メンタルの調節方法 東京レッスン

2020.07.26 Sunday

0

     

    本日よりメンタルトレーニング講座が始まりました。私も視聴してましたが、ほとんどの内容がアーチェリーが上手くなるための講義にしか聞こえない自分がいるのが面白いですね(笑)

     

    プレッシャーや不測の事態に見舞われた時の自己コントロール能力を養うことが大切で、それが上手くできるかどうかが、スポーツのみならずあらゆる物事の取り組みに通じているのですね。

     

    なので、スポーツ・勉強・仕事・恋愛、何でもすべて、成功させてレベルの高い人物へと育ち、豊かな人生を謳歌してもらいたいものです。

     

    第一回目の講義、メチャメチャ面白かったです。次回が楽しみです!

     

    昨日は東京レッスンでした。京都から Go To 除外の東京へ赴く矛盾(笑)

     

    そもそもオリンピック期間中は交通大混乱が予想されてましたので、7月末のレッスンは本来予定してなかった日程です。それがオリンピックが中止になって、できなかったハズの東京レッスンが開催できる矛盾(笑)

     

    オリンピックが中止に決定された理由が「新型コロナウイルス」という、健康な人には無症状だというウイルスを過度に恐れての矛盾。一体何に怯えなければならないかが理解できてない大人たちが起こしている矛盾が強烈に面白いのです(笑)

     

     

    朝一の京都駅新幹線コンコース。先月と違って人がいます。って、人影はひとりですが、相変わらず有り得ない光景に愕然とします。

     

     

    振り返って近鉄側。警備員しかいません。近鉄利用客は新幹線改札口には向かわず、JR在来線や烏丸口方面に流れて行きます。しばらく待っても、新幹線コンコースに人が集うような状態にはなりませんでした。

     

     

    私が乗るのぞみ号がホームに入ってきますが、乗客が並んでません。

     

     

    ホームに流れ入る新幹線を見送りながら、東京方面を見ても京都駅からの乗客は皆無です。私は8号車でしたが、先頭車両から9号車までと、後方数車両は京都駅から乗る客の姿は視認できませんでした。恐るべき事態だと思いますよ。

     

     

    グリーン車の8号車は、ほとんど貸切状態に近いです。グリーン車は座席が大きいので画像では見えにくいのですが、新大阪から乗車してた先客がひとりという状態でした。グリーン車のパッセンジャーの方に話しかけると、この半年間、混雑したことがないそうです。「こんな中でもご利用下さって本当にありがとうございます」と言われました。それ以降、通るたびに顔を合わせて会釈してくれました。気に掛けてもらえてる事を嬉しく感じてもらえてるようで、私も嬉しく思います。思いやりは言葉と態度。人の美しい心は、こうした短い会話の中でも十分伝わるものです。

     

     

    ほとんど誰からも読まれてない「ウェッジ」と「ひととき」が挿されています。今回のひとときは京都が特集で、浄瑠璃寺が見出しになってました。近所の名刹です。久しぶりに行ってみたくなりました。平安時代から九体の阿弥陀如来が置かれてますが、多くの寺社仏閣を持つ京都であっても、当時のままの姿で現存するのは、この世の極楽浄土「浄瑠璃寺」だけなのです。どんな状況にも穏やかな心でいられる魂を得るために、「Go To」使って是非とも京都においでよ♪

     

     

    名古屋からはひとりの乗客がありました。グリーン車以外は名古屋からパラパラ乗ってきたような具合です。普段は混雑して賑わってる名古屋駅新幹線ホームでしたが、ホームの人の姿は車内からは見えません。緊急事態宣言発令中ではないのです。今がこれでは、日本の経済は非常に深刻なダメージを負いますよ。

     

     

    京都から2時間10分で私を東京へ運び、無事に東京駅に到着です。在来線コンコースに出て新幹線中央口に回ります。改札に向かう人はまばらで、先月と大して変わらない光景が広がります。先月は通常の日曜日でしたが、昨日は4連休の最中です。どれだけ新幹線が使われてないかがわかります。

     

    山手線は通常の休日と変わらない人出のような感じでした。新幹線を使った他府県との交流が少ないだけで、人々の暮らしそのものには変化がないのでしょうね。ならば東京除外は全く意味がありませんけどね。

     

     

    レッスン終えたら夕食です。馴染みのお店に行ったら店長に喜んでもらえました。飲食店は依然と危機的状況が続いてるそうで、店長とは少し踏み込んだ話をしたら、嬉しいサービスをてんこ盛りして下さいました。今回の店内での出来事は店長は生涯忘れることはないでしょう。私は店からではなくて人から買いますからね。人間関係は財産として大切にしたいですね♪彼らは自粛の被害者なのです。守るべきものは守らなければなりません。

     

     

    東京駅に向かいます。新幹線で東京駅を使う人は皆無に近いです。普段はこの時間はディズニーランド帰りの乗客が溢れてるのですが、ご覧の通りです。戦時中でも東京駅がこんな事にはならなかったでしょう。自粛は自滅の道を辿る結果しかありません。

     

     

    八重洲地下街に降りてみました。数名の姿が見られますが、これでは壊滅的ですね。今では夜8時で閉めてる店が多いので、立ち寄るお店もありません。以前は時間潰しにいろんなお店に出入りしてたのですが、夜の8時に人がいないとは、言葉にならないものを感じます。

     

     

    新幹線ホームに上がるために、中央コンコースに戻りました。この階段を上がって新幹線に向かって来る人がいません。なんて恐ろしい光景かと鳥肌が立ちました。連休中の土曜日の20時半頃ですよ。有り得ない。いろんな崩壊ドミノがあらゆる方向へ向かうのは間違いありません。その手立てができないようでは、ドミノと共に倒れる運命を辿ることになるのです。

     

     

    各車両に数名ずつ程度の乗車率ですね。

     

     

    往路も復路も8号車3Aという偶然。品川からも新横浜からも乗客はありませんでした。

     

     

    ビール半分飲んだら眠ってました。名古屋到着前の三河安城通過のアナウンスで起きるのが、前職時代からのルーティーンですね。関西から関東への出張が多い営業マンやビジネスマンは、私と同じような思いを抱く人が多いでしょうね(笑)

     

     

    京都に到着です。私が乗ったのぞみ号からは、数人が降りたのみの様子です。半年前は人をかき分けるような状態だったのが、今では・・・

     

    何が4連休。ここは本当に京都駅新幹線コンコースなのか? 悪夢はまだスタートラインに立ったばかりで、経済崩壊のドミノは、これから怒濤の激坂転落へと向かう。

     

    一体何を恐れているのでしょうね。「夜の街」などと一括りにされてしまってますが、性風俗・キャバクラ・ホストなどでの直接的な濃厚接触が無ければ何の問題もないのです。マスクもせずに京都から普通に東京に行くことができて、アーチェリーのレッスンを行って、豪華に夕食を楽しんで、新幹線で帰って来ることができるのです。

     

    コロナを過剰に恐れる人々の心理も結局のところ、偏見なのかな?と思ってしまいます。アマビエとか布マスクとか、首を傾げる気持ちになるようなものばかりですからね。

     

    毎日のように「新型コロナ感染者数が何100名」と報道されてますが、感染者数を知ってどうしろと言うのでしょうね?風邪ひかなければ良いだけの事(笑)そんな簡単なこともわからない人が多くて経済を崩壊させてるのですよ。

     

    陽性者のほとんどが無症状または軽症というのなら、重傷者と死者をカウントすれば良いだけの話。「無症状患者が高齢者や基礎疾患持ちに移したらどうするつもりだ」などという科学的根拠の乏しい意見を振り回す人がいるのが面白いですね。これまでの様々なウイルスやインフルエンザを棚に上げて。

     

    ゾンビが市民に噛みついて、噛まれた市民がゾンビになって他の人々を襲えば、感染することが問題。しかしゾンビに噛まれた市民がゾンビにならないのであれば、正常な頭脳の市民は感染してたとしてもゾンビではないので、ゾンビにならなかった市民は周囲の他の市民を噛まない。

     

    従って感染者のほとんどが無症状であれば伝播させる可能性は極めて少なく、咳や発熱のような有症状者だけを回復するまで自宅で待機させれば良い。だから検査で陽性と見られる感染者数が増えることそのものに問題はなく、抵抗力が下がった高齢者や基礎疾患持ちの方に、インフルエンザを含めた各感染症を移さない、従来のインフルエンザ対策で十分なのです。

     

    スポーツだけ頑張ってても勉強はイマイチというような頭脳では、こうしたことも理解できないのです。世の中を正しく理解できる大人が少ないので仕方がないのですが、自分が将来どんな大人になりたいかを考えて、学ぶべき学びを得て、賢い友と互いに高め合い、将来豊かな暮らしを得てもらいたいものです。