体調管理と機材の管理

2018.12.10 Monday

0

     

    これまで暖かかったと思えば、急に真冬に突入したような気温の変化になりました。周囲で体調を崩している人が多くなってきました。インフルエンザ患者も急激に増えているようですね。私はスポーツ医療チームの加護を受けて、今年も相変わらずカゼやインフルエンザになる気がしません。アスリートは身体が資本ですので、体調管理が万全でなければトレーニングどころではありませんからね。

     

    「元気があれば何でもできる」というアントニオ猪木の名言にもあるように、健康に勝るものはありません。健康であればどこへでも行くことができる♪ ということで完全にアーチェリーから離れて、気分転換を兼ねて宮崎に行ってきました。

     

     

    堀切峠から道の駅フェニックスまでの眺望は素晴らしいですね。それまで曇ってたのですが、私が着いたら晴れてきました。雨男だったハズなのですが、さて?(笑)

     

     

    特に大きな荷物はありませんので、往復の飛行機はLCCのピーチを使いました。関西空港から宮崎への往復の空路運賃の総額は 8,140円です。往路の 2,410円という安さには驚きを隠せません。ピーチが就航した時に北海道や沖縄に出張した時も往復1万円かかりませんでした。お世話になってる方の娘さんがピーチのCAさんをされてるので、空路はなるべくピーチを使うようにしています。

     

     

    ピーチは大阪の会社で関西空港が拠点なので、チケットの最下部には OOKINI!!(おおきに)とプリントされてるのがイイですね。機内でのCAさんのアナウンスでも「ホンマおおきに!」と言うのが、関西人には自然に心地よく耳に入ります。近年は日本のどの地域に行っても地域色が薄くなってしまっているのを感じますが、関西だけは「標準」に染まることはなさそうな感じですね。

     

     

    宮崎ではかつてお世話になった方々とお会いして、美味しい料理をご馳走になりました。本当にありがとうございます。一生の宝と思える方々と長く変わらぬお付き合いができて幸せです。

     

     

    宮崎空港では搭乗の際に防疫マットを踏まなければなりませんでした。狂牛病や口蹄疫、鳥インフルエンザに豚コレラ、私たちが過ごす普段の生活ではこうしたニュースはまるで他人事のように聞こえてしまいますが、このような現場を目の当たりにすると私たちが口にすることができる普段の食品が、どれだけ有り難いものであるかを実感します。

     

    宮崎は暖かかったのでピンときませんでしたが、金曜日は北海道を中心に大荒れで機材繰りの関係で復路の飛行機が2時間近く遅れて出発しました。帰宅時間が遅くなり、土曜日の東京レッスンは往復の新幹線で眠りこけてしまいました。ちょっとスケジュールがタイトでしたが、5年ぶりに宮崎に行くことができて良かったです。

     

    日曜日は車のブレーキパッドを交換しました。重たい畳を運搬したりレッスン受講生の方を送迎しますので、たまにはメンテナンスが必要です。

     

     

    ブレーキパッドやブレーキフルードは自分で交換しますので、前後のブレーキパッドのみを購入します。

     

     

    こちらはフロント側の作業です。自分で交換しますので高い作業工賃の必要がありません。かかる費用は部品代のみです。ノウハウを知らない人にこうした作業をすべて自分で行うべきだと思うものではありませんが、かつてモータースポーツをしてましたので、私はほとんどの事は自分で作業しています。

     

     

    ブレーキパッドの新旧を比べ合わせると、厚みがこんなに違います。私はなるべくギリギリまで使うほうですが、こんなに減ってしまうまでに交換した方がいいでしょうね。

     

     

    こちらはリア側の作業です。作業といっても大した作業ではありません。ホイール外してキャリパーをバラすだけです。工具さえあれば短時間で簡単にできる作業です。アーチェリーのストリングや矢を作ることに比べても、圧倒的に短い時間で作業が終わります。

     

     

    リアのパッドはどちらも片側だけが減ってました。冬は積雪地帯を走りますので、融雪剤を浴びてキャリパーの左右の動きが次第に渋くなるのが原因です。ディーラーで定期的に点検を受けていてもこんな具合です。ディーラー任せにするのではなく、日常的に運行前点検をして普段の状態がどのようになっているかを知ることが大切です。

     

    これらは車に限った話ではなく、アーチェリーも同じです。機材一式を買ったら使いっぱなしの人があまりにも多すぎるのです。機材はすべて定期的なオーバーホールと常なるメンテナンスが必要です。

     

    リムがハンドルに完全に装着できなくなっている事に気づいてない人や、リムボルトやソケットの調整がなってない人、サイトのバーが斜めになっている人、プランジャーの動きが悪くなっている人、ストリングの状態が悪い人、セッティングが合わなくなってしまっている人、羽根の状態がマズイ人、そんな人だらけです。まるで車検切れや整備不良または故障のような当たらない状態の弓になっている事が理解できてませんので、どれだけ必死にサイトピン越しに的を睨みつけても永遠に当たるようにはなりません。

     

    機材の的中精度は機材の金額やスペックが決めるものではありません。機材を最も理想的な状態に整えて、それを扱う自分の身体を最も優れた状態に仕上げなければ上達どころではないのです。高級なノーメンテの弓よりも、安くても手入れが行き届いた弓の方が優れた性能を発揮できるのは言うまでもありません。メンテナンスが完璧でないのであれば、高級品に支払った金をドブに捨てたも同じです。大切なのは扱いこなせるための正しい知識を得ることです。

     

    寒さが増して本格的なオフシーズンの到来です。機材を丹念にメンテナンスを施してリフレッシュさせて、オフシーズンの取り組みで新しい自分を創り出して、誰もが憧れるほど当てることができる存在を目指しましょう。

    東京レッスン後期後半入会メンバー募集のお知らせ

    2018.12.02 Sunday

    0

       

      ■東京レッスン募集のお知らせ

       

      ご希望にお応えいたしまして、東京レッスン後期後半の入会メンバーを募集いたします。

       

      日時 1月12日(土曜)10:00-11:45

      人数 若干名

      締切 12月20日

       

      入会希望の方は問い合わせフォームに入会希望の旨を記載してご連絡下さい。メッセージや詳細の記入がないものには返信いたしておりませんので、できるだけ詳しく内容をご記入下さい。

       

      関西レッスンへの入会希望の方は問い合わせフォームにご連絡下さい。日程を調整して初回レッスン日程をご案内させていただきます。

       

       

      世界最高レベルのスポーツ医療チームと一体となって世界最先端のスポーツ科学トレーニングに基づいて、一人一人に合わせてリハビリ・トレーニングをプログラムいたします。

       

      アーチェリーは正しい身体の使い方さえ学ぶことができれば、誰でも簡単に上手くなることができるスポーツです。このオフシーズンから本物のアーチェリーを学んで、射てば当たるという実に痛快なアーチェリーを自分のものにしてみせよう!

       

      平成30年豪雨災害義援金6回目

      2018.11.30 Friday

      0

         

        我が家では先月末に工事を終えて、今月頭から本格稼動しました。太陽光パネルの設置・IHクッキングヒーター・エコキュートによるオール電化です。252Wのソーラーパネル32枚を設置した8kW超えの過剰発電で、ついに光熱費ゼロ円生活になりました。これで更にゆとりが生まれるようになりますね。

         

        本日でちょうど1ヶ月が経過しました。冬至を前後した11-1月のこの期間が日照時間が最も短い時季なのですが、けいはんな地域は年中通じて晴れの日が多いので安定して発電してくれています。曇りや雨の日は役に立たないと聞いていたのですが、うす暗い雨の日でもエアコン稼動を維持できる程度の電力を生み出してました。最新のソーラーパネルは凄いです。

         

        現代のアーチェリー機材と同じですね。どんどん安くなっているのに超高性能。アーチェリーの技術的なこともそうですが、あらゆる部分において進化の最前線を知ることが大切ですね。

         

        本日は当会から6回目の義援金を日本赤十字社に送金させていただきました。

         

         

        11月30日 5,700円

        累計金額 73,017円


        義援金の送金状況は通販サイトのトップページに記載させていただいておりますので、いつでもご覧いただくことができます。

         

        アスリートへの様々な支援は従来通り続けております。スポーツを通じて広く豊かな心を備え、私利私欲に走らず困ったことがあれば助け合うことができる人材を養って参ります。

         

        クリスマス・ニューイヤー特別限定は好評です。なくなる前に是非GETしてくださいね♪

        クリスマス・ニューイヤー特別限定企画

        2018.11.27 Tuesday

        0

           

          昨シーズンまでの殺人的なスケジュールとは打って変わって、今シーズンはゆったりと過ごすことができました。そうは言っても年の瀬間近で、町はクリスマスのイルミネーションが瞬きはじめましたね。

           

          そこでプレゼント特別企画です。自分で自分の矢を作ることができる人が増えましたので、そうした取り組みを頑張る方への完成矢キットや、フレッチタイトが付属するフレッチャーのセット、バックパックのクリスマス・ニューイヤー特別限定価格のご案内です。ユーロに対して若干の円高傾向ですが、為替変動による販売価格の変更が生じる可能性もありますのでご了承下さい。

           

          ■来年からスカイロンを通常価格に改定します

           

           

          すでに10月から特別価格で販売しているスカイロン2機種は、販売開始から3ヶ月で啓蒙販売期間を終了いたします。X10よりもグルーピングが小さいと実感されてるメッセージや、的中の比較画像などを拝見いたしました。特に上級者からは、かなりの好評価で人気が急上昇しています。1月10日頃から通常価格に改定いたします。専用ポイントとピンノックが別売の実質値上げになる前にお早めにどうぞ。

           

          ■バックパック 特別価格

           

           

          当会で大人気のアーチェリー専用バックパック「クラシックソフトW」が、クリスマス・ニューイヤー特別価格で通常7,271円を6,048円での期間限定販売いたします。

           

          ■クラシック完成矢製作キット

           

           

          もはや説明不要の人気カーボン矢クラシックですが、クラシックカーボンシャフト1ダース・ノックピン1ダース・ピンノック1ダース・EP23羽根12枚+24枚・専用ブレイクオフポイント1ダース・専用ホットメルトが付属した完成矢製作キットが 5,940円と超お買い得。

           

          矢は一度作ったらそれで完成しているのではありません。ブレイクオフポイントのインサートをカットしてポイント重量の違いによるグルーピング偏差位置を確かめて、本当に優れたグルーピングを見せるチューニングのポイントを探してみることが大切なのです。

           

          これを機に自分の矢は自分で作れるようになっておこう。何でもかんでもショップ任せにしているようでは、永遠にショップのカモなのです。こんな簡単な作業でもショップでは高額な作業料金を含んだ完成矢として渡されるのです。矢なんてフレッチャーで羽根を貼って、ポイントを接着するだけの簡単な作業です。このオフシーズンの間に、これくらいは最低限できるようになっておきましょう。

           

          ■デカットのフレッチャーと羽根専用接着剤のセット

           

           

          使ってみるとデカットのスムーズな使用感が気に入りましたので、フレッチャーのセットはデカットにいたしました。フレッチャーを買うのなら、フレッチングセメントが必要やろう?ということで、フレッチタイトプラチウムを1本セットにしてご用意させていただきます。こちらもクリスマス・ニューイヤー特別販売です。

           

          フレッチタイトの在庫が少なくなってきましたので、フレッチタイトが完売したら他の専用接着剤に切り替える予定です。その際に販売価格が若干変わると思いますので商品紹介ページに表示されている価格をご覧下さい。いずれにせよお買い得な価格なのは確実です。

           

          ■アーチェリーを始めようという方のための防具類セット

           

           

          アーチェリーを始めるために最初に必要な防具4点セットが合計2,830円というお買い得セット。カラーはすべてブラックのみ。アームガードのサイズはMのみ。

          初心者や初心者教室を開催するレッスンなどにも幅広く使うことができます。

          チェストガードのサイズはXS・S・M・L・XL ※胸囲90cm未満はM、90cm以上はL。

          デカットタブのサイズはS・M ※中指の長さ8cm未満はS、8-9cmはM。

          決して初心者だけのものではありませんので、周囲の仲間に声をかけて必要なアイテムをみんなで分けて使うなど有効活用して下さい。

           

          寒さが増すにつれて、ストリングジグやアローカッターの注文が増えてきました。アローカッターは当会在庫が完売しましたので、急いで次回分を発注します。このオフシーズンの間にアーチェリーに関する様々なことに是非ともチャレンジしよう!

          スポーツ医療チームによる加速度センサー測定

          2018.11.21 Wednesday

          0

             

            本日のレッスンはスポーツ医療チームによる加速度センサー測定でした。

             

             

            午前中に海江田先生がお越し下さいました。レッスン受講生のみなさんの骨格安定がどのようになされているか、ドローイングのアプローチが本当に正しいものになっているかを1000分の5ミリ単位で360度方向の骨格動揺を調べます。

             

            エイミングの際の骨格動揺の状態を調べ、それが身体のどの筋肉の動きによるものなのかを解析します。スポーツ医療チームの理学療法士の先生による触診の状態やメディカルチェックの診断結果の数値と照らし合わせて、最も理想的な身体を作るためのリハビリ・トレーニングをプログラムします。

             

             

            今回は腰と腕にセンサーを装着して様々なデータを測定します。腰のセンサーはクイーバーのベルトに当たらないように慎重に取り付けます。ベルトに接触した状態では発射時に身体の動き以外にクイーバーの動きまでも拾ってしまいますので注意が必要です。

             

             

            手首のセンサーはリリースを調べるのではなく、エイミングの際に固定した肩甲骨に対して上腕骨がどの方向へ力が加わっているのか、橈骨と尺骨の関連と前腕骨の引き付け状態を調べます。そうすることで「引っぱってしまう」誤ったドローイングを行ってしまっているかどうか、外観からは知り得ることができない力の向きがどうであるかを知ることができるのです。やってはいけない方法でクリッカーを鳴らしているような事や、本人がまだ自覚してない故障手前の身体の異常までも調べることができます。

             

             

            まずは弓を持たない静止状態を測定して、直立状態でセンサーが拾う数値の波形を記録します。そして6射2回の合計12射分を測定します。今日は測定のみでスポーツ医療チームが持ち帰りました。解析の結果が楽しみですね。

             

            最近加わった新たなスポーツ科学トレーニングの効果が素晴らしく、最近になって急に激しい的中を見せるレッスン受講生の方が増えました。記録会やローカルな競技会などでの優勝や記録更新など、いろいろ盛り上がっている話を聞くことができて嬉しく思います。

             

            今回も参加された方の何名かは、凄まじく小さなグルーピングを連発されてました。クリッカーが早く切れて楽だし、狙わなくても当たるとの事。素晴らしい域に達しましたね。

             

            最後に海江田先生の触診を受けて身体の状態をチェックしていただきました。皆さん理想的な身体に仕上がってきましたね。相変わらずアーチェリー指導における痛み・故障者ゼロ状態が続いているのが素晴らしいです。故障者を出すと指導者としての私がスポーツ医療チームから叱られるのですが、未だに一度もありません。

             

            スポーツ医療チームによるリハビリ・トレーニングを経て身体が完成すると、まいにち数百射をこなしても平気な身体になります。もちろんアフターケアとメンテナンスあってのことですが、アーチェリーのような運動強度の低いスポーツでは痛みや故障を抱えてしまうのは何かが間違っています。

             

            アーチェリーのように誰でも簡単に上手くなることができるスポーツは他にありません。アーチェリーなんて、実に簡単なスポーツです。世界最高レベルのスポーツ医療チームによる正しい指導を受けて、楽々に上達を果たしましょう。