メディカルチェック

2019.03.31 Sunday

0

     

    昨日はスポーツ医療チームによるメディカルチェックの診察でした。

     

     

    世界最高レベルのスポーツ医療チームによって、トレニングによって発生している身体の状態を細部にわたって詳しく調べ上げ、それぞれのスポーツにおいて最高のパフォーマンスを発揮できる状態に発達しているかどうかを最先端のスポーツ科学の見地から客観的に判断します。

     

     

    特にアーチェリーというスポーツでは、骨格と筋肉の使い方が本当に正しいものでなければ筋損傷や軟骨の磨耗、骨の変形などが顕著になり、次第に痛みとなって現れます。痛みが出た時にはすでに遅く、治療で治るものはありません。違和感や痛みがある状態での射は、スポーツ科学的に根本的な誤りを行ってしまっています。上腕骨の角度や肩の位置に僅かでもズレが生じていては正しい身体の使い方ができません。そうなってしまわないためには、スポーツ医療チームの手を借りる他ないのです。

     

     

    アーチェリーで最も大切なのは上半身ではなく下半身の状態です。骨盤の位置が正確なポジションにならない理由は、それぞれの身体の状態によって異なります。骨格各部の可動域を測定して具体的な数値を見ることによって、それがどの部分の硬さや弱さによるものなのか、筋肉のつき方のバランスがどのような状態にあることでそのような骨格動揺になっているかの原因を追究します。

     

     

    アーチェリーは自分が動かないスポーツです。アーチェリーは射撃やゴルフとよく似ていますが、その中でも最もゴマカシが効ききません。自分の身体の状態に良くない部分があると、他の優れた部分はその良くない部分に引きずられ、自分の身体の基準が低いものになってしまいまうのです。

     

    アーチェリーというスポーツを愛好しているほとんどの人は真面目な人ばかりです。しかしみんな真面目に練習を続けているのに大して上手くなりません。上手くなるどころか異常なまでの故障者だらけです。

     

    本当に正しい身体の使い方ができていれば、誰もが痛みや故障とは無縁でラクに楽しく上達します。当会ではアーチェリーにおける故障者ゼロの状態がずっと続いています。もしも痛みや故障を隠していたとしても、世界最高レベルのスポーツ医療チームを欺くことなどできません。本人が痛みを感じるよりも先に、筋肉の状態がどうであるかを見つけられてしまいます。

     

     

    こちらは下肢と腹部エコー検査です。超音波を使ってそれぞれの筋肉の厚みを測定します。前回の測定と比較して、これまでのトレーニングの成果が実際にどのようになっているかを詳しく調べます。これらを調べることで筋肉量のバランスがアスリートとして理想的なつき方であるかがわかりますので、次なるトレーニングの指標を作ることができるようになります。

     

    上肢エコーはカーテンの中で別のスポーツ医療チームの方によって測定しています。肩甲骨周辺と肩のインナーマッスルの状態、上腕骨の動きを支える内部の筋肉の厚みと状態を詳しく調べ、筋肉表面の状態などを見て痛みや故障に及ぶ恐れのある前兆現象が発生していないかを調べます。それによって練習しすぎによる筋の疲労度合がわかることもあります。

     

    こうして外観からでは知り得ることができない筋肉内部の状態を正しく知ることで、ようやく合理的なトレーニングをプログラムできるようになるのです。指導者の経験則などのような非合理的なものは、完全に時代遅れなのです。

     

     

    最後にスポーツ医療チームのスポーツ整形のドクター四本先生による診察です。スポーツのみならず仕事や日常生活などの習慣での身体の使い方や、普段の姿勢、作業時の身体の使い方、改善のためのトレーニングなど、個別に様々な指導を受けます。一人一人の身体の状態におかしな変化があった場合やトレーニングの何かに誤りがあることで何かが生じているようなことがあれば、トレーニング内容は変更されます。

     

    こうしてスポーツ医療チームによってメディカルチェックを受けることで、指導者が正しくない指導や強引な指導があった場合は確実に見破ることができる体制にしています。

     

    アーチェリーは同じ射ち方を続けたら高得点が出るというものではありません。高得点が出ないのは、限りなく再現性の低い身体の使い方をひたすら続けてしまっているからなのです。再現性が高い射の動作は、その人にとってはひとつしかありません。それは自分で見つけることはできませんので骨格のスペシャリストからこうして指導を受けることがベストです。

     

    さぁ、年度末。春ですね。まだ1-2分咲きといった感じですが、けいはんな地域でも桜の花が開き始めました。

     

    東京レッスンと関西レッスンは春から、それぞれ2回に分けて入会を希望される方の新年度のレッスンをスタートいたします。

     

    東京レッスン(東京都清瀬市)

    4月20日(土曜)

     

    けいはんな地域レッスン(奈良市)

    1 4月27日(土曜)

    2 5月2日(木曜)

     

    入会を希望される方は問い合わせフォームにお申し込み下さい。

     

    けいはんな地域では毎週水曜日の午前中に通常レッスンを開催いたしております。土日参加が難しく水曜午前での参加を希望される方がいらっしゃいましたら問い合わせフォームにお申し込み下さい。

     

     

    先ほど日本赤十字社への平成30年7月豪雨災害義援金を送金いたしました。

     

    義援金10回目 3月31日 7,070円

    累計金額 103,877円

     

    ついに10回目です。これで累計金額は10万円を超えました!スポーツの力を住む家を失った方々への支えにしていきたいですね。ブログでは具体的な金額や物量を公表してませんが、アスリートへの支援もかなりの事を行っています。

     

    買いやすい価格帯の優れた製品を皆で広め合って仲間を増やし、アーチェリーというスポーツを通じて社会に貢献できる役割を果たし続けて参ります。