アタマもカラダも鍛えておこう!

2020.08.08 Saturday

0

     

    9連休に突入しましたね♪ お盆休み期間中なので例年レッスン予定を入れませんから、最も自分の時間を取ることができる期間です。連休と言っても、毎朝4時起きの習慣が変わることはありません。私は依然として、アスリートとして理想的な身体と、理想的な頭脳を常に進化させるために、必要な取り組みを積み重ね続けます。休日の過ごし方が人の生き方のすべてを決めてると言っても過言ではありません。若い方は有限で貴重な時間を有効に使って自己投資することが大切です。

     

    ご存じの通り、正しい事が判断できない大人たちによって今年度はあらゆるスポーツ競技会を中止にして、高校3年生アスリートのスポーツ推薦進学の道を踏みにじりました。大人たちは安易に主要競技会を中止にしましたけど、誰もその責任を負ってくれませんでしたからね。

     

    自分の頭で考えて、本当にそれが正しい事なのか答えを出せないでいると、無策を押し付けられて選びたくない人生を歩まされることになるのです。一人一人がさぞかし打ちひしがれて、さぞかし思い知った事でしょう。

     

    今回のコロナ禍経済崩壊ドミノという貴重な体験をしたので、折角なので若い人たちにこれがチャンスである事をお伝えしておこう。今回はコロナ騒動を(わざわざ)引き起こしてスポーツが取り上げられた格好でしたが、将来企業で実業団選手になった事で良かったなどと思っていても、選手を引退する頃には今回のコロナ禍の状況と非常に似た状況が、引退しようとするその選手の身に降りかかるのです。

     

    それを今のうちにしっかりと考えておけば、「スポーツだけは必死に取り組んできたが、自分にはスポーツ以外に特別優れた能力が何もない」という存在が、本当にそれが正しいのか?という疑問にぶち当たるハズです。「その時になったら考える」という人を多く見てきましたが、本当にそのままその時を迎えてしまうと、ほぼ間違いなく人生を棒に振ります。

     

     

    それに多くの企業はこれまで様々な経験を積んでますので、以前のような体育会中心の採用を完全に敬遠している向きが強いです。数十年前は企業は返事ができればバカでも採用する「イエスマン採用」を重視してましたが、これだけ効率が重視されるようになり、人員を削減して、本当に優秀な人材を新卒・中途採用問わず、高い能力の人を厳選しています。来年度以降は新卒採用を見送る企業が多くなるので、それこそ特別に優秀な人しか優良企業を選べなくなります。

     

    「文武両道」などと言われますが、勉強もスポーツも特別に優秀な成果を上げて、誰にも負けないほどの高いレベルの他の何かを身に付けておかなければ、経済崩壊ドミノの中でもがき苦しむ道を歩まされるのです。

     

     

    社会がどんな状況になっても豊かな暮らしを達成できるようになるために BoederLeSS の取り組みが着々と進んでいます。アスリート一人一人が特別な存在となって、多くの人々を支え合う社会を築き上げましょう♪