加速度センサーの測定結果

2018.05.31 Thursday

0

     

    東京では先月のスポーツ医療チームのレッスンの際に、加速度センサーでの測定を行いました。オフシーズンの期間中に各自に課せられたリハビリ・トレーニングの効果が凄まじく、受講生が初心者とは思えないほどの上達を見せるようになりました。

     

     

    身体に加速度センサーを装着した状態で実射を行い、エイミング中、発射の最中、発射後の重心動揺を1秒の1000分の5単位で前後・左右・上下の360° を測定します。前回測定した加速度センサーの結果を元にエイミング時の骨格動揺のバイオリズムを検証して、これまで測定してきた身体の状態や、触診による骨格や筋肉の状態など様々な条件からトレーニングが課せられ、そのトレーニング結果が精密な実射として効果がもたらされているかどうかを調べることができます。

     

     

    メディカルチェックの診断結果、エコーによる筋肉バランス測定値のデータ、スポーツ医療チームの理学療法士の先生による前回レッスンでの触診、それらに基づいた個別のリハビリ・トレーニングのプログラムによって、今回の加速度センサーの測定結果では身体の状態が数字で具体的に明かされます。

     

    スポーツ医療チームによる個別にプログラムされたリハビリ・トレーニングで身体の状態が仕上がっていきますので、こちらの受講生の方は今では周囲が驚くほど的中するようになっていて、大舞台で活躍される日が近いですね。そうした的中の状況は加速度センサーが拾うデータで一目瞭然です。

     

    アーチェリーは合理的に取り組むことで誰もが簡単に上達することができるスポーツです。単に実射しているだけのようなものや、自分に合っているかどうかわからないトレーニングを行うような盲目的なものではいけません。スポーツ医療・スポーツ科学の力を借りて、ケガや故障などの痛みとは無縁で、楽しくラクラクと上達していきたいですね。

     

    ■アリオス入荷再開

     

    アリオスは世界的に爆発的人気で、ブラック以外のカラーハンドルは発売即完売となりました。その人気のカラーハンドルもメーカーに入荷したようで、バックオーダー分が届きました。順次発送いたしておりますので、間もなくお届けできると思います。

     

     

    アリオスの注文可能なカラーを表示させていただきましたので、ご覧下さい。右用ハンドルはオレンジ以外オーダー可能になりました。

     

     

    一年で最も注文の多い時期です。こうした買いやすい価格帯のカーボン完成矢のカットに一日中追われるようになりました。

     

     

    特別サポート販売セットも好調です。

     

    アーチェリー用品を揃えるのに25万以上などと言われて諦める人が多いという、悲しい現実があります。しかしそれはアーチェリーショップが高額な製品を売りつけようとしているだけで、買いやすい価格帯の高性能な用品類を選択肢として与えていないだけなのです。

     

    こうした買いやすい価格帯の機材の性能をフルに発揮させて、総額数万のアーチェリーを使って総額数十万円のライバルに勝つことが大切です。

     

    一年で最も多く問い合わせやご注文が寄せられる時期です。優先度の高い内容から順に返信させていただいておりますので、商品紹介を読んだらわかる事や、特定商取引法に基づく表記に記載されている内容を読んでないような問い合わせには返答することができませんので、ご了承下さい。重要または深刻な内容の問い合わせにも関わらず数日が経過しても返信がない場合は、再度お問い合わせ下さい。

     

    注文確定後に入金がない場合はキャンセルとなりますが、入金しない注文確定を繰り返した場合はブラックリスト入りとなり注文受付をいたしませんのでご了承下さい。

     

    スポーツで身体を動かすのが心地よい季節になりました。お金を賢く使って、アーチェリーを存分に楽しんでもらいたいものです。

    アバロンからWA公認的紙 新発売

    2018.05.15 Tuesday

    0

       

      本格的なシーズンに突入して、お買い得のテンプル的紙のセットが好調です。

       

      ですが・・・これまで最安値だったテンプルの公認的紙をお求め下さった競技団体の皆さん、ゴメンナサイ!

       

      なんと、最高品質でありながら他とは格段に安かったテンプルの的紙を、更に大幅に下回るWA公認的紙がアバロンから発売になりました。

       

      数種類の的紙が新発売されているのですが、まずはこちらから。

       

       

      アバロン 公認 122cm的 耐水 糸入り補強 超お買い得100枚セット 税込 39,960円 ! 1枚あたりの金額は400円。

       

      安すぎるのですが、1平方メートルあたり150gと重厚で質感が高く、耐久性はバツグンの素晴らしい的紙です。もちろん公認競技会で使うことができます。

       

       

      アバロン 公認 80cm的 耐水 糸入り補強 超お買い得100枚セット 税込 18,360円! 1枚あたりの金額は 184円。

       

      安すぎてビックリしますね。これまでの的紙が高すぎましたね。アーチェリー専用となると何でも高い世界に浸ってますので、金銭感覚が狂ってしまってますね。これが世間一般的な金銭感覚なのだと思います。

       

       

      アバロン 公認 80cm 5-10的 耐水 糸入り補強 超お買い得100枚セット 税込 11,880円! 1枚あたりの金額は 119円。

       

      これまでの的紙ビジネス、中間搾取がヒドすぎましたね。これが1枚あたり税込119円はビックリです。決して安売りをしているのではありません。この販売価格の中にはヨーロッパから日本への高い輸送料と、輸入の際にかかる輸入消費税と、エンドユーザーが支払う消費税と、当会の利益、これらがすべて含まれた販売価格なのです。

       

      これまで主力として扱ってたテンプルはもう割が合わないので、当会在庫がなくなり次第販売を終了する予定にいたしております。というか、アバロンの公認的紙がこれほどまでに安かったら、テンプル(質感が高い割りに十分安かったが・・・)ではなくアバロンを選ぶのがまともな感覚だと思います。

       

      的紙は競技会での究極の消耗品ですが、一年を通じて競技団体はかなりの金額を的紙に費やします。お金は賢く使って、浮いたお金を設備や用品類や、アローカッターやストリングジグ、初心者用のレッスン機材などに充てるなどして、充実させていきましょう。

      タブのコードバン

      2018.05.10 Thursday

      0

         

        レッスン受講生でない方からも「私のタブを見てもらえませんか?」という方がいます。これは非常に好ましい傾向に思います。

         

        タブを見るだけで取りかけのみならず、肩関節の可動域・肩甲骨の位置・上腕骨の角度・ドローイングの際の橈骨と尺骨の位置関係・タブプレートの角度・体幹での引き分けができているかどうか(腕力でのドローイングになってしまってるかどうか)などなど、射手の様々な状態を知ることができます。

         

        タブの状態によっては、タブをお返しする時に「タブを清潔にしてください」と伝えることがあるのですが、決まって「どうしたらいいのですか?」と聞かれます。なぁに、簡単なことです。洗えばいいのです。

         

        まぁ、チェストガードやアームガードを洗わないばかりか、リムの水拭きやハンドルのグリップの洗浄をしない人も多いですし、大丈夫か?と思うほど汚れたストリングを使ってる人もいます。毎回靴で踏んでいるストリンガーを洗わない人もいます。フィンガースリングやボウスリングが汚れても気にならない人も多いですが、はっきり言って「不潔」です。アーチェリーはエレガントなスポーツです。清潔で美しいことを「普通」の状態にして下さい。本当にお願いです。

         

        そこで今回はコードバンタブの洗い方です。コードバンのタブは使い捨てではありません。

         

         

        先日アーチェリー用品一式を当会に寄付して下さった方がいらっしゃいました。お使いになったのだろうか?と思ってしまうほど機材の状態が良くてビックリしました。本当にありがとうございました。

         

        コードバンのタブがひとつありましたが、数ヶ月程度しか使ってないのではないかを思うほど、汚れもなくキレイなタブでした。実射しているので表皮のコードバンは使ったなりに変形してましたが、この変形は洗うことで新品同様の形状に復元することができるのです。コードバンタブの形状復元のためにも、ぜひ参考になさって下さい。

         

        キレイなタブですので汚れを落とす必要はありませんが、コードバンタブの洗い方とコードバンの形状復元のために、こちらのタブを使って洗い方を説明いたしましょう。

         

         

        それほど汚れてみえないタブでも、指先から分泌される水分・塩分・油脂が皮革に浸透しています。裏革を交換できるタブは数ヶ月に一度、裏革を新しいベロア皮革に交換するのがベストです。

         

         

        裏革を交換できない(分解できない)タブは、このようにして定期的にお湯で洗います。お湯は少し熱めのぬるま湯の中で、指先で揉むようにして洗います。こうして定期的に洗っていれば、タブはほとんど汚れることはありません。タブの皮革を固定している金属部分が腐食している(サビが生じている)人は要注意です。指先から出た汗を洗い流さないことで金属部分を腐食させているので、腐食させないためにも頻繁に洗わなければなりません。

         

        実はこの時に、コードバン皮革の革の向きがタブに対してどの角度でカットされているかを知ることができます。タブは得点を決めるパーツで、身体に触れる重要なパーツですので、クラフトマンシップが伝わるような製品であってほしいものですね。得点がそれほどでもない選手はそこまでこだわる必要はありませんが、真の上達を遂げたあかつきには、コードバンのタブは自分で作りましょう。

         

         

        タブ表皮のコードバンの形状復元のために、今回はハンドソープを使って丁寧に洗います。食器洗い用の中性洗剤や通常のせっけんでも洗うことができますが、洗剤がコードバンの皮革内部に浸透してしまいますので、完全に洗い流すのにかなりの根気が試されます。泡ハンドソープは洗浄力も高く比較的洗い流しやすい(それでも時間はかかるが)ので、コードバンの洗浄は泡ハンドソープがオススメです。

         

         

        裏革やベルトにもしも汚れがある場合は、ハンドソープを使うと洗面器の中のお湯がみるみる濁っていきます。初めて洗う時にはコードバン表皮の染料が僅かに落ちることもありますが、問題ありません。こちらのタブには汚れが見られませんので、お湯の色は透明なままでイイですね。アーチェリー選手はタブを清潔に保つべし。当会ではレッスン初期の頃に使っていただく用品類は、すべてこのようにして清潔な状態で使っていただいてます。潔癖症である必要はありませんが、不潔が平気にならないようにしてもらいたいものです。

         

         

        泡ハンドソープで洗いましたので、しつこいくらいすすぎに時間をかけます。皮革に染み込んだ界面活性剤を完全に流し出します。表皮を指で擦って微細な泡が出なくなったら、ウエスとティッシュで水気を拭き取ります。すると、このように変形していた取りかけ部分の皮革が新品の時と同じように平らな状態に開きます。

         

         

        ウエスとティッシュに水分が移らなくなったら、このような具合に皮革が平らになるように工夫して数時間放置します。

         

         

        すると、僅かなストリングの擦過痕が見られるものの、新品と同じ形状にまで復元することができます。取り掛けやフォームを修正した時などに、このようにしてタブ表皮をリフレッシュすることが大切です。まだ完全には乾いてませんので、このまま翌日まで放置して乾燥させます。

         

         

        こちらが裏革の状態です。まるでアイロンをかけたかのように見事に復元しています。乾燥した季節であれば翌日には完全に乾きます。オイルコードバンに元々浸透していた油脂がハンドソープによって完全に洗い流されてますので、乾いたタブのコードバン表皮はカサカサのゴワゴワのカッチカチです。このままでは硬すぎて、タブとして使うことはできません。

         

         

        ハンドソープでコードバンの油脂を失った分、コードバン表皮をオイルアップさせます。今回はアーユルヴェーダやマッサージオイルのベースオイルとしても使われる、太白ごま油を使います。間違っても茶色いごま油を使わないで下さい。太白ごま油は透明で、ほとんど香りがありません。マッサージオイルのベースオイルとして使う方の油です。アマニ油やホホバ油でもいいのですが高いです。こうしたオイルを調理などの用途に使わないという方は、オイルの代わりにワセリンで代用することもできます。安いからといって、キャノーラサラダ油を使うのだけはやめて下さい(笑)サラサラでべとつかない植物油を使います。エンジンオイルやチェーンオイルなどのような機械油、鉱物油などは絶対に使ってはいけません。

         

         

        油脂が完全に抜け切った状態で乾燥しているので、喉の渇きを潤すかのようにオイルが浸透していきます。裏側から浸透させたら表側全面に塗り伸ばして浸透させていきます。多く浸透させてしまっても大丈夫です。ティッシュなどでしっかり拭き取り、指先で擦っているうちに自分の指の皮膚に浸透してき、コードバンの余分がオイルは抜けていきます。自分の指先はサラサラになります。リリースで荒れた指先のメンテナンスも同時に行って下さい。

         

         

        洗って乾燥させたことでカサカサでゴワゴワでカッチカチだったコードバンでしたが、オイルアップによって、ふっくらとしてハリがあって気持ちのよいコシがある、高級で上質なコードバンの状態に復元しました。新品のタブでもここまで理想的な状態のタブは売られてません。コードバンを使っている人の多くが宝の持ち腐れ状態にあります。「半永久」とも言われるコードバンを、こうしたメンテナンスをすることで正しい性能を引き出してもらいたいものです。

         

         

        オイルアップした翌日には、このように皮革全体にオイルが浸透しています。実射の最初の1射目から、取り掛けの最適な位置にしっかりと馴染んでくれるようになります。国内で製造されたコードバンのタブは新喜皮革のコードバンが使われてることが多いので、こうして定期的にメンテナンスをすることで長きにわたって最高の状態で使い続けることができます。

         

        アーチェリーの的中は、タブが送り出したストリングが矢を的に送り届けます。最も重要なアーチェリー用品であると言っても過言ではありません。ストリングに神経を通わせ、タブ表皮とストリングの対話を指先で感じ取るためにも、タブのメンテナンスを行いましょう。

         

         

        こちらがメンテナンス終了した状態です。こうしてリフレッシュさせたコードバンは、取り掛けポイントを自由に再設定させることができます。これまでの取り掛け位置を修正したい人やフォーム修正した時、タブの洗い方を知らずに困ってた方は、こうしたメンテナンスを行い、命あるコードバン大切に使って下さい。

         

        ■これからアーチェリー用品を揃えようとお考えの皆様へ

         

        日本では高校生や大学生が自分の弓を買う時期ですが、世界中でアーチェリー用品が買われる時期でもあります。アーチェリーのメーカー各社で、ハンドルやリムのメーカー在庫が急激に減り、買いやすい価格帯の製品から順に次々と完売する傾向にあります。どうしようか迷っているうちにメーカー完売してしまうことが多いので、くれぐれもご注意下さい。

        知らないと大損するアーチェリー用品

        2018.05.07 Monday

        0

           

          高額すぎるアーチェリー用品を買わされそうになっているアーチェリー初心者からの相談が多い時期です。

           

          当会からお求めになるお客さんの中にも、やめておけと伝えても「どうしても欲しい」と指名買いで、高級ブランドを取り寄せで買って下さる方もいます。特にハンドルに関しては的中性能に違いがないのに、ブランドが異なるだけで数倍〜10倍程度の価格差があります。

           

          そこに余裕でお金をつぎ込むことができる人は、自分が欲しいと思う高級ブランドを買い揃えて、アーチェリー用品に25万でもつぎ込めばいいのだと思います。当会の売上額が上がることでアーチェリー指導の幅が広がる事実には間違いがありませんので、そうした方の存在は素直に有り難いと感じています。お金に余裕のある人がお金を使うことで、日本の経済が循環するからです。

           

          しかし、これからアーチェリーを始める初心者や、高校や中学での部活動、大学のクラブやサークルで揃える最初のアーチェリー用品は、そのような大人の趣味性の高い高級ブランド志向を、アーチェリーショップや顧問の先生が押し付けるのはいかがなものか。相変わらず25-30万程度かかると言われたという相談が多く寄せられるので、本当にビックリしてしまいます。

           

          アーチェリー用品は高性能機材の中で買いやすい価格帯の製品を買い揃えると、一式の総額が10万円を超えることはありません。最初は7-8万程度で、インターハイを目指す生徒が3年間で費やすアーチェリー用品の総額が10万円程度です。

           

          4年前の記事なので今では機材の価格帯が少し異なりますが、知っておくと良いでしょう。

          本当に競技に不向きなのかを検証しました

          http://bright.khn-archery.org/?eid=13

           

          ■総額25万にする?それとも総額7万にする?それとも3-4万にする?

           

          最初に買い揃えるアーチェリー用品なんて、総額3-4万で十分だと思います。最初の頃は矢を買い換えたり、リムの強さを段階的に使い分けなければなりません。

           

          総額3-4万 特別サポート販売セット

          http://khn-archery.shop-pro.jp/?pid=116382504

          はっきり言って、学校の部活動レベルではこれで十分です。レンタルのグラスリムでも70mの黄色から外れることはありません。インターハイに出場できるほどのレベルになってきたら、本当に上達した時点で高性能なカーボンリムと競技用のストリングを買い足せばイイだけの話です。こちらが最も経済的なセットです。ファッション界に例えるとユニクロやGUのようなブランドの製品ですが、優れた的中性能を誇る製品ばかりです。すべてセットアップを済ませた状態でお送りしますので、届いた機材を組み立てるだけでそのまま実射することができます。

           

          総額7万前後

           

          結局このあたりに落ち着く人が多いので、このゴールデンウィーク前後の問い合わせの多くの方には、以下の内容をほぼコピペで似たような内容をお送りしてます。かなりの方に送信しましたので、お送りした方の中に、もしも何かが漏れていたらすみません。これだけ買い揃えても総額は 69,935円 にしかなりません。

           

          ハンドル:29,160円

          http://khn-archery.shop-pro.jp/?pid=127218630

          レンタルリム:4,752円

          http://khn-archery.shop-pro.jp/?pid=116092963

          サイト:9,504円

          http://khn-archery.shop-pro.jp/?pid=106778983

          プランジャー:2,592円

          http://khn-archery.shop-pro.jp/?pid=106357787

          アロー1ダース:5,400円

          http://khn-archery.shop-pro.jp/?pid=122983694

          タブ:1,544円

          http://khn-archery.shop-pro.jp/?pid=115849994

          クイーバー:972円

          http://khn-archery.shop-pro.jp/?pid=127190550

          ボウスタンド:2,268円

          http://khn-archery.shop-pro.jp/?pid=106774667

          アームガード:713円

          http://khn-archery.shop-pro.jp/?pid=116245012

          チェストガード:1,188円

          http://khn-archery.shop-pro.jp/?pid=106796403

          アーチェリーケース: 7,128円

          http://khn-archery.shop-pro.jp/?pid=118101432

          ストリング 756円

          http://khn-archery.shop-pro.jp/?pid=118091014

          ストリンガー 648円

          http://khn-archery.shop-pro.jp/?pid=106400246

          レスト 70円

          http://khn-archery.shop-pro.jp/?pid=106399968

          センターロッド 3,240円

          http://khn-archery.shop-pro.jp/?pid=108939259

           

          当会ではセットアップは無償(※必ず備考欄にセットアップ希望とお書き下さい)です。アーチェリー用品一式をご注文された場合、ご希望の方にはセットアップをしてレストを装着して、ノッキングポイントを装着させていただいております。届いた機材を組み立てるだけで、そのまま実射していただけますので安心です。

           

          高校3年間を考えますと、ここから先のステップアップとしてにリムを2回レンタル交換して、カーボン矢を2ダース買いなおして、ストリングを3本交換するというステップアップを経ても、その総額は92,507円です。

           

          使ってるうちにレストが壊れることがありますが、レストを交換しても消耗品として大した金額ではありません。競技用の本格的なレストも安いです。そのうちVバーやサイドロッド、クリッカーを買うことになるかも知れませんが、Vバーは1個1,300円程度、サイドロッドは2本で4,000円程度です。アーチェリー用品の総額が10万を超えずに3年間のアーチェリー部を過ごすことができます。お金は賢く使いたいものです。

           

          リムなどレンタル1セット4,720円で十分なのです。レンタルリムは数ヶ月から半年程度で次の強さにステップアップされる方が多いですが、そんなに慌ててリムを強くしていかなくても大丈夫です。当会のレンタルリムは1セットで最長2年の期間使うことができます。自分のリムを買わずに高校3年間のクラブ活動を過ごすこともできるのです。自分のリムを買わない生徒は、レンタルリムで競技会に出場すればいいのです。そんな生徒も増えてきましたね。

           

          豪邸に住んでて高級外車を持つような家庭であれば、高級ブランドに囲まれた生活を送ればいいのだと思います。しかし一般的な生活水準の家庭であれば限られた家計のなかでやりくりしなければなりませんので、子供の部活動で一式25万もの金額をアーチェリー用品に支払うのはなかなか大変なことだと思います。我が家では昨夜洗濯機が壊れて途方に暮れてるところです(苦笑)このように思わぬ急な出費に常に対応しなければなりません。子供のアーチェリー用品を買うので洗濯機を買うのをやめるか?洗濯機を買うので子供のアーチェリー用品を買うのをやめるか?いやいや、これが笑ってられる人ならいいのです。

           

          アーチェリーはスポーツなのです。車や家電、オーディオや家具、それに靴・鞄・財布のように、どこまでも高額なブランドにお金をかけるような趣味性に走るものではありません。アーチェリー用品を大人の趣味として高級ブランドとして揃えることができる人は、それでいいのです。しかし純粋にスポーツとしてアーチェリー用品を考えてみると、「高級」ではないブランドの方が実は多く、買いやすい価格帯の超高性能品を買うという選択が、スポーツとして健全なのです。

           

          アーチェリーは的中の得点を競うスポーツです。道具の値段自慢や、ブランド信仰のようなものではありません。買いやすい価格帯の高性能機材を自在に扱って、道具自慢ではなく得点自慢ができる憧れの存在を目指しましょう。

          生涯保証 アリオスも! 新製品ストリングジグ「テックワン」

          2018.04.16 Monday

          0

             

            キネティックの新製品ハンドル「アリオス」のデリバリーが始まったと同時に、多くのカラーがメーカー完売してしまうという大人気ぶりです。

             

            ■アリオスは生涯保証のハンドル

             

             

            アリオスもスタイライズドと同様にライフタイムワランティ(生涯保証)がついてました。これからのキネティックはこの流れなのでしょうが、税抜2万円の競技用ハンドルに生涯保証が付いてるなんて、やりすぎです。ユーザーにとっては喜ばしいことですが、正直言って他のが売りづらくて仕方ありません(笑) 他社の高額な上級機種に生涯保証はありませんし、これまで売れ筋だった1〜2万円程度の買いやすい価格帯の鋳造ハンドルの在庫をどうしようかと、困ってしまいます。

             

             

            安かろう悪かろうであれば安さにも納得なのですが、芸術的とも言えるウッドグリップが標準装備されています。こちらのカラーはターコイズです。

             

             

            ハンドルカラーによって装着されるグリップのカラーが違います。グリップのカラーが見事なまでに美しいので、使うのがもったいないほどです。グリップに互換性がないか確かめるために取り外してみると、グリップを固定している左右のボルトはサイトのベースマウントと同じ 10-24(インチネジ)サイズでした。W&W製造のキネティックの従来のグリップとの互換性はありません。

             

            25インチハンドルで1,040gは、競技用ハンドルとしては軽量な部類に入ります。肩への負担を少しでも減らしたい競技者や、上達過程にあるジュニアや女性など、小柄な日本人にとっては理想的なハンドルですね。みんなで使って上級者を追い詰めるほどに当ててやりましょう!

             

            ■ストリングジグの新製品「テックワン」

             

             

            日本で最も多く売れたアバロンのストリングジグが、リニューアルされました。これまではベーシック蝶ネジ仕様 17,280円とプロ仕様 31,320円という2つのラインナップでしたが、私がベーシックモデルを蝶ネジ取り付け加工して日本で販売している事を知っているメーカーが、何とも嬉しいストリングジグを作ってくれました。

             

            こちらのストリングジグ「テックワン」21,600円は、31,320円のプロ仕様のカラーをオレンジからブラックに変更して販売価格を大幅に下げ、輸送の際にストリングジグ本体にキズが付かないように専用の発泡スチロールと段ボールで厳重に梱包したものです。これまでのベーシックとプロ仕様はアルミ角パイプむき出しのままプチプチも養生もなく段ボールに乱雑に押し込んだ状態で、「よくもこれで無事に日本まで届いたな?」と思えるような状態でした。

             

            しかし日本と違って海外の空港では荷物が乱雑に扱われるために、表面にキズひとつない状態でストリングジグが届いたことがありませんでした。ストリングジグのアルミ角パイプが段ボールを突き破り、ガムテープでグルグル巻きになって届いたこともあります。そういった事態を私は最初の頃メーカー担当者に一度しか伝えてませんでしたが、日本でのクオリティを気にかけてくれたかも知れないと思うと嬉しいですね。

             

             

            テックワンはプロ仕様とまったく同じ設計になっていて、アームの角度を90度変えるたびにボールロックが「カチッ」と定位置で固定される仕組みになっています。私は自分用にベーシック蝶ネジ取り付け加工のストリングジグを使ってますが、店舗用にプロ仕様を仕入れた時にこの90度の「カチッ」が面白くて(笑)、意味も無くカチカチ回したのを覚えています。これを買った人は間違いなく私と同じことをすると思います(笑)

             

             

            ストリング原糸のスタートとゴールになる部分には、原糸の端を固定するボルトが設けられています。プロ仕様との1万円の価格差は、実にカラーの差のみ。オレンジではなくブラックというだけで1万円安くて、本当にいいのか?(笑)

             

            至れり尽くせりのテックワンが発売されましたので、ベーシックへの蝶ネジ取り付け加工は、なくなり次第終了させていただきます。

             

            ハンドルやリムのメーカーごとに、ブレースハイト(ストリングハイト)の推奨値が異なります。そのため競技レベルが高まるにつれて、セッティングを出そうにもチューニングしようにも、メーカー完成ストリングでは調整範囲が対応できないことも多いです。組み合わせる使用機材ごとに異なる全長のストリングを製作するのは当然のことです。本当に上手くなりたかったら、自分のストリングは自分で作れるようになりましょう。

             

            扱いきれないムダに高額な機材を買って何もできないよりも、買いやすい価格帯の高性能な機材を揃え、ストリングジグやアローカッターなどを揃え、何でもかんでもショップ任せという状態にならないようにしていくことが大切です。

             

            ■加速度センサーでの測定

             

            土曜日の東京レッスンは、加速度センサーでの測定を行います。加速度センサーを身体に装着して実射して、オフシーズンのトレーニングの効果を調べ、人によっては更なるトレーニングの追加などを行い、正確な射を完成させていきます。

             

            東京レッスンの新規入会募集については、過去の記事をご覧下さい。4月分は締切りました。今年度はあまり増やす予定がありませんので、入会を希望される方はお早めにご連絡下さい。

             

            アーチェリーに最適なシーズンの到来です。正確な射をマスターして、颯爽とアーチェリーを楽しみましょう♪