新製品ラッシュ タブとプランジャー

2018.09.17 Monday

0

     

    この三連休は関西でのレッスン。次の三連休は東京でのスポーツ医療チームのレッスンと、京都府アーチェリー連盟の指導者研修会。その次の週末は関西でのスポーツ医療チームのレッスン。その次の週末は東京でのアーチェリーレッスン。平日もほとんどが水曜日にレッスンがありますので、レッスン三昧です。スポーツの秋ですので私は指導者繁忙期です。

     

    スポーツ科学の最先端の知見がもたらされてますので、学びについてこれない指導者はどんどん時代遅れになっています。もうすぐ日本でオリンピックが開催されますが、指導者のほとんどは役立たずな状態に憂いています。

     

    それにしても、買いやすい価格帯の高性能機材が溢れる時代になりました。こんな今でもアーチェリーを始めるのに数十万円かけさせられている人たちが可哀想で仕方ありません。

     

    今では総額10万を大きく下回る金額でトップレベルの製品を揃えることができます。しかしアーチェリーを始める最初の頃は、その価格帯の製品すら必要ありません。精密に的中させるための身体能力が遠く及ばないからです。

     

    必要なものは防具類やボウスタンド・ハンドル・レスト・プランジャー・矢・クイーバー・サイトくらいなものです。当会ではレンタルリムがありますので、無理にリムまで揃えることもありません。というか、最初の頃は用品類は一切必要ありません。

     

    アーチェリーは射ち続けていれば当たるようになるというものではありません。単に実射を繰り返しているだけで上手くなるのであれば、全員が上級者になっているハズです。しかし誰もが驚くほどの的中を見せる上級者は、ほんの少数に限られます。それがなぜなのかを、よく考えてみることが大切です。

     

    現代の最新機材は、初心者や中級者が扱いきれるシロモノではないのです。身体の性能が世界最高レベルになって、はじめて機材の素晴らしさを知ることができるのです。車であればアクセル踏んだら踏んだだけスピードを出すことができますが、スポーツにおけるエンジンが自分の身体である以上は、しょぼいエンジンでは高性能機材に設計された性能を引き出すことは不可能なのです。免許も持ってない素人がF1マシンを走らせようとするのと同じです。

     

    がむしゃらに射つだけのアーチェリーではなく、アーチェリーが上手くなるための科学的で合理的な取り組みを行い、故障や痛みとは無縁で上達を果たしましょう。レッスン入会希望の方は問い合わせフォームにご連絡下さい。

     

    ■デカット 新製品レザータブ

     

     

    デカットから高性能レザータブが発売されました。プレートやパーツ類の質感が格段にアップして、付属するパーツも高機能化して調整範囲が広くてさらに扱いやすくなっています。アンカーパットがベースプレートの中をスライドさせる形状になってますので、多くの実射数をこなしても緩んだり動いてしまうことがありません。競技中にアンカーパットが緩んでいるのに気づいたということにはなりませんので安心ですね。

     

     

    カントピンチの形状は従来の製品を踏襲しています。人間工学を考え抜いた形状になってますので、中指がシャフトを動かしてしまう心配がありません。だからと言って丁寧な取り掛けをしなくてもいいのではありません。正しい取り掛けができている人はほとんどおらず、ほとんどの人はストリングを握って引っぱってしまっています。我流ではなく最新のテクニックを学ぶことが大切です。

     

     

    裏側から見るとこのようになっています。皮革を無駄に多く使わない設計は理想的ですね。これならコードバン皮革をムダに消費することになりませんので、タブと一緒に新喜皮革のコードバンを注文してみましょう。正しい取り掛けをマスターすることができている選手はコードバン皮革を使ってみるのがいいですね。タブに装着されているレザーは使わずに型取りとして保管しておきましょう。ただし取り掛けが正しくない人にはコードバンの意味はまったくありません。上級者用の機材は上級者しか扱いこなすことができない典型的な素材がコードバンです。

     

     

    こちらはガンメタのSサイズです。ヨーロッパのSサイズはこんなに大きいです。私の中指の長さは8.5cmですが、Sでも大きいのでカットしなければ使うことができないほどです。ほとんどの人はSサイズなのではないでしょうか。

     

    アンカーパットの形状はアゴに当たる部分の形状が工夫されてますので、アンカーパットを使うことで出血したり皮膚を傷めていたような選手は一度使ってみるとイイでしょう。アンカーパットを使うことができたほうが高得点を出すのが楽なのは間違いありません。

     

    ■デカット マイクロプランジャー

     

    これまで大人気だったデカットの競技用プランジャーですが、新製品のマイクロクリックプランジャーが発売されました。私はこの製品のひとつ前のデカットの競技用プランジャーを使ってますが、デカットの使用感に慣れてしまうと、もうバイターには戻ることはできません。

     

    「バイターなんて高いだけやで」と言ってるのに買う人が結構いるので販売してますが、高級ブランドというだけで現代では時代遅れで、もはや品質の低い部類に入る高級プランジャーを有り難がって使っている人の気が知れません。バイターのような高い製品が売れるので有り難いのですが、バイターよりもデカットが売れると私は儲かりませんが、お金は賢く使ったほうがいいと思います。高いほうが良いのではありません。

     

     

    これまでのバイターとデカットはよく似ていてゴツゴツした感じでしたが、こちらはエレガントでスタイリッシュな形状です。こうしたスマートな形状は好ましいですね。長くて安定したストロークを生み出す金属製の専用予備チップと、スプリングが数本入っています。

     

     

    豪華なケースに収納されてます。1万円以上する高級プランジャーを超える豪華ぶりです。

     

     

    スロットナットはホーローセットを両側から固定する方式を踏襲しています。多くの製品が1点での固定ですが、それでは固定が不安定で次第に衝撃で緩んでしまいます。しかしこうして両側から固定することで安定性が格段に上がるので安心ですね。こうした部分に手を抜かない姿勢が好ましいです。

     

     

    スプリングのテンションは130段階のマイクロクリック方式です。本体の両側にテンションゲージが設けられているので完全にバラして分解清掃しても組み付けの再現性が高く、これは調整するときにも非常に助かります。チューニング地獄に陥らないために有り難いシステムですね。スプリングの動作範囲がどこからどこまでかが可視化されれますので、扱いがものすごく簡単になります。

     

     

    プランジャー本体とシリンダーは別々の構造になっていて、このように分解することができます。シリンダーのスレッドがないベース部分に半球状のくぼみが左右に設けてあり、そこに本体左右のホーローセットを締めて完全固定されるようになっています。プランジャーのスプリングの強弱に一切の変化を生じさせることなくシリンダーとピストン(チップ)の分解清掃を行うことができます。これはスゴイです。これならチップを取り外して誰でも頻繁に内部を確認することができますね。

     

     

    本体のこのホーローセットを緩めるとキャップが外れて、マイクロクリックダイヤルとテンションゲージを取り外すことができます。

     

     

    マイクロクリックのダイヤルキャップの中は、スプリングとクリックロック用のベアリングが2セット仕込まれています。長期の使用でベアリングとスプリングが痛まないようにグリスアップされています。普段からこの部分を分解することはありませんので、ここは1年に一度のオーバーホールの時だけでいいでしょう。

     

     

    キャップを取り外すとテンションゲージを引き抜くことができます。ははぁ、なるほど、これはマイクロクリックダイヤル内部に細かい砂や粉塵などの微粒子や水分が浸入しない設計になってますね。マイクロクリック部分をメンテナンスフリーにしたかったのかも知れません。

     

     

    このシリンダー状のテンションゲージを固定するシャフトは逆ネジになっていますので、スプリングを緩める方向へマイクロクリックダイヤルを回転させても、テンションゲージが緩まない構造になってました。これを考えた人はスゴイです。

     

     

    マイクロダイヤルのボールロッキングはこの刻みに合わさることでクリック感を出しています。多くのプランジャーではボールは1個ですがこれは2個で固定するので何かの拍子に簡単にダイヤルが動いてしまうことがないのが嬉しいですね。軽いクリックで「カチッ」と固定できるのが小気味良い感じです。

     

    数千円のプランジャーの方が一万円のプランジャーを超越しているのが面白いですね。製品は高ければ良いのではありません。永遠に進化しない高級プランジャーを捨てて、デカットのマイクロプランジャーを使ってみることをオススメします。

     

    ■スポーツの秋

     

    ようやく酷暑も終わってスポーツに快適なシーズンになりましたね。スポーツが活発な時期もあって注文が増えています。ギャラクティックやヴォルテージがかなりのペースで売れていて、メーカー在庫が完売になっているポンド・サイズが多くなってきました。

    どうしようかと考えているうちに完売してしまいますので、お早めにご注文下さい。

     

    考えているうちに終わったといえば、アバロンの限定企画「テックワン カーボンシャフト 限定企画」です。メーカーの特別オファー分の販売は終了いたしました。こうした最大瞬間風速的な特別企画は数日で終了することをお伝えしていたにも関わらず、チャンスを逃して後悔する人が非常に多いです。

     

    賢い競技者は数ダースまとめてシャフトカットありで注文されてました。こうした超高性能カーボン矢は上級者以外が使うものではありません。上手くなると矢同士の接触で、一年で数ダースの矢を消耗させるのが当たり前です。普通は2ダースや3ダースでのまとめ買いになります。1ダースの注文の多くは初心者・中級者レベルで間違いありません。こんな高い矢を的じゅうにバラ撒くよりも、自分の矢を自分で作れるようになって、どのスパインが自分に最も適したサイズかを熟知するようになってから、こうしたグレードの矢を使うようになることが大切です。

     

    自分がどのスパインを使ったらよいかがわからない人や、自分で自分の矢を作ることができないのであれば、まずはタイロ完成矢製作キットを買って、カーボン矢の基本的な知識を会得しましょう。本当に上手くなりたいのであればアローカッターやストリングジグを持ってて当然のスポーツなのに、自分専用のフレッチャーを持ってない・センターサービングを巻くことができない・ノッキングポイントを付けることができないなど論外です。そのままではアーチェリーのことを理解できませんので、理解できてないスポーツを一生懸命になって取り組んでも永遠に進歩しないのです。

     

    秋の夜長。最低限、自分の矢くらい自分で作れるようになってください。