専門家から正しい身体の使い方を学ぼう

2018.10.14 Sunday

0

     

    昨日はけいはんな地域でのスポーツ医療チームのレッスンでした。朝は肌寒いほどでしたが、最高気温は21度と絶好のスポーツ日和でした。レッスン会場では親子農業体験収穫祭をやっていて、とても賑やかな雰囲気の中でアーチェリーを楽しむことができました。

     

     

    クイーバーの中には新製品の超高速カーボン矢スカイロンを携えています。レッスンの合間に何度か実射して感触を確かめようと思って、クイーバーの中には12本の矢を入れてました。しかしものの数射で極細の高速矢の扱い方が分かりましたので、その分指導に時間を割くことができました。

     

     

    午前中は講座室の中で一人一人の身体の状態を、スポーツ医療チームによって時間をかけて入念にチェックしました。良好な状態の人には更に優れた状態へとコンディショニングを行い、仕事や日常生活によって身体に見受けられる何らかの点を抱えた人にはその原因を探り出し、最高の状態でスポーツ指導を受けることができるためのアスリートとして理想的な身体を養います。

     

    午後からは屋外で実射を伴うレッスンです。肩甲骨を下制した状態で引き寄せる動きのメカニズムは同じなのですが、トレーニングの状態や筋肉の付き方のバランス、それに作用させる順番などは誰もが同じ状態というワケではありません。同じことを学んできても脳→神経→筋肉への指令のメカニズムや各部へのオペレーションの仕組みが個別に異なるからです。

     

    そのため肩甲骨の安定と上腕骨の動きのための意識のポイントがどこにあるのかを、スポーツ医療チームによって実際に調べてもらいます。午前の触診の状態を鑑みて、射の安定と実際のグルーピングのサイズの変化を調べることでその人の最良のポジションを特定します。そして筋力と筋持久力の状態に合わせてトレーニング指導が加わります。力を加えなければならない部分や、力を抜かなければならない部分などが詳細に調べ上げられ、身体の状態を理想的に仕上げていきます。

     

     

    そうして骨格と筋肉の動きを理想的な状態にしていくと、当てようとしなくても自然に当たるようになっていきます。するとレッスン受講生の方はロビンフッド(継ぎ矢)です。1射目をゴールドに的中させて、2射目で継ぎ矢です。これは見ていた私たちもビックリしました。かつて継ぎ矢を量産しましたし、何kgのノックを消費してきたかわかりませんが、2射目で継ぎ矢は私も経験がありません。私を追い越すのは時間の問題でしょう。本当に素晴らしいですね。

     

    骨格のポジションと正しい身体の使い方のデモンストレーションのために、全員の前で実射をすることになりました。肩甲骨を制御するメカニズムと上腕骨を使うための筋肉の使われ方を、その動きを見ながら海江田先生が解説します。「○○さんはここの部分に注意をしながら」「○○さんはこんな感じで円を描くように意識して」などと、一人一人の状態にピンポイントで指導を行います。全員に一律の指導などほとんど意味がありません。動きだけを見せて「こうしろ」と言っても、それだけでは誰もできるようにならないからです。

     

     

    デモンストレーションの3射で30金です。矢が細いのでどこに的中しているのか分かりませんでしたが、的まで行ってみると30金でした。実射の練習など一切してませんが、まるで当たり前のように当たります。今では私が射つのはレッスンの最中にデモンストレーションを行う必要がある時だけです。正しい身体の使い方を解説していただいてる時に正確な射を披露してますので、矢はサイトに装着したファイバーオプティックのドットを覗いた先に正確に的中するということなのです。

     

    シャフトはスカイロン3.2の最廉価グレードの矢(パフォーマ)です。はっきり言ってこれで十分。001の真直精度の矢なんて、何を使っても黄色を外さないレベルになってからでイイのです。射手の精度を高めるために必要な、本当に正しい努力の方法を学び、それを完全に自分のものとして会得することが大切です。機材だけは超一流でも、身体が二流や三流では、永遠に的外れのままなのです。間もなくオフシーズンに突入しますが、自分がどうなりたいのかを決めて行動することが大切です。

     

    スカイロンに関してはハイスピードカーボン矢にありがちなアクションに対する過剰なレスポンスが少なく、とても扱いやすい部類に入ります。長距離でのサイト高さ稼ぎがフォームへの悪影響を最小限に留めてくれるでしょう。取り掛けとリリースがマズイ人が使わないほうがいいのはカーボン矢全体に言えることですので、基本的なテクニックは初心者のうちにマスターしておいて下さい。後に直すのは本当に大変で、自分では直せなくなる場合がほとんどです。

     

     

    レッスン終了間際に、親子農業体験収穫祭を主催の方から焼き芋を頂戴しました。本当にありがとうございます。スポーツの秋ですが食欲の秋。美味しくいただきました♪

     

     

    アーチェリーに必要なのは気合でも根性でもなく、リラックスです。アーチェリーほどアスリートレベルが低く、大して力も使わず、誰もが簡単に上手くなるスポーツは他にありません。上手くならないのは取り組み方に根本的な誤りがあるからに他なりません。どんなスポーツでも我流では芸が知れてます。

     

    どれだけ練習しても上手くならないのは、使ってはいけない筋肉を緊張させて、骨格各部を誤った位置に誘導しまっているからです。気合を入れたり渇を入れたりすれば当たるようになるのであれば、誰も困ったことにはなりません。2つとない自分の身体をアスリートとして最高の状態にするために、スポーツ医療チームの指導を受けることが大切です。

    40トンカーボン製の競技用カーボン矢 スカイロンアーチェリー

    2018.10.12 Friday

    0

       

      SSAが誕生させた新たなカーボン矢ブランド「スカイロンアーチェリー」から、40トンカーボンで製造した競技用カーボン矢3ラインナップが届きました。これまでコンポジット・ハイブリッド・タイロ・クラシック・テックワンなどを使って上達を進めている方にとって、次のステップアップとなる買い換えに最適な超高速カーボン矢です。

       

       

      こちらがスカイロン3.2の3シリーズ。左からPARAGON・PRECIUM・PAFORMA  です。PRECIUMは造語のようですね。そのうちメーカーに聞いてみましょう。

       

       

      同じ並びのまま反転させるとスペックが記載されています。左から001・003・006という表記です。真直精度の範囲を示すものです、006には12本すべて006の曲がりというワケではありません。006以内の精度のものが含まれている可能性があるということです。どれも同じ製品として製造されている同じシャフトの中から、より精密度の高い検査をしたかどうかという証明です。003や006は、検査で見つけた曲がったシャフトばかりを集めてパッキングしているのではありませんので、誤解しないで下さい。

       

       

      パッケージを空けるとこんな感じです。超高速シャフトが激安なのですが、クオリティの高さは高級ブランド他社製品と変わりありません。シャフトの実際の真直精度はどれも素晴らしいものがあります。ポイント・ノックピン・ピンノック付属の状態で販売をスタートいたします。003はそのうちシャフトセットでご用意させていただきます。

       

       

      シャフトに巻いてある紙にはシャフトのスパイン毎に使用ポイント重量が記載されています。

       

       

      裏側はスパイン表になっています。適正スパインは同じ条件であれば誰もが同じというものではなく、射手の技術の習熟度合いによって異なりますので、数種類のスパインを試してみないと何が合っているのか理解できません。ですのでいきなりACEやX10のような超高額な矢を使うことは賢いお金の使い方ではありません。ずっとそう伝えているにも関わらず、ACEやX10の注文が寄せられます。当会の売上を上げて下さるのは有り難いのですが、「本当にイイの?その買い物」という人が多すぎるように思えてなりません。こうした買いやすい価格帯のシャフトを使って、様々なスパインを試して上達を果たすことが大切です。

       

       

      こちらが最廉価グレード006のパフォーマです。シャフトの真直精度はこうしてシャフトを密着させて並べてみると、002以上のシャフトが1本でも含まれているとシャフトとシャフトの間に隙間ができますのですぐに見つけることができます。この状態で全体を左右に転がしても一切の隙間ができない状態で転がりますので、この最低価格帯のパフォーマーは非常に優れた製品であることが見て取れます。

       

      グレードの低いアルミシャフトであれば曲がりを修正することができました(高グレードのX7やプラチウムはそもそも曲がっていない)が、カーボンシャフトは一切修正することができません。もしも見つけた場合でも、気にせずそのまま使いましょう。ちゃんと普通に当たります(笑) VAPのV6(006)もアバロンのタイロ(007)もそうでした。これらはよほどの上級者でもなければ、競技会で普通に高得点を出すことができる精度の範囲です。グルーピングが小さくならないのは、身体の精度が低いからなのです。

       

       

      こちらが専用ブレイクフポイントです。シャフト内径3.2mmとインサート部分は極細です。なかなか緻密で精巧な作りになっています。その分、クラシック・テックワン用のポイントよりも高価です。

       

       

      シャフト内部をクリーニングしてインサートピン・ピンノック・ポイントを装着します。ブレイクオフポイントはインサート部分をカットしてポイント重量を調節しますので、瞬間接着剤やエポキシ接着剤で接着してしまうと、シャフトを焼かないとポイントを引き抜くことができません。そのためブレイクオフポイントの装着はカーボンシャフト用のホットメルトで接着します。よく見るとポイントの先端部分にレーザー刻印されています。こちらのポイントには48-100と記されています。何射かすれば消えてしまいそうですね。

       

       

      極細の超高速アローということで、羽根はAAEが世界に誇る競技用軽量ヴェインWAVです。6連フレッチャーを使えば1ダース分の羽根を貼るのも30分くらいです。接着剤はAAEのMAXBONDを使っていますので、クランプしたヴェインに塗布してガイドに合わせてシャフトに当てれば瞬間的に接着が完了します。両面テープでフィルムヴェインを貼る半分以下の時間で確実な位置にキレイに接着することができますので、こうしたフレッチャーを使って接着剤を使う羽根がオススメです。これに慣れたらフィルムヴェインの作業時間がバカらしく思えます。

       

      矢が過密にグルーピングするようになるとフィルムヴェインは簡単に痛んでしまいますし、管理と運搬に神経を使わなければならず疲れます。スピンウィングなどの柔らかいカールヴェインは、ほとんどの人は管理のマズさで羽根を痛めてしまい、得点を大幅にスポイルさせてしまっています。カールヴェインを使わなければならない理由などありませんが、どうしても使いたいのであればカーリーヴェインやXSウィングスのような硬めのタイプにしたほうがイイでしょう。AAEのWAVは羽根がフィルムと違ってゴムなので痛みが少なく驚異の耐久性の高さがあります。どちらも的中性能は同じですので、管理に神経を使わなくて済むこちらの製品がオススメです。

       

       

      ここ数年はメーカーが羽根を貼って出荷したメーカー完成矢ばかり見てきましたので、ショップ製作の作業が新鮮な気分です。的中精度に一切関係ありませんが、メーカー完成矢とショップ完成矢の作業の完成度の高さや仕上がりの美しさは、やはり全然違います。まぁメーカー完成矢であっても、しばらく使ってから自分で羽根を貼り換えたらイイだけなんですけどね。

       

       

      シャフトが極細でポイントがスリムなので、前面投影面積が小さいため空気抵抗が少なく、同じ強さの弓から発射するとスピードが高く、グルーピングの的中ポイントが上がるためにサイトが上がります。サイトが上がると低く狙うために弓を持つ上腕骨の角度が低くなりますので、肩への負担を減らすことができます。低いサイトの状態で無理して腰に角度をつけてしまうような負担のきついフォームに陥ってしまう心配もありません。距離を射つようになった選手が蒙る恩恵の高さは計り知れません。

       

       

      左がスカイロン(3.2)、右がクラシック(4.2)です。こうして並べてみると太さの差は歴然ですね。

       

       

      PARAGON 専用ブレイクオフポイント・インサートピン・ピンノック付属・シャフト1ダースセット。

       

       

      PAFORMA 専用ブレイクオフポイント・インサートピン・ピンノック付属・シャフト1ダースセット。

       

      これまで空気の壁と戦ってきた選手にとっての救世主です。こうした高性能品が買いやすい価格帯で手に入れることができるのが嬉しいですね。爽やかな秋のアウトドアシーズンを、スカイロンを使って楽しみましょう♪

      アリオス特別限定カラー

      2018.10.08 Monday

      0

         

        昨日はアーチェリーの東京レッスンでした。これから迎えるシーズンオフに向けて少しずつトレーニングが加わるようになりました。今頃は皆さん筋肉痛を楽しんでらっしゃるかも知れませんね(笑)

         

        さて、買いやすい価格帯の超高性能ハンドルとして人気が高いこちらのシリーズですが、アリオスに特別限定カラーが発売されました。

         

         

        アリオスのスペクトラです。スペシャルエディションなので通常のアリオスと違ってカラーアップチャージがありますが、キレイな色彩に目が奪われますね。スポーツ機材として使うのがもったいないほどです。

         

        メーカーで数十本のみ製造され、なくなり次第終了です。欲しい人はお急ぎ下さい。

        スポーツ医療チームのレッスンとメディカルチェックの診断結果

        2018.10.03 Wednesday

        0

           

          台風去ってまた台風。次の日曜は東京でのレッスンですので、台風の影響を受けなければいいのですが。

           

          土曜日はスポーツ医療チームのレッスンでした。メディカルチェックの診断結果をお持ち下さいましたので、オフシーズン突入に向けた準備としての全体的なトレーニングの一日となりました。

           

           

          まずは私のメディカルチェックの診断結果が気になります。世界トップレベルのスポーツ医療チームと一体となって、最先端のスポーツ科学トレーニングによって一人一人の身体の状態に合わせてリハビリ・トレーニングを行います。

           

          私は現役選手ではありませんのでそこまで細かく気にしなければならないワケではありません。しかし指導におけるデモンストレーションやトレーニングの手本を示すためにはある程度高いアスリートレベルを維持する必要があることと、中年後半に向けてアスリートとして理想的な身体を維持するためにスポーツ医療チームの指導を受けて良好な身体の状態を作り上げています。

           

           

          前回のメディカルチェックの診断結果のデータから次なるトレーニングのメニューが加わります。身体に備えなければならない順番を間違ってしまうと、トレーニングが意味をなさなくなってしまいます。そのためリハビリやストレッチの状況に合わせてトレーニングを行い、スポーツ整形のドクター四本先生のメディカルチェックを受けて自覚の有無を問わずひとりひとりが身体に潜めている何かを探り、スポーツ医療チームの理学療法士の先生方の触診によって実際の機能の状況を確認した上でアスリートの基礎となる身体を作ります。

           

          ここまでして、初めてスポーツ指導をスタートさせることができるのです。機能が正常かどうかの判別もできない状態で単にスポーツだけを教えても、痛みや故障を抱えてしまうだけで上手くなることはありません。世界に2つとない大切な身体のポテンシャルを正しく発揮させることができるために、どんな条件を備えなければならないのかを客観的に教えてもらうことができる環境が大切です。

           

           

          普段の生活習慣や仕事の状況などによって、使われる身体の状況は全員が違います。

           

           

          テーブルの向こう側では、メディカルチェックの診断結果の説明を受けています。それを待つ間にこうして海江田先生による身体の状態の詳細なチェックを受けます。

           

          スポーツを行う上での身体の異変よりも、デスクワークや長時間の運転などが及ぼす身体への影響が大きいです。腰の異変が肩や背部の筋肉の緊張によるものだったりと、その原因が違和感を感じる部分とは別の場所であることも多いです。こうした原因を探り特定することでフォームへの影響を防ぐことができるようになります。

           

           

          肩の疲れの原因が腕を使うことだったりと様々です。スポーツに直接関わらない習慣的な身体の使い方が、筋肉の疲労と骨格の誘導を発生させてしまいます。パソコンに向かうデスクワークやスマホを眺める姿勢などはアスリートにとって最悪な姿勢です。アーチェリーという身体のバランスの正確性が追求されるスポーツにとっては永遠に解決しない悩ましい部分なのですが、こうしてスポーツ医療チームと一体となったレッスンを継続して受け続けることができるので安心です。

           

           

          海江田先生が一人一人の身体のチェックをしている中で、メディカルチェックの診断結果のデータが気になります。数年かけてスポーツ医療チームのレッスンを受けてきた方はアスリートとして理想的な状態に養われていて、怪我や故障の可能性が限りなくゼロに近い身体に出来上がっています。

           

          故障者を出すのは指導者失格だと言われる時代です。指導者は常に最先端を学ばなければ指導者としてのレベルの格差が永遠の差ほど広がります。指導者の選手時代の経験則など今では役に立たないものばかりです。選手ひとりが知りうることができる情報の量など、たかが知れているからです。

           

          スポーツの種類と国の垣根を越えてスポーツ科学は常に進化を続けてますので、トレーニングの方法は常に変化していて、スポーツ指導は方法や順番が大きく変わっているのです。こうした最新のスポーツ科学トレーニングの力を借りて、痛みや故障とは無縁の状態でレベルアップすることが大切です。

           

           

          今回のスポーツ医療チームのレッスンはトレーニングが多い内容で面白かったですね。そこにウィークポイントを抱えている受講生の方にとってはキツいトレーニングがあったかも知れません。ですがこれらを楽にこなすことができるようになった時にはスポーツの上達のみならず、疲れ知らずの柔軟で強靭な身体になっているのです。

           

           

          同年代で比較できないほど低い肉体年齢で歳を重ね、衰え知らずの健康な状態で長生きすることができます。単に実射を重ねるだけのアーチェリーとは大きく異なる健康状態を続けることができるのです。それをスポーツ医療チームの指導を受けてそれぞれが達成します。スポーツの上達というのは通過点に過ぎません。スポーツの上達だけが目標ではないのです。質の高い暮らしを過ごすことができるための身体を養いましょう。

           

          アバロンのバックパックに新色が追加です。

           

           

           

          クラシックソフトWのホワイトです。当会で大人気のバックパックで、常に誰かからの注文があるというほどの人気ぶりです。安い割にはクオリティが高く、使い勝手がかなり良いらしくて、「福原先生は使わないのですか?」とまで言われる始末・・・。

           

          なので私も自分用のを買いました。メーカーサンプルではありませんので自腹です(笑)久しく自分用に何かを買ってないのと、自分用のアーチェリー用品への物欲がありませんので新鮮な気分です。

           

          アーチェリーの練習はしませんが、入れ物だけは新品になります。これがきっかけになってヤル気が出たら、それはそれで面白いのですけどね。

          またもや台風

          2018.09.27 Thursday

          0

             

            土曜日はスポーツ医療チームのレッスンですが、日曜日にけいはんな地域に台風が接近する予報です。明日の天気予報如何で、レッスンを開催するか中止にするかを判断いたします。

             

            大雨も強風も地震も、もう懲り懲りといった気持ちです。自然災害に抗うことはできませんが、被害は最小限で過ぎ去ってもらいたいものです。

             

             

            先ほど西日本豪雨義援金4回目を送金させていただきました。

             

            9月27日 17,168円

            累計金額 53,117円

             

            義援金の送金状況は通販サイトのトップページに記載させていただいておりますので、いつでもご覧いただくことができます。スポーツの力で家を失った人や非難生活が続く人々を支え続けていきましょう。

             

            アスリートへの様々な支援は従来通り続けております。スポーツを通じて広く豊かな心を備え、私利私欲に走らず困ったことがあれば助け合うことができる人材を養って参ります。