリムには使わないで下さい。カーボンリムをお使いの方は、ストリングでオシャレに決めましょう。

     

    ストリングでどれだけオシャレにしたところで、日頃の手入れを怠っていてはいけません。練習などで何日か使うたびにストリングワックスを塗って、余分なワックスをフラッシングして、常に清潔な状態に保つことが大切です。