スポーツ医療チームのフォローと加速度センサーでの測定

2017.06.14 Wednesday

0

     

    昨日まで東京にいたと思えば、今日は関西です。今日は、けいはんな地域でのレッスンでした。スポーツ医療チームによる加速度センサーでの測定と、立位における体幹部の筋肉の状態をエコー(超音波測定器)で測定し、触診で体の状態を詳細にチェックしました。今回はスポーツ医療チームの先生方4名にお越し下さいました。竹岡先生と深谷先生は東京秋津の店舗にお越し下さり、加速度センサー解析の説明をしていただきました。いつも本当にありがとうございます。

     

     

    今回の加速度センサーでの測定は前回とは内容が異なります。骨格各部の状態が発射の際にどのような動きをするのかを測定するのではなく、射に必要な各部の筋肉を疲労させて本来の能力が発揮できない状況を作り出し、疲労の蓄積によって、内部でどのような変化が生じるのか、それが各人どの程度の本数から始まるのか、疲労が蓄積して本来の筋肉が正しく使えなくなってきた場合に、サイレントピリオドが発生するのかしないのか、などなどを多角的に調べます。

     

     

    今回は筋肉を強制的に疲労させるのが目的ですので、短時間で多くの射をこなします。自分のペースで射つのではなく、スポーツ医療チームの指示通りに射をこなしていきます。1回の矢取りに6射するのですが、「1本目、お願いします」「2本目、お願いします」「3本目、お願いします」といった具合で、ハイペースで淡々と進みます。前後の人と射のペースをずらすことも許されず、「お願いします!」と言われると4人が一斉に引いて射ちます。弓を置いたらすぐに次の射の指示が出されます。1分30秒程度で6射するようなペースです。それがずっと続きます。クリッカーが鳴らないなど言ってる場合じゃありません(笑)

     

     

    各自で採点しようと思ってたのですが、採点している時間内に筋肉の疲労が回復してしまいます。なので各自の得点は6射ごとに、スポーツ医療チームがすべて順番に画像に記録していきます。加速度センサーの測定数値と実際の得点を照らし合わせて、その射の時に外から見えない身体の内部でどんなことが起きていたのかを調べます。毎回画像に収められてしまいますので、テキトーな射で単に本数をこなすようなことをしていたら、たちどころにバレてしまいます。私たちが的に着くまでの間に走って撮影されてました。本当に休む間もありません。

     

    矢を抜いてシューティングラインに戻ったら、「1本目、お願いします」と始まります。それを108射繰り返します。射と射のあいだに、深呼吸する間もないほどです。さすがに60射目あたりから、身体の動きが鈍くなってきたのを感じます。今回は学術研究のために行なっているものです。スポーツ医療チームがいない時に、このような練習をしてはいけません。

     

    加速度センサーで測定した際に使用した的紙は、名前を書いてスポーツ医療チームに提出です。加速度センサーでの数値と検証の結果が楽しみですね。

     

     

    今回はエコー(超音波測定器)を使って、ドローイングの際の胸郭の安定に重要な役割を果たす筋肉の状態を調べました。今回は測定する場所が体育館でしたので、測定は男性のみです。

     

     

    そして身体を理想的な状態に近づけるために、スポーツ医療チームの理学療法士の先生に、身体の状態を詳しく調べていただきます。骨格各部の可動域や、筋肉の状態を調べることで、どうしてエイミング中の引き付けがうまくいかないのか、ドローイングの際に身体にねじれが生じてしまうのか、肩甲骨のポジションが定まらないのか、上腕骨がそんな動きになってしまうのかなど、様々な事が分かります。練習しているのに思うように上手くならない、そんな情けない身体になってしまってはいけません。

     

    この数ヶ月の京都-東京の激しい往復のせいもあるのでしょう。私の身体にも異変が見つかり、時間をかけて調整していただきました。そういった異変は痛みや故障につながりますので、こうしたスポーツ医療チームの加護を受けることで未然に防ぐ取り組みが大切です。日曜日は東京でのスポーツ医療チームのレッスンです。前回の東京での加速度センサーの検証データを見るのが楽しみですね!

     

    そうそう、今日の加速度センサーでの測定実射から、WNSのウッドカーボンリム、プレミアムアルファカーボンを使い始めました。感触を確かめる余裕もないほどハイペースで射ち続けさせられましたが、ウッドコアと思えないほど、しなやかで扱いがスムーズなリムですね。これがこの値段で買えるなんて、本当に凄い時代になったものだと思います。今週末の東京レッスンに持って行こうか、どうしようか・・・

     

    リムとストリング以外は、特別サポートセットと同じ内容です。矢はコンポジット完成矢のピンノック仕様です。こうした買いやすい価格帯の製品を使ってますが、加速度センサーの測定結果には、使っている道具のグレードは一切反映されません。言い換えれば、身体の状態が良くないのであれば、どんな高額な製品を使っても意味がないということです。

     

    ちょうど今は、新入生がアーチェリー用品を揃える時期です。道具に最初から何十万もかけるようなことはせずに、まずは身体を理想的な状態に仕上げることから始めましょう。

    プレミアムαカーボン

    2017.06.08 Thursday

    0

       

      WNSの新製品カーボンリム、プレミアムα(アルファ)です。

       

       

      プレミアムαはウッドコアのカーボンリムで、SFのプレミアムカーボン+(プラス)の後継機種に相当します。カーボンリムでありながら、17,280円と買いやすい価格帯なのが嬉しいですね。ここ数年はこの価格帯の製品が過激です。よほどのトップレベルでない限り、値段は性能と関係のない時代です。

       

        

       

      お星さまがエイミングしているようなロゴがカワイイです。球体のようなものは地球でしょうか。世界を制覇するようなイメージを抱かせますね。WNSのリムはWIN&WINなので、性能にモンクはないでしょう。

       

      段階的にレンタルのリムを使い分けて上達を果たして、最初に購入するリムとして素晴らしい性能を誇る製品だと思います。SF時代にはプレミアムカーボンウッド→プレミアムカーボン+と進化を遂げてきた製品で、価格に見合わない優れた製品として世界中で高く評価されてきました。日本の多くのアーチェリーショップが扱いたがらなかった理由はただひとつ。販売単価を大幅に引き下げてしまう、店側にとってあまりにも都合の悪すぎる製品だったからです。

       

       

      今シーズンは実射の機会も多いので、66-42を使ってみます。コアが竹製のキネティックのバンブーカーボンリム(同じく66-42)と使い比べて、じっくりと味わい尽くしてみたいと思います。SFのカーボンもグラスも凄まじく良かったですから、WNSの製品もどうせイイに決まっているのす。そうでなければ直轄のブランドにはしないでしょうから。2017年は楽しみな1年になりますね♪

       

      さぁ、みんなで使って、上達を果たしましょう!

      アバロン完成ストリングの製造メーカーと的紙

      2017.06.04 Sunday

      0

         

        ■完成ストリング

         

        アバロンの完成ストリングはその安さもあって、在庫になるヒマがないほど売れています。完成ストリングのメーカーに関するご質問が多く寄せられますので、販売ページに明記させていただきました。

         

         

        アバロンの5種類の完成ストリングは、FLEX社が製作しています。すべて強いテンションをかけた状態で専用のストリング製作機械で製作しています。アバロンのストリングはすべて、Sサイズのノック溝対応になっています。

         

        最近はSK75ダイニーマとFF+を使い分けてますが、どちらも申し分のない性能と品質ですね。完成ストリングの販売量の増大に伴って、ストリング製作依頼は激減しました。756円と864円ですからね。これらの価格は、メーカーからの卸価格・ベルギーから日本までの送料・税金・通関手数料・(東京の店舗で販売する本数分の京都-東京への送料)・利益が含まれています。ストリングの価格の真実がいかに凄まじいものか、おわかりいただけると思います。このFF+のヨーロッパでの定価は8ユーロ(1,000円程度)です。実勢販売価格は当会とさほど変わらないのではないでしょうか。

         

        ■デカットのプランジャー

         

        人気のデカットのプランジャーのレッドが、メーカーで完売しています。レッドは当会に20個程度の在庫がありますが、欠品した場合は次回の入荷時期が未定です。他のカラーは大丈夫です。ブルーは当会の在庫が間もなく欠品しますが、次回の入荷便で届きますので、それほどお待たせすることはないと思います。

         

        ■ダネージの練習用的紙

         

        18m40cmサイズの練習用的紙をレッスンで使うことがありますが、ご要望が多く寄せられましたので一般販売させていただきます。※公認競技会では使うことができません。

         

        6スポット非公認。1枚66円。

         

         

        3スポット非公認。1枚54円。

         

        本来は18m用ですが、近射での射ち分けに使ってもいいでしょうし、これらを使って30mの距離を射つという、スパルタンな練習に使うもヨシ。工夫次第で可能性を無限に広げ、レベルアップに活用してみましょう。

         

        ■的紙 番外編

         

        今日は午前中に実射の練習をしてみました。店内ですので2.5mの近射です。

         

         

        古い的紙の端を切って、裏にダイソーで買ったドット柄ちよがみを貼ったものです。ドットのサイズはカーボン矢のシャフト径とほとんど同じです。

         

        この練習に取り組んだことがある人なら、このドット射ちの大変さがわかると思います。サイトピンをドットに正確に合わせて、そのタイミングに合わせてクリッカーを鳴らします。クリッカーが鳴って矢が放たれるまでの間にもサイトピンがドットから離れようとするのが正しく見える人は、かなりの高いレベルでサイトピンを見切ることができています。

         

        遠くの距離の的を射つといっても、70mしかありませんし、的の直径は122cmもの大きさがあります。10点の直径は12cmもあります。こうしたドットにサイトピンを合わせることに慣れていれば、的のゴールドにサイトピンを合わせることなど、造作もないことなのです。

         

        サイトピンをドットに正確に合わせることができないのであれば、リムのポンドが強すぎる、またはスタビライザーのウエイトが多すぎる、またはその両方です。近い距離で正確なことができないのであれば、遠くの距離ではそれが増幅されます。矢のグルーピングのサイズというものは、自分から的に向かって円錐状に広がっていくからです。

         

        私も最初の36射の中で、6射全的中は1回だけで、他は1本ずつ的中を逃しています。後半の36射は6射全的中3回で、他は1本的中を逃しています。このドット射ちを練習してみると、距離を射つ普段の実射練習が、どれだけ漫然と単に数をこなすだけのものになっているかが身にしみると思います。

         

        自分が放つすべての矢が黄色に収まらない理由が何であるか、この小さなドットが教えてくれます。まずはこうした手の届く範囲の中で、自分のできる最大限の取り組みが大切です。

        6月の営業日 ポイント入荷続報

        2017.05.31 Wednesday

        0

           

          5月のレッスンは20回でした。昨日けいはんな地域に帰ってきたら、明日は東京へ移動です。たまにはゆっくりしないといけませんね(笑)

           

          土曜日に引き続き、今日のレッスンでも特別サポート販売の弓を使いました。新しいハンドルですが、ちょうど慣らしが終わったような具合ですね。コントローラブルで実によく当たります。使っていながら、これが3万円のセットであることが信じられないような思いがします。本当に素晴らしい時代になったものだと、つくづく感じます。

           

          日曜に行なわれた東京でのスポーツ医療チームのレッスンでは、加速度センサーの測定データを一部説明して下さり、レッスンの内容がますます充実していきます。6月は、けいはんな地域でのレッスンで、加速度センサーを装着した状態で100射程度の連続した実射を行います。各自の疲労が進むに従って、身体がどのように変化していくかを測定して、外観からは見えない部分のウィークポイントを探り、研究課題として検証していただきます。

           

          ■ポイント入荷続報

           

          TOP HAT の ACE・テックワン用のブレイクオフポイントが入荷しました。90-100-110グレーンと、60-70-80グレーンの2種類です。

           

           

          ACE・テックワン用ですが、多くの種類のカーボン矢に対応できる、汎用性の高い高精度ステンレス製ポイントです。TOP HAT 製のテックワン・クラシック用のポイントと混ぜてしまったら、見分けるのが大変なくらいです。

           

          ACE・テックワン用もテックワン・クラシック用も、どちらも矢回しをすると手のひらに刺さりそうなほど尖っています。確実なクリッカーチェックと、自由自在のクリッカーコントロールのために、こうした先端が鋭利なポイントを使うのも面白いでしょうね。この尖った先端を見ているうちに、自分でも作ってみたくなりました(笑)何か矢を作って、これらのポイントを使ってみようと思います。1ダース分で1,944円、高精度な製品の割に安いです。

           

           ■6月の営業日

           

          東京秋津店の営業日と営業時間のご案内です。当会はレッスン主体での運営をさせていただいておりますので、店舗は限定的な営業とさせていただいております。ご了承ください。

           

          2日(金曜)15-20時

          3日(土曜)15-20時

          4日(日曜)15-20時

          9日(金曜)15-20時

          10日(土曜)13-17時

          11日(日曜)15-20時

          17日(土曜)15-20時

          18日(日曜)18-20時

           

          日程や営業時間に変更がある場合は、ブログで告知させていただきます。

          よろしくお願いいたします。

           

          新しいアーチェリーと TOP HAT の高精度ポイント

          2017.05.27 Saturday

          0

             

            今日のレッスンから、私がけいはんな地域でのレッスンで使う弓を新調しました。

             

             

            3万2,400円の特別サポート販売セットです。自分用にリムをレンタルする必要がないので、発注しているWNSの新しいリムが入荷したら(いつになるやら・・・)、それを使う予定です。今日はひとまず自分のリムを使いました。サイドロッドにはダンパーが付属しませんので、ダンパーを2個追加しました。ダンパーは1個648円です。あってもなくても的中には関係ないのですが、自分の身体がダンパーの感触に慣れてしまったので装着しています。

             

            レッスンの合間にプランジャーを合わせながら何度か射っていると、30mで56点を下回らなくなりました。8点を射っても56点以上を連発します。レッスン受講生の皆さんに取り囲まれるような状態で、デモンストレーションさながらの実射テストでした。

             

            まだセッティングが煮詰まった状態ではありませんが、競技で十分高いレベルで戦うことができる、戦闘力の高さを持っている機材であることがわかります。今日使った矢はアバロンのコンポジット完成矢(1ダース4,320円)ですが、自分がよほどのミスをすることがない限り、ゴールドを外すようなことはありません。こうした買いやすい価格帯で優れた的中性能を誇る製品を使って、多くの方に経済的なアーチェリーライフを送ってもらいたいものです。

             

            少し前に入荷してたのですが、紹介するヒマもないほど忙しくしているうちに、時間が経ってしまいました。アバロンの TOP HAT 製の高精度ポイントの入荷が始まりました。

             

             

            TOP HAT の品質の高さは、世界中の多くのアーチェリー選手が認めるところです。この TOP HAT 製のブレイクオフポイントはアバロンのテックワンシリーズですが、シャフト内径が同じのクラシック・タイロ・コンポジットにも使うことができます。内径が同じシャフトであれば、装着することができる汎用性の高い製品です。

             

            スパインごとに5種類と、きめ細やかなラインナップが嬉しいですね。税込み価格は 1,944円と安いです。精度の高い製品が必要な上級者にとっては、なくてはならない存在になるでしょうね。

             

            明日は東京でのスポーツ医療チームのレッスンです♪ レッスン受講生の皆さんの身体の状態がどんどん進化していくのを、本当に嬉しく思います。