ストリング長指定製作 FF+・ダクロン

2019.03.19 Tuesday

0

     

    ボルト固定やILFによって多様な組み合わせを試すことができるようになりましたが、アーチェリー用品として販売されているメーカー完成弦はサイズの指定ができません。そのため使うハンドルやリムによって完成弦が短かったり長かったりと様々です。

     

    そこで自分で自分のストリングをまだ作ることができない人のために、ストリング長指定製作のストリングを2種類ご用意させていただきます。

     

    ストリング長指定製作 FF+ 2本セット

     

    ストリング長指定製作 ダクロン 2本セット

     

    FF+は5mm単位、ダクロンは10mm単位で細かに対応させていただきます。

     

    こちらの指定製作は、ストリングに関する知識をしっかりと勉強してきてから注文して下さい。説明を読んだら理解できるような内容の質問にはお応えいたしません。何を使っているのでどんな長さにしたらいいかという質問などには回答いたしません。注文の際に指定した長さのストリングジグで単に2本製作するという単純作業のみ承ります。指定の長さはストリングに捻りを加えてない長さです。ストリングジグで製作した状態のままお送りします。

     

    ストリング長指定製作は最低発注単位は2本で1セットです。1本での注文はできません。

     

    本当は自分が使うストリングは最初の頃は指導者や先輩に作ってもらい、アーチェリーに慣れてきた頃になると自分で作るようになるものです。完成弦や、指導者や先輩が作ってくれることにいつまでも甘えないで下さい。1回でも自分で作る経験があれば、これほどまでに安く買うことができるメーカー完成弦や、指導者や先輩が自分のために作ってくれたストリングが、どれだけ尊いものであるかを理解することができます。

     

    ストリング製作の作業は実に簡単です。アーチェリーの基本の基本です。自分で使うストリングや、自分が教える相手のストリングくらい、指導の最中に「チャッチャ」と作って見せてあげてましょう。それを見ることでストリングが及ぼすセッティングの奥深さを一見にして理解できるようになるのです。

     

    ストリングジグくらい1人1台持っておきましょう。買うのが高いと思うのであればホームセンターの材料で作ればいいのです。自分で作ればジグの材料費は数千円です。自宅の壁や柱、自転車用のラックやスチールラックなどを利用してストリングジグにすることもできます。知恵と工夫を凝らして何でも自分でできるようになって下さい。

     

     

    スタークから爆発的人気の生涯保証、鍛造アルミCNC切削ハンドル「フーツラ」に高級ウッドグリップが発売されました。高級と言っても僅か 1,620円です。フーツラをグレードアップさせるには最高のアイテムですね。相変わらず美しい仕上げなのが魅力的です。

     

     

    キネティックのスタイライズドにも交換用ウッドグリップが発売されました。スタイライズドには最初から標準装備されてますが、削りすぎてしまったような加工に失敗した場合には嬉しいですね。こちらは 1,944円です。

     

    キネティックからはアリオス・ノウス用のウッドグリップも発売されています。必要な人はチェックしてみて下さい。

     

     

    こちらはWNSのフィンガースリング新製品です。競技者用の本格仕様なのですが 378円というビックリ価格です。4色のラインナップです。

     

    長さを調節しやすくなってますので、調節の際に何度も結び直す必要がなくて便利です。発射の際に飛び出したハンドルが衝突する部分には緩衝用のラバーが装備されています。大切なハンドルにキズをつけてしまう心配がないのが嬉しいですね。

     

    こうしたアイテムはマメに洗って使って下さい。汚れが落ちにくくなってきたら新しいものに交換して、春からイメチェンしていきましょう♪