アーチェリーに最適なスポーツサングラス

2020.07.05 Sunday

0

     

    快適なアーチェリーを楽しめる時季を迎えました。サイトピンを的の中心に合わせるスポーツにとって最も重要な「眼」を大切にして下さい。高校生の頃にサングラスを使って競技会に参加して「高校生が生意気だ、はずせ」と高圧的に言われた結果が白内障ですからね。発言したアノ人たちを忘れることなどできません。責任取れるもんなら取ってもらいたいもんや。

     

     

    ということで、アーチェリーにとって命とでもいうべき「眼」を守る大切な防具がスポーツサングラスです。エアフライからアーチェリーに最高なスポーツサングラスの新製品が続々と発売されてますので紹介します。

     

     

    AF301シリーズ 19,000-20,000円(税抜)

     

     

    AF-301偏光レンズ 24,000円(税抜)

     

     

    AF-901キッズ 15,000円(税抜)

     

    キッズ用の本格的なスポーツサングラスのラインナップは嬉しいですね。私のような、サングラスを取り上げられて白内障になってしまったような悲劇を、この日本から無くしてしまいたいものです。

     

     

    こちらは AF-301偏光C33WV です。ポリカーボネート製の視界の広い偏光レンズを装着しています。不要な乱反射をカットしてくれるので、アーチェリーのみならず運転中なども快適な視界が広がります。明るいレンズなのですが、不思議と眩しくない快適性を誇ります。

     

     

    6カーブの一眼レンズなので、左右に分かれた2眼レンズと違ってフレーム中央部分が視野の邪魔をしません。私のような右射ちアーチャーは首を左に向けなければ実射できませんので、2眼サングラズでは右レンズの左端ギリギリで的とサイトピンを合わせるような神経質な思いから解放されます。

     

    フィッティングはノーズではなくテンプルパーツとテンプルラバーで保持します。サングラス本体が非常に軽い製品ですが、鼻元に乗せないことで重量感が激減するので、エイミングの集中力が劇的に向上します。

     

    ベースカーブは6カーブのレンズですが、3次元プリズムが施されてますので、ゆがみもひずみもなく実にクリアな視界です。こうしたスッキリとしたスポーツサングラスに目が慣れてしまうと、すべての車のフロントガラスのひずみが気になって仕方がないレベルになります(笑)

     

     

    エアフライのサングラスが凄いのは、すべて日本での製造にシフトしたことです。コロナ禍でサプライチェーンが危ぶまれる中で、全てを国内生産にこだわってきた企業は本当に素晴らしいと思います。

     

     

    こちらは私がレッスンで使っているスポーツサングラスです。自分ひとりで実射する時はレンズのカラーは何でもいいのですが、レッスンではアイコンタクトが最も大切なことなので、紫外線99%以上カットのクリアレンズを使っています。別に太陽を眺めるワケじゃないので、レンズに色がなくても大丈夫です。

     

    入ってくる花粉の量も少なく、目が乾かないので一日中掛けてることがあります。ノーズパットがないので、装着してることを忘れてたことが何度もありました。また逆に、掛けてるのにサングラスを探したこともあります(笑)

     

    アーチェリーで的を狙ってる時はまばたきをしませんので、眼を痛めてしまう可能性があります。帽子だけでは眼を紫外線から守ることができません。エアフライのような確かな製品を使って、快適なスポーツを楽しんで下さい。

     

     

    【お知り合いの医療従事者および治療の場に携わる関係者の皆様へシェアをお願いします】

     

    代表の筒井が、先日、「治療家の皆様にお使いいただきたい心理学セミナー」で講師を務めさせていただきましたが、今回、参加者の皆様から継続トレーニングを希望されるお声があり、8月からの4回シリーズでの開催となりました。

     

    医療従事者および治療の場に携わる関係者の皆様に是非ともご参加いただきたいと思います。

    皆様と具体的事例を取り上げながら、心理学を活用していただくポイントをお伝えいたします。

    ご質問、ご興味ある方はお気軽にご連絡ください。

     

    ----------

     

    ZOOMにて開催します。

    人がいるところには必ず【心理】があります。治療の場と心理学の掛け合わせから実力発揮・パフォーマンス向上・心身の健康など得られるメリットは無限にあります。

    講師:筒井 香
     博士(学術)
     日本スポーツ心理学会認定
     スポーツメンタルトレーニング指導士
    ・現在の活動
     心理学全般を学んだ知見を基に、オリンピック・パラリンピック選手や医師への心理コンサルティングを行う。企業や弁護士、音楽家といった様々な専門のパフォーマンス発揮に向けた研修で講師を努める。
     スポーツ庁委託事業JSCスポーツキャリアサポート推進戦略の「デュアルキャリア教育プログラム」の講師としてはアスリートのキャリア形成について、選手や指導者・保護者を対象に講習会を各県で実施。他に2019年週刊ゴルフダイジェスト、日経DUAL等心理学に基づく解説を行う。2016年NHKミラクルボディ、2018年NHKスペシャル等ではスポーツ選手の心理分析を担当。
    ・大切にしてること
     人間行動学、臨床発達心理学、スポーツ心理学などの心理学から「人間の特性」を広く学び、博士論文では【個別性を重んじたポジティブシンキングの多様性】に関する理論を構築しました。こうした学問背景からどのような競技・職種の方にも人として【共通性を重んじる】と同時に「世界に同じ人は一人としていない」という【個性を重んじる】この両面性を肝に銘じています。

    主催:クリア・ポート株式会社
       一般社団法人日本ホームヘルスコーチ協会
    協力:花上雄介

    ※受講希望者は共同開催者の高田、崔、花上までお申し込みください。
    ※お申し込みの際に当日もしくは前日にこのグループにZOOMの入室アドレスを送付します。

    1回目
    ・8月30日(日)10:00〜11:30
    ・テーマ:「自己のコントロールの為のストレス対処法」
    ・主な内容:「感情の役割」と「感情を生み出す思考」について理解し、自身の行動を調節する方法を学ぶ。
    定員 20名
    受講費 4回全て参加の方 18,000円
    都度参加の方   5,000円
    セミナー時間:90分(+5分くらいで終了) 
    ZOOMルームは9:45オープン
    特別な特典
     参加者へのアフターフォロー
    終了2−3日後〜1週間程度セミナー内容を動画で復習できるようにしています。
    日程が都合が悪く、やむを得ず参加できなかった方へ動画閲覧で対応します。
     最後のセミナー修了後、3か月間質問に対して返答サービス(窓口は事務局となります)
     FBグループを作って、参加者同士のコミュニケーションや学びを深められるようにしています。(このグループ内で行います)

     

    ----------