第3回「多様なポジティブシンキング活用法」

2020.09.08 Tuesday

0

     

    【オンラインセミナーのご案内】

     

    コロナの影響で社会が落ち着かない今こそ、スポーツ心理学を味方にして、「しなやかなメンタル」を手に入れていただきたい。

     

    7月から始まりましたスポーツ選手、指導者やスタッフの方々を対象としたスポーツ心理学講座!

     

    9/13(日)17時からは第3回「多様なポジティブシンキング活用法」を実施いたします。

     

     

    今回の内容は、代表の筒井による研究結果に基づく内容です。

     

    学術雑誌『スポーツ心理学研究』に掲載されていますオリジナルの思考法を、この機会にお伝えいたします。

     

    詳細およびお申し込みは以下のURL、チラシをご覧ください。

     

    https://peatix.com/event/1544412

     

     

    屋外でのアーチェリーが快適な季節になってきましたね。

     

    右の中学生は5年もの間アーチェリーを取り組んできましたが、これまで機材にかかった費用の総額は2万円程度です。中学生や高校生の親から総額25万円のフルセットを買わされたという相談も多いですが、それは買った側の思考停止の問題でもあります。

     

    悪魔のようなアーチェリーショップは客単価を25-30万と決め付けて、必死になって売り上げを稼ぎたいだけですからね。それに、客が上手くなったら困るのです。安い機材で上手くなってしまったら、次の買い替えサイクルの時に更に高級な機材を欲しくなってもらえませんから(笑)

     

    普通に暮らしていたらお金に余裕のある人なんて少ないのに、どうしてアーチェリーショップの言いなりになって、最初のアーチェリーなんかに数十万円を支払うのですかね?新幹線はグリーン車にしか乗らないし、京都-東京の往復を1年で数十回繰り返して、毎回出先で豪遊してきた私が、高校生や大学生に25万のアーチェリーがムダと言い放ってるのに、本当にバカじゃないのか?と思いますよ。お金を賢く使えないと、一生損して生きていくことになりますから。

     

    さて、いよいよ月末には橋本さんのオンラインセミナーで私が講師として登壇します。なので資料を作りましたよ。青少年が視聴したら、ブッたまげる内容です(笑)学校では絶対に教えてもらえない「億売り人の育み方」という壮大な内容のパワポ紙芝居です♪将来好きな事して遊んで暮らせる人になりたかったら「誰から何を学ぶのか」を真剣に考えなければ絶対に有り得ませんからね。

     

    私たちの取り組みが社会を豊かなものに育みます。アーチェリーを通じて、是非とも豊かな暮らしを手に入れましょう♪

    ストリング製作講習会

    2020.08.31 Monday

    0

       

      アバロンからスポッティングスコープが新発売です。

       

       

      倍率とサイズは2種類で、それぞれ価格が異なります。というか、防水の可変倍率スコープなのに異様に安いです。しかも簡易三脚が付属します。

       

      25×75倍 70mm 8,910円
      20×60倍 60mm 7,278円

       

       

      レンズ径が大口径の方が天候に左右されずに高い倍率をより明るくクッキリ見ることができます。指導者がテントや観客席からラインタッチまで確認したいような使い方の場合や、的面で皆が似たような配色の羽根とノックのカラーの場合は70mm大口径レンズの方が、自分の矢を容易に識別可能です。

       

       

      このダイヤルを回して倍率を変えます。

       

       

      こちらのボルトを緩めることで、三脚に装着した状態で接眼レンズへのアプローチの角度を変更することができます。

       

       

      これが通常の状態。

       

       

      左向きにに45度。

       

       

      下から覗き込むような角度で下向きに。

       

       

      右向きにに45度。これは左射の人にも便利ですね。

       

       

      フードは可変式です。

       

       

      このように前にスライドさせる機能は、周囲の光が強い時やレンズフレアを抑える効果は絶大で、視認性を向上させて目の疲れを防止します。

       

      私が使ってたハードコートレンズのニコンは7万円以上しましたが防水ではありませんし固定倍率でした。アバロンは防水で可変倍率でフルアジャスタブルで、ニコンの10分の1で、レンズは新時代マルチコーティングの高性能。機能も性能も値段も圧倒的です。

       

       

      双眼鏡も新発売です。サイズと倍率は異なりますが、仕入れ価格がほとんど変わりませんので日本での販売価格はどちらも同じという超バーゲン価格設定です♪

       

      10倍 50mm 6,734円
      10倍 42mm 6,734円

       

      こちらもレンズの口径が大きい方が明るくクッキリと見えます。インドア競技などで光量を期待できないよう時は重宝します。

       

       

      説明書には防水とは書かれておらず、どちらも「防湿」の表記です。ガス封入されてますので内圧によって水分の侵入を防ぎますが、スポッティングスコープほどの耐水性を有している訳ではないので、大雨の時の使い方には注意して下さい。

       

      双眼鏡はアーチェリーのみならず、登山やバードウォッチングにも最適ですね。これらを持って自然に触れあいましょう。

       

       

      土曜日は東京レッスンでした。普段よりも少し早めに起きて準備です。2時半はさすがにまだ朝とは言えませんが、前日の夕方6時半頃には既に眠ってますので、睡眠不足で辛いという事にはなりません。

       

       

      6時半頃の京都駅新幹線コンコースです。以前のような「誰もいない」ほどではありませんが、ほんのチョット増えたような?まだまだ閑散としています。

       

       

      近鉄側からも新幹線口へ入って来る人は僅かです。

       

       

      新幹線がホームに入って来る直前、グリーン車の8号車乗場から東京方面を見ると人はまばらです。

       

       

      ホームに入って来るのぞみ号を受けながらの広島・博多方面側も、乗客はまばらです。16両全車両に京都から20人も乗ったかどうか、といった感じでした。

       

       

      私の座席がある8号車に乗ると、新大阪からの先客は2人でした。京都から乗ったのは私ひとりだけです。名古屋から数人乗っても、5-6人といった具合です。

       

       

      新型コロナの感染拡大防止のために、車内販売は現在グリーン車のみです。3両あるグリーン車に10数名しか乗客がいないので話しかけると「一日2往復半の乗務で、ほとんど売れない日もあります」との事で、一杯のコーヒーを。

       

       

      心が美しければ人も自然も美しく、毎日が素晴らしい。新型コロナがもたらしたのは、人々の心の貧富の格差でしかない。与える者には豊かな人が集い、欲する者には欲する者が集う。世の中がどんな状況になったとしても「類は友を呼ぶ」という構図は今も昔も不変ですね。

       

       

      レッスンではストリング製作講習会で大盛り上がりになりました。皆さん製作にかかる時間がどんどん短くなっていて、お互いに教え合っていて、本当に理想的なアーチェリー環境を整えていってますね。非常に好ましく思います。

       

      無駄に高額すぎるアーチェリー用品一式を買い揃えても、自分で自分のストリングを作ることもできなければ、自分で自分の矢を作ることもできなければ、本当にどうしようもありませんからね。

       

      買いやすい価格帯の機材を揃えたら、ストリングジグを買ってもアローカッターを買っても、必要なマテリアルを揃えても、全部で10万程度なものなのです。扱いこなす努力をしないということは、上達の拒否も同じことです。学ばないのは悪魔のようなアーチェリーショップのカモでしかないので、頭でしっかり考えてお金は賢く使うことが大切です。

       

       

      レッスンを終えたら夜の宴です。1リットルの特大ジョッキも、アッという間に空になります。コロナ太りとか本当に意味が分かりませんね。アスリートとして理想的な身体を作ってしまえば、どれだけ食べてどれだけ飲んでもアスリート体型のまま変わることなどないのです。

       

      前回の出来事を店長は覚えていて、というか、あんな出来事一生忘れない(笑)やろうけど、おかげで売上はコロナ前の頃の水準に戻ったと喜んでました。幸せを作り合う大切な人間関係こそが、経済崩壊ドミノを回避することができるのです。

       

       

      歴史的建造物として保存されてる建造物の上に建てたという宿泊先から少し歩いて、横浜中華街の周囲を朝の散歩です。涼しくて快適でしたが、温度計は朝の5時半で30度でした。京都の暑さで鍛えられたというか、体感温度が完全に狂ってますね(笑)

       

       

      ホテルに戻って朝食を摂り、ほんの少しだけの事務仕事を終えたら二度寝して、午後は中華街を堪能します。

       

       

      中華料理を楽しむ前に、いろいろと買い食いですね。経済の循環が急務なので、使える人はしっかり使いたいですね。もうね、満腹ですよ。どうせ太りませんが(笑)

       

       

       

      紺碧の空とのマッチングが最高ですね。中華街での気温は35℃位で、灼熱地獄の京都から来た私にとっては大した事のない暑さ。みんな死にそうな顔で、暑い暑いと真っ赤な顔してマスク顔。マスクに殺されかかってるというのに、そんなこともわからないのだろう。暑い屋外でビチョビチョのマスクで歩いて、飲食店ではマスクを外す滑稽な矛盾行動を見るのも、実に面白い。

       

       

      ガッツリと中華街を堪能したら、新横浜から新幹線のぞみで京都に戻ります。往路も復路も同じく8号車の3-Aです。東京からの先客も僅かという状態です。

       

       

      夏休み最後の土日で本来は大変な混雑が例年のニュースになる、あの東海道新幹線とは思えない状況にゾッとします。普段なら新横浜から乗ったら荷物棚に荷物を乗せられないほど、ディズニーランドなどに行ってきたであろうと容易く想像できる荷物で溢れていたのですから。「日常が消えた」光景をそのままにしていては、日本の経済は終わります。本当に。

       

       

      ひと缶飲んで寝るというお決まりのペースのはずが、2缶かかりましたね(笑)ホテルでの二度寝が良くなかったか?前の晩にも相当飲んで、中華街でも結構飲んで、新幹線でも飲んで、帰宅後の夕食でも飲んで、相当な飲み食いの量ですが、体脂肪が増えることなんてありませんよ。以前の記事でご覧の通り、相変わらずシックスパックも健在です。進化をやめて堕落しきった人たちとは、アタマもカラダも違うのです。

       

       

      夕方の京都駅在来線ホームです。どこの地方の田舎の終着駅かと思うほどの光景に衝撃を受けます。28年間京都に住んできて、日曜夕方の京都駅在来線ホームに人の姿が見えないこの状況は究極の異常現象やねん。

       

      無知と無能がコロナ恐いと過剰に騒ぐが、こうして起こしてしまっている事態が自分たちをどうしてしまうのかを、真剣に考えるべきや。健康な人々が毎日のように大量に死んでいくような恐ろしいウイルスでも何でもない。緊急事態宣言が出ている期間でもないのに、人々が自らに制限をしている事で経済の循環を絶ち、負の連鎖に歯止めが利かなくなってしまっている。

       

      通常に戻したいと言ってる人が、それを必死になって止めてるだけにしか見えない。経済を止めているこの状況で、どれだけの人が、あと何ヶ月、持つのかな?私はリタイアした時にどんな究極の状況になっても大丈夫な準備をして今があるので、日本の経済が崩壊しようがスタグフレーションが起こりようが、起こる状況を面白がって好きなことして生きていくことができるが、ほとんどの人はそんな事は不可能や。

       

      大学の経済の授業で教授が言ってた名言「経済なんてのは盆に薄ぅ〜く張った水と同じで、傾いたら傾いた方に傾いて、沈んだら沈んだ方に沈んで、無くなったら無くなった方に消えていく、それが「経済」」

       

      日本の総理大臣も結局は何も約束を果たさず辞めていくくらいやから、誰も国民を守ってくれんということや。自分で自分の未来を切り開くことができる人物に成れへん「普通の人」になったら終わりやで。隷属されずに幸せになったらエエだけなんやで。ホンマにね。

       

      さて、夏の終わり。アーチェリーを始めようという人が増えましたね。しかしスポーツ医療チームが出動できないこの状況では、当会では9月の新規入会募集はできそうにありませんね。いつまでやるのかね、この状況を(笑)

      サッカー元日本代表の橋本英郎選手との心理学対談

      2020.08.28 Friday

      0

         

        サッカー元日本代表の橋本英郎選手と筒井先生の心理学対談の一部紹介です。橋本英郎選手と心理学をテーマに、月に一回のライブ配信がスタートしました。

         

         

        橋本英郎 円陣27 スポーツイノベーションサロン

        https://www.facebook.com/fc.puente/videos/2969035673382601

         

        橋本さんのオンラインサロンご入会は『円陣 橋本英郎』で検索してください。

         

        スポーツ心理学の極致である私たち BorderLeSS の取り組みは、多くのアスリートが輝ける将来を得るために強烈にサポートします。経済崩壊ドミノで先の見えないこの時代だからこそ、是非とも心理学を味方に付けておきましょう。

        使ったら洗いなさい

        2020.08.26 Wednesday

        0

           

          手は洗うのに使った機材を洗わない人がまだ多いですね。どう見ても汚れてるのにタブを洗わないし、チェストガードもアームガードも洗わない。ハンドルもリムも洗わない。なのにハンドソープで手を洗って、ご丁寧に消毒までする異常さには呆れます。矛盾に気付くことができない頭脳なんですよね。自分が触れたものはすべて洗うのが基本です。汚染された頭脳をしっかり洗っとけっちゅうの(笑)

           

          実射で使ったサングラスも中性洗剤で必ず洗って下さい。テンプル部分のゴムやエラストマーが溶けてるような人や塗装が劣化してしまってる人がいますが、毎回洗っていれば5-6年は新品同様の状態を維持できます。汗と皮脂が化学製品に浸透して分解・劣化が進行するので「拭いただけ」という状態は絶対にいけません。

           

           

          泡ハンドソープを使ってサッと洗い流して拭き取るだけの事です。こんな簡単なことができないようではアーチェリーどころではありませんからね。使ったサングラスを洗わないのは、食後の食器を洗わずに再び使うのと同じです。そもそも基本を忠実に実行できない人は何事も大成できません。日本料理において包丁を研がない料理人が大成しないのと同じです。

           

          ハンドルやリムは毎回洗わなければならないほど直接手で触れるものではありませんが、それでも練習終了後には固く絞ったウエスで拭き取ります。普段の手入れが最も大切なのです。ムダに高すぎる機材を持っていても、私が見ると残念な使い方にしかなっていない人がほとんどです。本当に上手くなりたいのか、アーチェリーをしている格好だけがしたいのか、首を傾げたくなるような機材の状態ではいけません。あらゆるすべてを正しく学ぶことができていれば、そんな事にもなりませんが・・・。

           

          レンタルリムを止めてからしばらく経ちました。ほとんどの人が丁寧に扱って下さって、日本人の「他人から借り受けたものを大切に扱う」多くの心を感じます。中には酷い扱いのリムもあって、そんな扱いの悪い人に対して買い取っていただくやり取りをするのも嫌になって、レンタルリムは止めました。多くの方が「ホンマに使ったんか?」と思ってしまうほど状態が良いリムを返却されます。この差は一体何なのでしょうね。

           

           

          レンタルリムを良好な状態で返却される方の中には、とても丁寧にお礼状が同封されてる事もあります。発送と返却と言う事務的な手続きの中にも通う心があるのを感じます。

           

          アーチェリー用品の注文が増えて、レッスン申し込みに関する問い合わせも増えました。新規入会申し込みは今年度はまだ再開できません。このブログで再開の案内を出すまでしばらくお待ちください。

           

          用品類の注文に関しては、特定商取引法に基づく表記の頁を読んで内容を理解できない人は、当会に注文しないで下さい。読んだらわかる事に関する返信は一切致しません。「消費者センターに相談した」とか「警察に相談した」などのメールが届くことがありますが、これまで警察から連絡を受けたことはありませんし、消費者センターからの連絡は当会を発足してから1度しかありません。それも「チェストガードの左をメーカー取り寄せで注文したものが届いたが、右射なので右への交換はモチロンできませんよね?」というもの。消費者センターの方に同情しましたよ。消費者センターに寄せられる多くが注文者の読解力と理解力の足りなさによるものだそうです。

           

          完成矢をレターパックライトで送れというものもありました。特定封筒に矢を入れるって、アーチェリーで使う何インチの矢を買うつもりなのでしょう。宅急便の送料が高いというのもありました。私にはヤマト運輸株式会社の送料を決める権限はありません(苦笑)どうしてもと言うのなら着払いで送るので、最寄りの営業所に行って自分で送料の交渉をなさって下さい。まぁ、トラブルになるだけなので元払いでしか注文を受けませんが。

           

          それにしても「読解力」、無い人は無いのでしょうね。だから数字の意味を紐解くことができなくて、低俗なマスコミと一緒になってコロナ恐いと騒いでるのですからね。

           

          結局のところ、この経済崩壊ドミノを笑って見ていられる側に立つか、コロナに怯えて経済崩壊ドミノで倒されてしまうかは、学びのレベルの差でしかないのです。コロナ後は「普通の人」にとっては、究極に進化したAIと産業用ロボットの一般化の波が押し寄せることでの地獄が待ち構えています。

           

          そんな未来の中でしなやかにしたたかに成功できる人物になるために、私たちはあらゆる手立てで一人でも多くの人を救う取り組みを進めています。タイムリミットが過ぎてしまう前に、成功できる人にシフトしておきましょうね。

          2020特別サポート販売セット フーツラ限定企画

          2020.08.18 Tuesday

          0

             

            フーツラ限定セットの画像を新しくしました。本日出荷で明日お届けの方の中の1セットです。

             

            部活動でのアーチェリー購入が多くて、毎日のようにセットアップに追われています。セットアップと言ってもレスト貼ってセンター合わせるだけの簡単なことなので、本来は射手が自分で行わなければならないメンテナンスです。

             

            そうは言っても完全なる初心者は何が何だかわからないでしょうから、セットアップ希望者には、届いたセットを組んでノッキングポイントを付けたら、すぐに実射できる状態にまでセットアップして出荷しています。完全なる初心者でも機械に詳しくなくても大丈夫なので、ひと安心ですね♪セットアップ希望の方は一緒に、買いやすい価格帯のカーボン矢を、スパインを選択せず(※クラシックであれば2000の状態のままで)1ダースを注文して下さい。そこから詳細なやり取りが始まります。

             

             

            フーツラ限定企画のセットです。円安で仕入れ価格が高騰してますので、パッケージ内容を一部変更しました。本日からの注文分はクリッカーを付属させましたので、より内容が濃くなってお得になりましたね。

             

            5万円程度でこれらのアーチェリーセット一式が揃うのですよ。ハンドルはアルミ鍛造CNC切削の高強度高剛性機材で生涯保証付きの逸品です。このハンドルは今も私が自分用に気に入って使っています。競技用のハンドルとしては比較的軽い部類に入りますので、学生の身体への負担を最小限に抑えるために最適です。重たくしたい時期になったらロッドのウエイトを増やせばイイだけなので、最初からズッシリと重たいハンドルを使うのは勧めません。

             

            このセットを買われる方で、サイトをテックワンにアップチャージ変更される方も多いですが、実はあまり積極的にはお勧めしておりません。

             

             

            競技用サイト「テックワン」

             

            弓を買って最初の1-2年は、まず間違いなく機材取り扱いの所作がムチャクチャです。弓は倒すし倒されるし、駅や学校の自転車置場に並べられてるママチャリと、ほぼ同列の扱いです。弓を倒してしまうと、最もダメージを受けるのはサイトです。数万もの超高級カーボンサイトを使ってる人が結構多いですが、多くの弓に取り付けられてるソレは、なかなか悲惨な負傷の痕跡が見受けられます(笑)

             

            なので最初のサイトは、自分や他人から弓を倒されてサイトを破損されても困らない金額のサイトを装着して、弓を倒してサイトにダメージを受けてしまってから「次は絶対にこのような事をしてしまわない」と心に決めて(笑)次のサイトにステップアップするのがベストです。テックXに買い換えたら、凄すぎて感動しますよ。

             

            最初から何でもかんでも高い機材を買わないことは結構重要なのです。どうせ最初は扱いがマズいに決まってますからね(笑)

             

            本日は36℃。40℃近い高温で何日も過ごすと、このくらいの暑さは全然平気に思えてしまうのが面白いですね。昨年も38℃がずっと続いた後の34℃の日は涼しく感じた事ですしね(笑)

             

            それにしても、高温はコロナよりも危険で、熱中症は高齢者だけではなく、健康な人の命を簡単に奪います。熱中症になると、1週間から10日程度健康状態が芳しくない状態を引きずります。高温時のスポーツは極力控えて、涼しくて気持ちの良い場所での運動を心掛けましょう。

             

            アーチェリーショップで25万と言われてた予算を7-8万に抑えることができたら、浮いたお金でソコソコ贅沢できますからね(笑)お金は是非とも賢く使ってもらいたいものです♪