アーチェリー用品一式なんて5万円もあれば十分

2019.03.29 Friday

0

     

    良い製品を安く買うことができる時代になりました。あまりにも安すぎて儲かりませんが(笑)イイのです。

     

     

    あの名機リアルがディストリビューターでフライデーセールになりました。なんと1セット 9,947円という驚きの販売価格になっています。フライデーセールでの仕入れ価格が安すぎて、とても皆さんにお伝えできません。ほとんど送料みたいなものです。金曜限定企画ですので欲しい方はお急ぎ下さい。

     

     

    リアルはアルミ鋳造ハンドルとして最高の出来栄えです。私もお気に入りハンドルとして最近でもこのようにレッスン中に使っています。今回のフライデーセールが競技用ハンドルとして最廉価になっている瞬間です。1万円もしない金額で購入できるチャンスを逃さないで下さい。

     

    ちなみにこの画像に写っている私のアーチェリー用品(ハンドル・リム・レスト・プランジャー・サイト・ストリング・ボウスタンド・チェストガード・カーボン矢1ダース)の総額は、税込 44,401円でしかありません。アームガードはシャンプー容器、フィンガースリングは娘が幼い頃に使っていたパジャマから取り出した腰のヒモ、クイーバーは捨てるリュックサックをバラして自作。これらを使って公認競技会で高得点を出し、賞状やメダルを獲得して帰ってきています。

     

    過去に、もっと安いハンドルと006精度の矢を使って入賞したり優勝して金メダルを持ち帰った記事をご覧になってると思いますが、使っている製品が高ければ当たるのではありません。当会で販売している最も高い製品と最も安い製品に的中性能における違いはほとんどありませんし、よほどの高得点を出すことができるレベルでもない限り、製品の性能の違いを知ることなど有り得ません。

     

    部活動で使うような機材に数十万円払うなど、実にバカげているのです。何を使っても出せる得点は同じです。アーチェリーショップはアーチェリー部に入ってきた子の親を「お金」としか見ていないので、客単価を下げないために必死になって高額な製品を売りつけます。

     

    しかし私がレッスンの最中にデモンストレーションを披露するような、レッスン受講生の前で確実に的中させ続けるのを見せつけなければならないような場面であっても、一式の総額 4万5000円程度の機材類で真価を発揮させることができるのです。

     

    要望があって売れるから高額な製品も取り扱ってますが、私は真実を伝えています。高額な製品を買っても、本当に喜びがもたらされるのは私たち売り手側のみです。機材一式に10万以上をかけるのは、自分が特別な存在になってからなのです。最初からいきなり20万以上かけている人は、ほぼ間違いなくと言っていいほど非常に高い確率で失敗しています。

     

    的中は人の性能の高低が決めているのです。身体機能が高ければ何を使っても当たるようになりますし、身体機能が低ければどんなに高額な製品を使っても当たるようにはなりません。

     

    アーチェリー用品として売られている現代の製品は、どれも素晴らしいものばかりです。値段は値段なりという時代はとっくの昔に終わっています。買いやすい価格帯の優れた製品を広めて、日本のアーチェリー仲間を増やしていきましょう。