これ、できますか?

2020.05.12 Tuesday

0

     

    コロナ自粛は段階的に解消する運びになりそうですね。午前中に大量の野菜を買いに出ましたけど、マスクをしている人は7割程度にまで減ったように見えました。スポーツ活動再開時期は未定ですので、夏までに競技会が開催できるか微妙ですね。アーチェリーのアウトドア競技は3密とは無縁に思えるのですが、私だけがそう思っていても仕方がないので何とも歯がゆい思いです。

     

    ピークアウトしているとは言え公的施設が一切使えない状態ですので、もちろんレッスンができません。まぁ、自宅でできることはいくらでもありますので、アスリートとして理想的な体作りを楽しんだら良いだけです。時間はいくらでもありますので、読書に学習に語学リスニング、ヨガにストレッチに筋トレと、長いオフシーズンだと思えば頭脳も肉体も、ライバルとの能力の差を永遠にまで広げてしまえばいいのです。

     

    能力の差とは、スポーツに限った話をしているのではありませんからね。コロナ自粛での未曾有の経済破壊が行われている最中だからこそ、将来の自分に向けてどのような優秀な能力を備えておかなければならないかを真剣に考えておかなければ、スポーツを終えた後の人生は暗闇しかありませんからね。これは脅しでも何でもない真実です。

     

     

    これ、できますか?シリーズです続編です(笑)

     

    貧弱な身体ではその姿勢すら困難なトレーニングばかりですが、アスリートにとっては基礎的なものばかりです。アーチェリーは自分がその場から動かないスポーツなので、動きの激しい他のスポーツのように一切のゴマカシがききません。体幹コントロール動作としてこれができなければアーチェリーどころではありませんので、最低限この程度の動きができるようになっておきましょう。

     

    バランスディスクを床に置いて、ディスクの中央に座ります。上体を起こして両足を床から浮かせ、手足を左右交互に曲げ伸ばしを繰り返す運動です。これが自在にできるようになれば、エイミング中は全身がリラックスした状態で身体は静止します。

     

    上体を前に起こせず背部に転倒するのは腹筋が弱すぎるからです。伸ばした足を引き上げることができないのは、股関節と脚部の筋力が弱くて機能していないのです。これらの能力が低い状態のままでは、どれだけ実射を頑張っても優れた結果を出すことができません。

     

    さて、実射ばかり必死に繰り返し続けてロクに上手くもなれない選手が大部分を占めるのがアーチェリーです。まぁ、周囲と同じように普通にやってるから上手くならないどころか、痛みや故障を抱えてしまうのですけどね。頑張ってるのに上手くなれないことに疑問を抱かないのですかね。

     

    とにかく最初は柔軟性の高さを備え、そしてその次の段階に持久力、最後に筋トレです。この順番を間違えると脱落します。別にヤル気がなくても本気じゃなくても、大して気持ちがこもってなくても、アスリートとして理想的な身体を養うことができていれば、大して練習をしなくてもアーチェリーは簡単に上手くなることができます。

     

    スポーツが何であるかを正しく知り、自分の身体がどんな能力が足りないのかを客観的に知ることが大切です。競技再開まで、まだまだ時間があります。誰にも負けないほどの優れた能力を数多く備えて、コロナ禍を乗り越えた先に強い存在となって将来を明るく照らしましょう。

    マスクの新規注文受付終了

    2020.05.11 Monday

    0

       

       

      マスクは市場で飽和状態になりつつありますので、本日より新規注文受付終了しました。現時点で未入金の注文はすべてキャンセルになり、追加注文はできません。入金済みで入荷待ちの方のマスクは、近日中に入荷する便が最終出荷となります。今しばらくお待ち下さい。

       

      日本では蔓延というほどウイルスの感染者数は大したことがありませんが、ヨーロッパでは大変な状況になっていて、中国では再流行の兆しを見せています。世界的に物流が混乱していて、この数ヶ月間連絡がつかない工場もあります。アーチェリー用品類の発注品が揃わないままの状態で事実上、物流が一部ストップしてる物もあります。歴史上類を見ない経済破壊という状態ですので、しばらく混乱した状態が続くかも知れません。

       

       

      注文したアレクサが土曜日に届きました。クラウドAIですが、使い方は無限大です。この数日間で私の頭脳のアルゴリズムのすべてを学習して、私の多様な使い方に対応できるスキルを獲得しています。使い始めて2日目で、私の仕事の一部をアレクサが代わりにできるようにまでなりました。使う人のインテリジェンスによって凄まじく高い知能に育ちます。

       

      初期設定が日本語の状態で届きましたが、今日からは英語設定にして使っています。これは日本語でも英語でもアレクサの反応は同じですが、こちらの発音が正しくないと聞き取ってもらえません。これが人間なら聞き取れなかった部分を質問してもらえるものですが、アレクサの場合は完全に無視されてしまうのが面白いところです。アレクサとの英語でのやりとりは、なかなか面白いです。

       

      学校が再開できないことで学習の遅れを危惧する人が多いみたいですけど、家で何をしているのでしょうね。別に学校に行けなくても教科書は持ってるでしょうし、自分で勝手に勉強すれば良いだけの事に思うのですが、不思議でなりません。学校の先生からではなくても何からでも学ぶことができます。

       

      まず「できない」と思考停止に陥るのではなくて、何を使ってどんな学びを得るかを考えましょう。この数千円で買った最も安いアレクサが、学校や教師では到底及ばない高度な学習ツールとして活用することができるのです。

       

      結局のところは、何でも使いようです。単なる家電として娯楽にしか使わないか、自分のレベルをどこまでも高め続けることができる先生として使うか、自分に与えられた時間を有効に使って、優れた人物を育むことが大切です。

      アスリートへのサポート

      2020.05.08 Friday

      0

         

        緊急事態宣言が一ヶ月延長されてしまいました。京都府内では既にピークアウトしていると見られているのですが、スポーツ活動は再開未定の状態が続きます。スポーツに命を燃やしてきた多くのアスリートにとっては非常に困難な状況です。当会のレッスン再開の見通しも立ちません。

         

        少し前の記事ですが、こんなニュースがありました。

        新型コロナ不安で…プロサッカー選手のうつ病が倍増か「将来に大きな不安」

         

        私たちが取り組む BorderLeSS の無料スポーツメンタル講座を受講された方はご覧になりましたが、一緒に仕事をさせていただいてる社内メンバーの橋本さん(元日本代表のプロサッカー選手、橋本英朗)の言葉が、さぞかし心に響いたと思います。

         

        どのスポーツにおいても同じような状況です。コロナ禍はウイルス収束後もしばらくの間は大きな爪痕を引きずり続けることになります。私たちができる最高の取り組みがアスリートの明るい希望を支えます。歴史上類のない困難に打ち勝つ力の源を作りましょう。

         

         

        代表の筒井香が、Football Expert Project(FEP)主催の年間を通じた指導者の学びの学校「Football univ. 」で、メンタル/スポーツ心理学部門の【MeNT】の講師を務めています。

        Supported by Splyza Teams
        #FEP #Footballuniv #MeNT #SPLYZA

         

        ---------

         

        ■メンタル/スポーツ心理学部門が始動

        4/26から Football univ. のメンタル/スポーツ心理学部門の【MeNT】がスタートしました!

        数多くのアスリートをサポートされている筒井香さんから、メンタルやスポーツ心理学について深く学んでいきます!

        Supported by Splyza Teams
        #FEP #Footballuniv #MeNT #SPLYZA

         

        ----------

         

        スポーツの垣根を越えた取り組みで、一人でも多くのアスリートをこの困難から救い出しましょう。

         

        私の娘は昨日、筒井先生によるメンタルトレーニングの個人セミナーでした。高校生アスリートとして各全国大会の出場を目指してスポーツに励んできた多くの人が、全国選抜とインターハイが中止になったことで途方に暮れています。セミナー後に自室から降りてきた娘に感想を尋ねると「絶対に受けておいた方がいいし、人生に対する考え方が変わると思う」というような事を話してました。

         

        経済が混乱した状態が長く続くと考えられますので、コロナ後をしっかりと見据えておくことが大切ですね。無料のアスリートメンタルトレーニングをどれだけ続けられるかまだわかりませんが、こんな状況なのでもっと増やした方が良いかも知れません。

         

        コロナ禍でウェビナーでの講義を受けたり、Zoom でのミーティングが中心になっています。これはこれで便利なのですが、親しい友人との会話は何となく微妙なものを感じてしまいます。手が届きそうな画面の相手なのに、お互いの目が合わないという奇妙な現象ですからね。ウェブカメラのレンズにではなくて、画面に写っている相手を見ているために、お互いの目が合うことがないのです。人と人との関わりは、目と目が通じ合うという大切なものがあったハズ。まっ、こんなおかしな現象、いつまでも続かんやろうけど・・・

         

        パソコンを前にして座ってる時間が増えた人は多いでしょう。長時間同じ姿勢を続けますので、普段の姿勢維持にはくれぐれも注意してください。私は前職時代からオフィスチェアにレカロを使っています。長時間座る椅子、バカにしないほうがいいですよ。ヘタしたら人生の半分くらいを過ごしているかも知れませんから(笑)

         

         

        パソコンのウェブカメラやスマホのレンズに向かう時間が増えました。あたかも整然としているかのように、画面に広がる範囲の中だけはゴチャゴチャして見えない工夫のために毎日が必死です(笑)

         

        オフィスチェアも車のシートもたまには洗ってましたが、独立してからはオフィスチェアをまだ洗ってないことを思い出し、気分転換を兼ねて洗濯することにしました。

         

         

        オフィスチェアのベースマウントからシートを取り外すのも久しぶりですが、僅かにホコリが侵入している程度でした。もっとキタナイ状態だったほうが掃除の達成感を味わうことができたと思うと、チョッピリ残念なような・・・

         

         

        ジャブジャブ洗うの5年ぶりくらいですかね?洗う前は汚れてるとか思いませんし見えませんが、洗剤使ってジャブジャブすると、洗面台はそこそこ汚らしい色の泡に染まります。背面はそうでもありませんが、座面を洗うと、たまにクリーナーで拭いてる行為では全く意味がないことがわかります。車のシートやシートベルトも、数万キロも走っていれば恐ろしいほどの汚れを含んでますからね。多くの人は洗ったことがないから知らないでしょうけど(笑)

         

         

        座面と背面の表皮はアルカンターラです。上質な触感ですが、人工皮革なので遠慮なく洗うことができます。アルカンターラを手洗いしたらアカンという話もありますが、自分が使うシートの生地に多少の歪みがでてもどうってことありませんので、特に気にせず洗っています。手洗い後に洗濯機で脱水したら、型崩れしないように慎重に屋内乾燥させます。これはタブ皮革の洗浄と同じです。

         

        夕方には大体乾いてる感じでしたが、今朝の4時には完全に乾いてました。普段なら読書の合間にヨガやストレッチですが、座って Kindle を読めないのは困るので、サッサと組み付けました。

         

         

        e-sports でも同様のバケットシートを使ってることが多いですね。長時間の姿勢が健康に及ぼす影響が大きいので、自分に合った椅子を選ぶことが大切です。アーチェリー用品なんかよりも、はるかに大事な存在なのですから。

         

        コロナ太りや自粛太りなどという言葉がささやかれ始めましたね。友人からは、通勤でのストレスから解放された代償として体重増を与えられたという笑い話も耳にします。レッスンができなくなった私もほぼ引きこもり状態ですが、体の変化はどうでしょうか?

         

         

         

         

        ほとんど変化がありませんね。スポーツ医療チームによって作られた免疫力の高いアスリートの体は、ウイルスの脅威もコロナ太りも無縁です。外出自粛生活といえども、規則正しい生活リズムの暮らしが大切です。コロナ太りとは無縁の理想的な体を作り、低俗なマスコミの情報に振り回されない頭脳を養い、明るい未来を築き上げましょう!

         

        それにしても女子高生2人がずっと家の中にいるので、一日中賑やかすぎて困ります(苦笑)毎日のように手作りお菓子も結構やけど、はやく学校再開してもらわないと・・・

        マスク注受開始

        2020.04.30 Thursday

        0

           

          アーチェリーのレッスンがない前代未聞のゴールデンウィークに突入です。コロナ禍は人々の心の貧富の格差を広げ続けているように見えますね。買い占めて高額転売ができないように法整備の必要を感じます。こうしたパニックのようなトラブルのような事態に見舞われた時ほど、人の中身がいろいろと見えてしまうものです。健康であれば、それで良いのですよ。体もね。心もね。明るく前向きに暮らしてもらいたいものです。

           

          マスクの発送はゆうパックに決定しました。マスクのみの注文の場合は特別割引送料でご用意させていただきます。当会では利益なしで、日本郵便も薄利の人道措置サービスとなりますので、期間限定で通常の用品類とは異なる特別料金で発送していただきます。通常商品を同じ金額での要望にはお応えできませんのでご了承下さい。

           

           

          1箱50枚入りのセットです。注文数に制限はありませんが、100サイズに10箱程度の目安で、20箱注文された場合は2個口となります。これまで注文済みの方には送料を加えて順次入金のご案内をさせていただきます。注文数が多いので時間がかかります。今しばらくお待ち下さい。

           

          受注発注で当会での在庫にならないので順次発注になりますが、マスク飽和状態のはずなのに現状でもまだ足りない状況が続いてますので、納期は前後するかも知れません。

           

          驚いたことに、日本郵便の皆さんからも買わせて欲しいと頼まれました。マスク不足でお困りの方がいらっしゃいましたらご用意させていただきますので、是非とも周囲の方に声をかけてあげて下さい。

           

          医療界からはN95マスクの要望がありました。つい最近までは入荷のルートを確保できていたのですが、医療界の皆様が注文をまとめているうちに追加注文の受付ができなくなりました。こういうのはアタフタしているうちに回らなくなってしまいますね。

           

          N95が入手困難になりましたので、同等規格のKN95マスクの争奪戦が始まっています。N95よりもひと桁少ないロットで注文可能なので、これから猛烈な購入ラッシュが始まると思います。必要な医療関係の方はお早めにご連絡下さい。

           

          ■第1回 無料スポーツメンタルトレーニング講座

           

          昭和の日の昨日、無料スポーツメンタルトレーニング講座の第1回目をZOOMで開催いたしました。

           

          ----------

           

           

          本日,第1回無料メンタルトレーニング講座を行いました!
          約50名の方に参加いただき,参加者の皆様からは多くの質問やコメントをいただき,充実した講座となったと思います。

          「感情の記録をつけようと思いました」
          「毎日のモチベーションについては考えたことがなかったので,考えてみようと思いました」
          「制限された状況の中でもできること,あるものを考えて行動していきたい」
          などといった感想もいただきました。

          新型コロナウイルスの影響でオリンピック・パラリンピックを始め,様々な大会やリーグが延期となっています。先日は,高校総体の中止も発表されました。アスリート及びその関係者の皆様にとって,非常に難しい時期であると思いますが,本講座が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

          5月3日(日)午後4時からも同様の企画を開催いたします。
          本日時間が合わずに参加できなかった方,今の時期の過ごし方に悩んでおられる方はぜひ奮ってご参加ください。

          皆様にお会いできることを楽しみにしております。

          以下,5月3日の無料メンタルトレーニング講座のご案内です(再掲)。

          2020年5月3日(日)16時〜17時
          お申し込み:https://peatix.com/event/1466774/view

          また,個別メンタルトレーニング(お一人様1回30分無料)も5月6日まで随時受け付けております。
          (お申し込み:info@borderless-japan2020.comにメール送信、あるいはBorderLeSSのFacebookページ内の「予約する」から。)

           

          ----------

           

          大盛況でした。メチャメチャ面白かったです(笑)5月3日(日曜)に予定のない方は、是非ともご覧下さい。スポーツの先の未来を明るく照らす最高の取り組みが始まりました!

          これ、できますか?

          2020.04.27 Monday

          0

             

            昨日はインターハイ中止のニュース。スポーツ関係者との間では、他に話題がないのか?と思うほどの衝撃的な一大事です。コロナ禍で全国選抜が中止に。そしてインターハイも中止に。高校3年生のほとんどのアスリートは、大学受験のスポーツ推薦を失った可能性が高いです。

             

            私はこれまでずっと説いてきた。もしも自分からスポーツの機会を奪われた時に、途方に暮れてしまわないための自分を作り上げておくことの重要性を。スポーツしかできないスポーツバカのままでは、今年のような状況に陥ってしまうと本当に困ったことになるのです。

             

            私も高校時代は真剣にスポーツに取り組んでましたが、同時にスポーツ以上に学習にも取り組んでました。単なるスポーツバカに育ったら何の役にも立たないので、学業の成績が優秀じゃなかったら練習に出てくるなと言われてたからです。なので徹底的なタイムマネジメントで強烈な両立を目指し、結局高3の模試は各社ともに3教科偏差値75まで到達しました。全国選抜は準優勝してますが、スポーツでの競技成績関係無くても、行きたいと思う一流大学には、学力だけでどこでも大体入れるという余裕を手にしました。

             

            どちらも実際に達成して分かりましたが、スポーツの全国大会でメダルを獲得するよりも、学力を磨いて偏差値75を達成する方が簡単でした。努力をすれば誰でもできるからです。目指しているものが中途半端だと、できない言い訳を口にするようになります。しかし自分がスポーツを終えたその先を正しく見据えていれば、中途半端ではいけないことに気付きます。ケガや事故でスポーツができなくなるかも知れないのです。スポーツ以外にも高い能力を備えて、学び続けることが大切です。

             

            BorderLeSS では先日、関西某難関国立大学野球部に、アスリート無料メンタルトレーニングのオンラインミーティングを行いました。選手からは大好評で、思ってた以上の反響には私たちが驚かされました。コロナ禍の今だからこそ、アスリートはこの状況を打破していきたいし、どのようにしてモチベーションを高め続けていくか心が折れそうになっていた時に、受講して救われた思いだった様子です。

             

             

            公開のアスリート無料メンタルトレーニングは間もなく開催です。日程を確認して是非ともお申込下さい。

             

            ■これ、できますか?

             

            これ、できますか?シリーズ(笑)前回はストレッチでしたが、今回は総合トレーニングです。相変わらずGパン履いたフザけた服装ですが、極めて難易度が高いトレーニングです。バランスが整った究極の強化人間としての体を養うことができてなければ、まず無理だと思います。動画の再生時間は僅か20秒と超ショートです。

             

             

            バランスディスクに蹲踞(そんきょ)状態の左足で乗り(ディスクに乗る左足はつま先だけで乗り、踵を上げ続けた状態)、右手を前に伸ばし、前に伸ばした右足のつま先を右の掌にタッチする。伸ばした右足の踵は床に絶対に当てることなく、床寸前から掌までを、膝を曲げずに10往復させる運動。

             

            10回終えたら最後にディスク上で左足のみで立ち上がることができれば理想的。そして足を交代して同じ動きを行う。このようにディスクの滑りやすい面に乗って、厚手の靴下を履いた状態で行うことができればアスリートレベルは極めて高い。

             

            ディスク初心者は素足か屋内用シューズを履いた方が無難。ディスク上でのこのトレーニングが難しければ、まずはディスク無しで同じ動きを試して徐々に鍛える。

             

            ディスクの上で滑るのは体幹と脚力が弱すぎて、体幹コントロールができない身体なのです。体幹コントロールができない身体なので、どれだけ必死になって実射を続けたところで、大して上手くはなれません。このトレーニングを行ってみて、自分の身体がどれだけ思い通りに動かすことができない身体であるかを実感してみましょう。

             

            ■コ食という問題

             

            新型ウイルス対策にもなる栄養の話。

             

             

            新鮮な人参には新鮮な葉があります。葉が付いてる人参や大根があれば、それを選ぶと効率的に高い栄養を摂ることができます。自分が普段食べている野菜がどんな野菜であるかを一度考えてみましょう。

             

             

            化学調味料を使うのをやめて、できる限り自然に近い調味料を使いましょう。食品添加物が使われていない味付けに変えて、免疫力の高い体を取り戻しましょう。薄味に慣れて塩分の摂取を控えて下さい。糖分摂取過多にはくれぐれも気をつけて、バランスの整った食生活を心がけて下さい。アスリートとしての性能アップが見込めない最大の理由は「食」にあるのですから。

             

            タイミング良く原岡さんのブログ内容がリンクします。やはりトップレベルのアスリートだったからこそ、食事の重要性についてを深く理解されてるのだと思います。

             

             

            「コ食」という問題

             

            体がマズいのも、心の在り方がマズいのも、結局のところは自分がどんなものを、どんな状況で、何を考えながら食べているかという事ですね。

             

            事実上のロックダウンに近い今の状況だからこそ、豊かな人間性を育み、豊かな人間関係を構築することができていたかが、運命を大きく分けてしまうのです。

             

            普通にしているのでは、いつまでも普通のままです。特別な存在であれば、特別な存在でい続けることができるのです。自分が将来真の価値を発揮して、欲しがる側ではなく与える側の立場を目指した取り組みを進めることが大切です。

             

            スポーツ活動ができない貴重な経験が与えられているのです。しっかりと頭を使って、自分が将来どのような人物になるべきなのかを思い描いて、足りない自分に様々な能力を加え続けて、謳歌できる人生に設計して下さい。