スポーツ医療チームの東京レッスン

2018.09.23 Sunday

0

     

    昨日はスポーツ医療チームの東京レッスンでした。

     

    スポーツ医療チームの理学療法士海江田先生と私は、このレッスンだけのために新幹線で京都と東京を日帰りで往復しています。他の何かの用事のついでに東京に来ているのではありません。

     

    高度で最先端のスポーツ科学に基づいたスポーツ指導を一般の人が受けることができる指導組織が他にはありませんので、本来はけいはんな地域を活動拠点とする私たちがこうして東京まで出向いてスポーツ医療チームのレッスンを行っています。

     

     

    スポーツ医療チームのレッスンでは、一人一人に長く時間をかけて触診を行います。そうすることでスポーツを続けていることでの筋肉の疲労や自覚のない異常や状態の変化をスポーツ医学的見地から客観的に探し出すことができます。日常生活や仕事や生活習慣での様々な不具合や不安箇所を解消して、それぞれの状態に合わせてリハビリ・トレーニングをプログラムします。

     

    その取り組みが進むにつれて、疲労や痛み、故障などとは無縁の状態でアーチェリーを楽に上達させるのみならず、アスリートとして理想的な身体になり、疲れ知らず・ケガ知らず・病気知らずの強い身体を養うことができるようになるのです。

     

    一年に2回開催されるメディカルチェックでは、スポーツ整形のトクター四本先生による運動器メディカルチェックの診察があり、万全の体制でアスリート育成が行われます。アーチェリーは全身のバランスが整ってない状態では、どれだけ多くの練習量を費やしても上達することができません。アーチェリー競技における理想的な筋肉バランスにするために細部にわたって個別の指導を受け、エコー(超音波測定器)を使って実際の筋肉の厚さを測定してトレーニングの効果を調べます。

     

    間もなくメディカルチェックの診断結果が送られてきますので、結果が楽しみですね。

     

    後期のレッスン募集は、10月21日の日程は締め切りました。10月7日(日曜)のみ、若干名の入会を承ります。入会希望の方は問い合わせフォームにご連絡下さいけいはんなアーチェリーのホームページに紹介してあるにも関わらず、それを読んでないと思えるような質問が寄せられることがあります。どうしても入会したくて、世界最高レベルのスポーツ医療チームによる特別なレッスンを受講したいという方にのみ返信させていただきます。ホームページに記載されている内容をよくお読みになってからご連絡下さい。

     

    正しい身体の使い方ができてない方、身体に故障を抱えてしまった方、ハンディキャップを抱えてらっしゃる方などは随時ご相談下さい。これからアーチェリーを始めようと思っている方や、一般の方、一般のアスリートに関しましては間もなく締め切りますので、お急ぎ下さい。

     

    昨日の東京レッスンではデモンストレーション実射を行いました。海江田先生が骨格のポジションと各部の筋力の使われ方を詳しく解説して下さいましたので、上達が本当に楽ですね。

     

    そして骨格の動きと筋力の出力の調整が容易にできるようになる特別トレーニングのレクチャーを受けて、レッスン終盤では驚くほどの小さなグルーピングを見せる方もいらっしゃいました。

     

    単に意識しているだけや思い込みだけでは身体を自在に動かすことはできませんが、今回のように最新のトレーニングがもたらす、脳→神経→筋肉の新たな指揮命令系統発生のメカニズムで優れた的中が容易にもたらされるのを実際に目にしてしまうと、多くの選手が行ってしまっている自分に合ってるかどうかもわからないトレーニングを行うことや、全員一律なトレーニング、それに実射の量を多く課すということが、どれだけ時代遅れであるかがわかります。

     

    スポーツ科学に基づいたスポーツ指導を行っていると、指導は様々な方法があるという考えがどれだけ間違っているかがわかります。非科学的なスポーツの在り方は太古の天動説さながらであり、そのような不安で中途半端なものに猛進するから痛む肩で生涯暮らしていかなければならないのです。肩は消耗品なのです。ひとたび故障を抱えてしまうと、治療に多大な時間を要します。治らない人も多いです。

     

    スポーツしてたら痛むところのひとつやふたつは誰でもあると言う人になるか、痛みや故障とは無縁でスポーツを生涯楽しく爽やかに楽しんで上達を果たすかの、どちらしかないのです。

     

    スポーツの秋。スポーツ指導のプロフェッショナル集団から本当のスポーツを学んで上達しよう。

     

    ■ヒート 特別価格

     

     

    キネティックの高性能鍛造ハンドル「ヒート」の製造が終了して、メーカー在庫処分になりました。冷間鍛造プレスの高性能アルミハンドルが税込み 2万円を切っています。ヤマハのフォージドから知っている私の年代からすると、在庫処分とはいえ衝撃的な価格です。

     

    サポート選手が使っていたヒートを機材交換したので今では私がそのヒートを使ってますが、実に素晴らしい高剛性アルミハンドルです。昨日のデモンストレーションでヒートを使いました。数年の使用に耐えるどころか、性能の劣化は微塵も感じられません。製造を続けていれば倍の価格にしても普通に売れると思うハンドルですが、近年はモデルサイクルが極端に短くなりましたね。量産していたのでメーカー在庫がまだまだあるようですが、気になる人はぜひどうぞ。