親子で楽しくメンタルトレーニング

2020.03.09 Monday

0

     

    いつもお世話になってる筒井先生からシェア。COVID-19 ウイルス蔓延防止対策による休校で、スポーツや学習に不安を抱えるジュニアに届けたいメンタルトレーニング。筒井先生のジュニアアスリートへの強い思いが伝わるのを感じます。

     

     

    トップアスリートも実践!心理学に基づく「親子で楽しくメンタルトレーニング」

     

    スポーツ関係者のみならず、あらゆる目的達成のために有効です。優れた成果を上げるために必要な思考プロセスとして活用してください。

     

    スポーツでの勝利も受験も同じです。ヤル気だけで上手くいく魔法はありません。こうした取り組みで着実に己のレベルアップを果たして人間力を磨き上げ、自分を次の高いステージにレベルアップさせましょう。

     

    筒井先生のメッセージです。

     

    ----------

    筒井香

    【シェアよろしくお願い致します】

    新型コロナウイルス感染(COVID(コビット)-19)の感染拡大防止の影響で、全国の多くの学校が休講になり、また、スポーツ活動も休止している状態が続いています。

    時間をどう使えば良いのか悩ましいというお声を親御様からいただきました。
    そこで活動再開時にスポーツを楽しめるよう、お家で、親子でできるメンタルトレーニング「こころの体操」について下記にて公開しています。
    https://www.slideshare.net/KaoriTsutsui1/ss-229877364

    私もまだまだ未知のウイルスや、いつまで活動自粛が続くのかわからない状況はとても怖いです。

    その「恐怖感情」のエネルギーの使い道を考えた結果、スポーツ心理学の研究者として、スポーツメンタルトレーニング指導士として、微力ですが、1人でも多くの方の一助になれたらと思って作成致しました。

    スポーツをしているお子様がおられるご家族に届きますよう、皆さまにシェアしていただけますと嬉しいです!

    よろしくお願い致します。

     

    ----------

     

    月末に開催予定だった、アーチェリーの全国高校選抜も中止です。淡々と実射する静かなスポーツで、ほとんど観客らしい観客もいない、感染リスクの非常に少ない屋外スポーツなのですが、中止する意味がどれだけあるのでしょうね。私は高1での選抜初出場と、高2での選抜準優勝で人生が変わり、所属していた高校の取り組みが激変した(※新潟産業大学附属高校 栄光の歩みを参照 私の選抜準優勝を契機にスポーツ進学高校へと変貌を遂げた)ので、高校選抜の中止が選抜に賭ける高校2年生の夢とチャンスを奪うことになってないか心配です。

     

    無観客試合もイベントの中止も、日本経済の破壊にしかなりません。日経平均株価は2万円を下回りましたよ。これは COVID-19 ウイルスが蔓延した結果ではなくて、恐怖が社会を支配して、人間が行動を制限した結果、世界経済が深刻な打撃を受けたからです。COVID-19 ウイルスは単なる風邪の一種。テレビが流すレベルの低い情報を鵜呑みにせずに、具体的数値を紐解く冷静な行動が大切です。

     

    私が激務をやめて働き方を改革したのは周知の事実ですが、COVID-19 ウイルス騒動で在宅勤務になった友人たちは、必ずしもデメリットが無いわけではないが、メリットの方が圧倒的に多いと喜んでいる様子です。だから常識を疑えって言ってんのに(苦笑)

     

    高校生と中学生の娘がいる我が家では学校が休みのため、毎日が土日のような平日が続いています。月曜日の今日は、午前中に家でトレーニングをして、床の間でフォーム的の近射。午後から学習でした。この生活スタイルが一週間続いたわけですが、ほとんどすべて自宅でできていて、学校よりもよほど効率的に時間を使うことができているのです。さて、学校の存在とは一体何なのか?親として学校の価値と意義を見出せなくなってしまっている自分に気付かされます。

     

    今回の COVID-19 騒動は完全なるパニックなので好ましいものではありませんが、働き方や学び方に対する考えを根本的に改めるチャンスとして与えられたものだと思うようにしています。少なくとも「風邪ひいたら出てくるな」という正しい社会に修正したのは間違いありませんからね。

     

    ビジネスマンなら読んでいる中国最古の兵法書「孫子の兵法」の中に、「彼を知り己を知れば、百戦してあやうからず。彼を知らずして己を知れば、一勝一負す。彼を知らずして己を知らざれば、戦う毎に必ずあやうし。」という名言があります。相手を把握して己を知っていれば百回戦っても危うい事にはならない。相手の力量を知らずに己のことだけを知っていれば勝つか負けるかは半々。相手と自分のどちらも正しく知ることができていないのであれば、戦うたびに危機的状況に陥ってしまう。という意味です。

     

    今回これほどの騒動になっている COVID-19 ウイルスのことを、どれだけ正しく理解できてるでしょうか。自分の身体の状態についてを、どれだけ正しく理解できてるでしょうか。どちらに対する理解も乏しいから、未知のウイルスだと声高に叫び、パニックを引き起こしてマスクと消毒液とトイレットペーペーを買いに走ってるのではないでしょうか。

     

    宝塚歌劇が10日ぶりの再開という嬉しいニュースです。これを皮切りに不必要な自粛ムードが消え去ることを願います。心と身体が健康であれば何の心配もいらないウイルスです。メディアの過剰演出に踊らされずに、できる限り通常通りの生活を取り戻しましょう。