いかにしてAIを超える人間に成り得るか

2020.07.31 Friday

0

     

    7月も、もう終わりますね。このおバカな半年間は、一体何だったのかと思います。どれだけ頑張って苦しみたいんですかね?まぁ、私とは感覚が乖離しすぎていて仕方がない。陽性者が増えたら死ぬのか?テレビの情報に踊らされずに、国立感染症研究所のホームページを見た方がエエよ(笑)ここに書かれてることが理解できない頭脳やからコロナが怖いんやろう?

     

    心理学セミナーがスタートして好評です。私も視聴していて面白いです。当会レッスン受講生で、BorderLeSS 立ち上げメンバーの原岡さんが、セミナーの中で講師デビューされました。本当に凄いですね。こうして世の中に対してアウトプットできる立場になるには、普通の人の普通の努力では到底不可能ですから、特別に高い能力を複数備えて、特別な存在になりましょう。

     

    アウトプットできるようになるためには、膨大な知識のインプットがなければなりません。学習でもスポーツでも何でもそうですが、本気で自分のステージを上げたかったら、教えてくれてる立場の人を「絶対に超えてやる」という気持ちで、本当に超えてしまわなければなりません。誰もが認める輝かしい実績を築くためにも、レベルの高い学びが必須です。

     

    もう耳にタコができるほど聞かされてきたと思いますが、これから数年単位でAIが人の働き方を大きく変えてしまいます。当会でも今では業務はAI任せです。自分の手でキーボードに触れる時間は激減しました。

     

     

    一般的な職種はAIに任せることになりますね。人でなければできない仕事の方が少なくなるでしょう。人の存在価値について、よく考えておいた方がいいですよ。普通の人ができる仕事がないという時代に突入します。学力も普通、スポーツの成績も普通、他に何か特別優れた能力もない、という大勢の人にとって、大変困難な状況に見舞われるでしょう。

     

    若者に問う。キミの将来の夢は何?

     

    「将来の夢」とは、大人になったら就く仕事のことじゃない(笑)学校の先生も生徒も大きな間違いを犯してしまってる事に気付いてないから、子供たちは大人になった時に絶望の人生に気付き、悲観に暮れる事になる。

     

     

    イーロン・マスクやマイクロソフトが出資している「OpenAI」のGPT-3の話です。これが理解できない頭脳では、AIに取って変わられてしまうでしょうね。給料をもらうために働くという場面がごっそり消えてしまう未来を迎えます。

     

    楽しい世の中になる人にとってはより楽しく、苦しい世の中になる人にとってはより苦しくなります。人としての進化と成長を止めた瞬間に、AI以下の価値でしか無くなり、AIに働かされる運命を辿ります。そもそも人の仕事が激減するので、AIに働かされるのはまだマシな方でしょうけど(笑)生きてるのが楽しいかは話が別になります。

     

    「感染者数が」なんて言ってるうちは、コロナ自粛による経済崩壊ドミノは当分続きます。来年度の新卒採用を見送る企業も増えますし、生産縮小に伴う人員整理も進みます。なので経営者にとっては人に成り代わって仕事ができるAIとロボットの導入は千載一遇のチャンスです。給料を払わなくても良いし、24時間365日使っても文句の一つも言いません。虚偽も陰口もなく、人間関係のトラブルもありません。そりゃぁ、AIに仕事させた方が良いよ、となります。人件費がかからないので設備投資はすぐに回収できます。

     

    なので、これからますます人は必要なくなります。コロナの影響を引きずって消費が回復できませんので、世界恐慌を上回る経済崩壊ドミノが続きます。そんな状況の中で人としての存在価値を高めておかなければ、次々と倒れるドミノに倒されてしまうのです。

     

    私たちはそうした被害に巻き込まれる人を一人でも救いたいという強い気持ちで様々な活動を取り組んでいます。もう、これまでと同じことをしていたのでは通用しない世界なのです。この状況を打破していく力を備えるためにも、私たちと一体となって新しい時代を築き上げていきましょう!