2020年度前期 東京レッスン募集のお知らせ

2020.03.02 Monday

0

     

    ウレタン的の人気が急激に高まりつつありますね。※デカットのフォーム的は完売しました。COVID-19 感染防止対策の小中高休校要請の影響が凄まじいです。

     

     

    アバロンフォーム的。

     

     

    耐衝撃硬質ウレタンフォーム的。

     

    屋外での活動が自粛されて、部活動が休止の学校が多いですね。弓具を家に持ち帰って自宅で実射に勤しむ人が、それだけ多いという事なのでしょう。普段は学校の部活動で練習している生徒の全員が地元のアーチェリー場に通うと、アーチェリー場は大変なことになりますからね。

     

    部活動の休止も、これがチャンス。大量の花粉を浴びる心配のない室内でじっくりと練習を積み重ねて、この練習できない期間中にライバルとの差をつけてしまおう!

     

    暖かくなりました。ここ数日は花粉の飛散がスゴイです。数年前までは鼻水の嵐でしたが、最近はほとんど花粉症らしい症状が出なくなりました。原因を調べようと検索したら、真っ先に出てきた言葉が「加齢」(笑)確かな根拠はないとの事ですが、私の父も私も、中年以降に花粉症の症状が治まってますので、かなりの確率で正解と見てイイのかも知れません。

     

    2020東京オリンピック開催年度の幕開けです。新年度の4月から入会を希望される方のための初回レッスン日程です。

     

     

    ■東京レッスン募集日程

     

    東京会場

     

    1 4月25日(日曜)13:30-16:00

    2 5月10日(日曜)13:30-16:00

     

    アーチェリー東京レッスンを入会希望の方は上記の中から日程をお選びいただき、問い合わせフォームにお申込み下さい。

     

     

    当会のスポーツ指導は指導者の経験則というような単純なものではなく、世界最高レベルのスポーツ医療チームによる最先端のスポーツ科学トレーニングに基づいて、一人一人の体の状態に合わせてリハビリ・トレーニングをプログラムさせていただいております。

     

    これからアーチェリーを始めようと思っている完全なる初心者の方から、競技会で上位を目指す本格的な選手までサポートできる安心のスポーツ指導の取り組みです。

     

    身体に痛みや故障を抱えてしまったような方や、パラリンピックを目指すハンディキャップを抱えてらっしゃる方も安心です。数多くのトップレベルのスポーツ現場での経験豊富な、スポーツ医療チームの理学療法士の先生が帯同したレッスンで手厚い指導を受けていただくことができます。

     

    完全なる初心者は大歓迎ですが、すでにアーチェリーを始められた方も、毎週のように練習を続けているのに上達が思わしくない、満足の行く指導を受けることができていない、アーチェリーを続けていて肩や腰などに痛みを抱えてしまった、というような方には早期復帰に向けた最高の個別プログラムを受けていただくことができます。

     

    中には早めに自分の道具を揃える方もいらっしゃいますが、基本的には上達するまでの間のレンタル練習機材は無料です。入会数年目でまだ自分の弓を持ってない方もいらしゃいます。

     

    本当に正しい身体の使い方を習得して、楽で本当に楽しいアーチェリーを春から楽しみましょう♪

     

    ■COVID-19 恐れすぎ

     

    新たなコロナウイルス COVID-19 で大騒ぎですね。個人的には騒ぎすぎじゃないかと思ってしまいますね。データを客観的に見ても、重症化するのは免疫力が低下した高齢者と基礎疾患を抱えたような人、体力が低下したような人、と、健康な人の大半がバタバタ死んでいくような恐ろしい殺人ウイルスではないようです。一般的な風邪をひいても免疫力が低下した人は肺炎で亡くなってるのは私の知り合いの方にもいらっしゃいますので、それほど珍しいことではないように思います。

     

    免疫力が高い(本当は高いも低いもなくて免疫力があることが人間の生体恒常性で、免疫力が低下していることにそもそもの問題がある)健康な身体であればそもそも発症しませんし、少々体力が低下して風邪をひいても、己の身体の免疫力で徐々に回復するものです。新たなウイスルなのでクスリがないなどと言う人がいますが、そもそも風邪のクスリなんてありません。発症している症状を抑える薬はありますが、風邪から回復するのは自己治癒力です。

     

     

    普段の生活習慣を正すことで健康状態は劇的に改善します。自分の身体は自分が食べたものからのみ作られてますので、アスリートとして理想的な食生活を過ごすことが大切です。野菜不足の選手が多い様子ですが、栄養バランスを整えて最高の食生活を送って下さい。

     

    土曜日は東京レッスンでした。

     

     

    出発前にする事があったので、3時すぎに起床です。最近は4時頃に起きることが多いので、ほんの少し早起きですね。高校生の頃は朝型、大学生の頃は夜型、社会人以降は夜型や朝型を試しましたが、私は朝型の方が体調が整う身体のようです。生体リズムを最適化して、アスリートとして理想的な身体に仕上げて下さい。

     

     

    東京レッスンのために京都から新幹線のぞみで日帰りです。

     

     

    京都駅からの車内は前も後ろもガラガラで、私の斜め前にひとりという貸切にちかい状態でした。不用不急の外出を控えてのことでしょうか。あまりにもガラガラなので何の感染のリスクも考えられないような感じです。マスクもせずに寛いで快適な移動を過ごすことができました。

     

     

    天気が良くて富士山もクッキリ見えました。一年で20回程度通う車窓の風景ですが、晴れた日のD席でしか拝めませんので貴重な風景です。富士山が見えると何か良いことが起こるような気がしますね。

     

     

    新幹線を東京駅で降りて、在来線の中央コンコースです。普段の土日は真っ直ぐ歩くことができないほどの人だかりですが、こんなに人が少ない中央コンコースは初めてです。有り得ないような光景を目にしたような気分です。

     

    レッスンを取り組んできた方の身体の使い方が素晴らしく良くなり、動画で確認してもらうと当の本人が驚きの喜びをされてました。柔軟性の向上と骨格各部の正確なポジションが射を支えますので、ここからは真の的中に向けたレッスンが先に進んでいきます。楽しみですね。

     

     

    レッスン終えたら、レッスンの総括と称する食事会です。こういった催しは最近では「濃厚接触」と呼ばれるかも知れませんが、過度に恐れすぎた先には経済の沈没が待ち構えてます。健康に問題を抱えてない人であれば萎縮することもないでしょう。

     

     

    帰りの新幹線も、車内の乗客は僅かです。

     

     

    不気味なほどガラガラですね。ウイルスを過度に恐れるあまりに、日本の経済が循環しなくなっているのを感じます。結局はただの風邪というオチに終わりそうに思いますが、どうでしょうか。

     

    オフシーズンも間もなく終わり、本格的なシーズン間近です。スポーツ医療チームによる指導の中でのウィークポイントを克服して、春には的の中心を射抜く爽快なアーチェリーを満喫しましょう。