マスク注文返信お待ち下さい

2020.04.23 Thursday

0

     

    不織布マスクの発送方法を運送会社各社と検討中です。

     

     

    注文返信はまだできませんので、しばらくの間お待ち下さい。

     

    50枚のマスクは個別包装ではありません。レターパックライトでは送ることはできません。マスクのみの注文は発送方法の指定はできません。運送会社が決まり次第注文返信させていただきます。

     

     

    栄養のチューニング

     

    栄養に過不足があると、パフォーマンスを最大限に発揮することができません。自分の身体は自分が食べたものからのみ作られています。

     

    スポーツをやめた後に生活習慣病にならないためにも、できるだけバランスの良い食生活を心がけ、適度な運動と学びを続ける生活が大切です。

     

    今は運動ができない期間が長く続いています。春から夏にかけての各全国大会が中止です。競技会ができないので学習に時間を注ぐことができるチャンスです。この際に、スポーツもできて学習もできる人にレベルアップしてしまいましょう。

     

    今回のコロナ禍で、多くの人が困った事態に見舞われています。それでは、このようなウイルス自粛に見舞われた今、自分に何を備えることができていれば、困った事態にならなかっただろうかと考えてみることが大切です。

     

    大震災・大津波・原発過酷事故・風水害・コロナ自粛での未だかつてない規模の経済破壊。起こらないこと、起きてほしくない事が、こうして実際に起こるのが実際の世の中なのです。世の中の「当たり前」なんて、変化や進化でいくらでも消滅するものなのです。

     

    必要だったものが必要とされなくなるのもまた然り。4月の緊急事態宣言からはチャットミーティングになって、これはこれで便利です。ミーティングのためにわざわざ電車に乗って出かけるのも、もう面倒クサくなっている自分に気付きます(笑)

     

    今まであったものが、突然なくなる事もあるのです。これまでの当たり前が突如失われる事もあるのです。なので、どんな大転換を迎えることになっても、柔軟に対応できる頭脳と行動が大切です。自分に余裕があれば、周囲を助けることができるのです。様々な困難に打ち勝つための己の能力を高め続けて、周囲を幸せにすることができる人を目指しましょう。

    抗菌99%不織布マスク アスリート無料メンタルトレーニング

    2020.04.22 Wednesday

    0

       

      これから先に不安を抱えるアスリートのために、アスリート無料メンタルトレーニングをオンライン開催します。是非お申込下さい。

       

      日時:4月29日(水)午後1時
         5月3日(土)午後4時(別途申込ページを設けています)

      時間:1時間

      講師:筒井香(弊社代表取締役)

      場所:zoom(申込者には参加URLをお送りします)

      ■対象
       スポーツ選手

       

      今日は2回目の投稿です。一日で2回の投稿は初めてかも知れません。

       

      マスク不足で困ってる方が多いので、抗菌99%の不織布サージカルマスクを販売します。

       

      立体3層不織布マスク50枚セット。※期間限定

       

      ウイルスを99%ブロック 立体3層不織布マスク50枚セット

      ノーズワイヤーフィットでピッタリフィット

      ※50枚で1つの箱に入っており、個別包装ではありません。

      4月末頃〜順次入荷予定※入荷状況により遅れる可能性もあります。

       

      5月からは除菌アルコールジェルの取り扱いがスタートします。

       

      皆さんお誘い合わせてマスクをご注文下さい。周囲の方や医療関係者の方で、マスクの手配に困っている人がいらっしゃれば、是非とも教えてあげて下さい。

       

      今回のコロナ禍は日本ワンチームでの戦いです。破壊された経済を元気にするためにも、再びスポーツ活動で精一杯力を振り絞るためにも、みんなで協力して早期復活を目指しましょう!

      トップアスリートのメンタルトレーナーが教える、先の見えない不安を和らげる方法

      2020.04.22 Wednesday

      0

         

        【掲載情報のお知らせ】
        サカイクにて筒井香の記事を掲載していただきました。

         

         

        スポーツを頑張るお子様をお持ちの保護者の皆様に、休校中・スポーツ活動休止中という時間をどう過ごすと良いのかについて、心理学の視点からお伝えしています。

         

        https://www.sakaiku.jp/column/mental/2020/014550.html

         

        「サッカー」という部分を、自分たちが携わっているスポーツや文化活動に置き換えて読んでみて下さい。必ず活路を見出すことができるようになります。

         

        不安も不満も満足も、自分の中に自分が作っている感情です。その気持ちや思いをポジティブな感情へとシフトして、競技会やスポーツ活動が再開する日のために備えておくことが大切です。

         

        「これ、できますか?」のシリーズ化に向けて、少しずつ面白いのを撮りはじめています。まぁまぁ、難易度高めのをGパン姿でね(笑)

         

         

        動画じゃなければ伝わらないので、仕方なく youtube 再開です。こちらの動画は18秒です。再生時間が「スパッ!」と短くて、最後まで観やすい動画を少しずつ紹介していきます。

         

        これはバランスディスクの上で片足で乗り、ディスクを踏んだ足首を前後左右に動かしてディスクを前後左右に変形させるトレーニングです。

         

        バランスディスク1枚あれば、地獄の悶絶トレーニングを数多く取り組むことができます。いかにも簡単そうにやって見せてますが(笑)まぁ、できませんので、まずはバランスディスクと仲良くなることから始めて下さい。

         

        今回はアンクリング機能の徹底強化メニューです。バランスディスク初心者の方はまず、ディスクの上に右足で立って、右手をバンザイして、左足を左手で掴んで20秒間静止できるようになって下さい。

         

        それが両足ともに平気でできるようになったら、そのポーズのままで足首を前後に動かします。前後方向のアンクリング運動がスムーズにできるようになったら、足首を左右に動かす運動を行います。それぞれがディスクの上で自在に動かせるようになったら完成です。

         

        最初は転倒や落下、捻挫などに注意して安全な場所で行って下さい。家から一歩も出なくても超ハイスペックの身体を作ることは十分可能です。

         

        ムダに高すぎるアーチェリー用品よりも、ホームセンターで1000円程度で売られてるバランスディスクの方が、よっぽど身体能力を高めてくれるものです。高度な射を備えるための優れた身体を作るチャンスなのだと思ってトレーニングに励みましょう♪

         

        「これ、できますか?」シリーズ、ご期待下さい。

        「価値」と「数」

        2020.04.20 Monday

        0

           

          実質的にロックダウン状態ですので、食料品の買い物以外は基本自宅軟禁状態です。なのでチャットやビデオチャットが増えました。コロナ禍前よりも人との関わりが増えているという面白い現象ですが、経済崩壊に見舞われた有事だからこそ、私と話をしたいという方が多いです。いろいろと面白いですね。

           

          ビデオチャットがメインになると、これはこれで何も問題がありません。わざわざ出かけなくても良いので効率的で、同時多発的に行っていることが、かくもスピーディーに進むのを実感します。

           

          コロナ禍の影響で日本郵政の「ゆうパック」は、集荷の即日受付ができなくなりました。入荷即出荷ができなくなりましたので、当会ではゆうパックでの注文受付を中断します。ポストに投函のレターパックライトは現状継続です。梱包状態で厚さ3cmを超える荷物はクロネコヤマトになりますのでご了承下さい。

           

           

          原岡さんのブログ記事 「価値」と「数」 武井壮さんの講演についてです。ラグビー選手として実業団トップレベルのアスリートだった経験を有していた方でも、武井壮さんの講演の内容に「正直震えました」という気持ちなのだそうです。アスリートやアスリートを子に持つ親は、是非とも原岡さんのブログをご覧下さい。スポーツを続けた先の将来が大切なのです。

           

          武井壮の「大人の育て方」がマジ凄い!

           

           

          彼が講演で話す内容はアスリートにとって、ほぼほぼその通りです。スポーツを極めるのはギャンブルです。

           

          今のジュニア育成のシステムは、思い通りに動かすことができない身体を使って、自分が行っているスポーツの価値がわからないまま必死に練習させて、勝つ事だけしか考えさせず、実際には思うような結果を出すことができず、そのスポーツ以外のことが何もわからず、誰からも必要とされてない存在を大量に育ててしまっているのです。

           

          BorderLeSS ではアスリートが安心してスポーツに関わりながら、豊かな次のキャリアを構築できる取り組みを進めて参ります。スポーツ活動ができなくなってしまった今だからこそ、本当に必要なものが何であるかの見極めが、この長い活動停止の中で求められているのです。

          コロナ予防に良い食べ物

          2020.04.19 Sunday

          0

             

            以前のストレッチ紹介で寄せられた反響が凄くて面白いです。完成形にはほど遠く、上体を前に伏せる以前の姿勢ができないという人がほとんどですね。

             

            できないのは、足と胸郭の筋肉の状態が悪い上に、筋肉量が少ない証拠です。太腿外側の筋肉が硬くなってしまってるだけではなく、胸郭の動きを使えなくなってしまってるので、アーチェリーどころか理想的な呼吸ができてない体です。両手を背中で合わせられないのは、肩関節が硬いことと、左右の肩甲骨を引き寄せられないほど弱い2つの問題点です。身体的機能が大幅に及ばない体ではアーチェリーはなかなか上達しませんし、誤ったフォームでケガをする可能性が高いです。

             

             

            そんな状態の人は、まずこの姿勢ができるようになるまでチャレンジして下さい。右足はしっかり伸ばして股関節を90度に開き、左膝を90度外側に曲げた状態で、左の足首を両手で掴む姿勢です。最初は左の足首に右手が届かないかも知れませんが、上体を起こしたら息をゆっくり吐きながら、胸郭全体を左側にしっかり捻って右手で左足首を掴みます。右手が左足首に届かない人は、せめて左手だけでも足首を掴んで、少しずつ身体を慣らしていきましょう。左右ともにまんべんなく行って、身体の状態をしっかりと整えて下さい。

             

            左足首を両手で掴むこの姿勢を20秒間キープできるようになったら、もうアーチェリーは相当上達しているハズです。今年は長すぎるオフシーズンだと思って肉体改造を進めていきましょう♪

             

            半分に折ったA4の紙を床に立てて片足で立ち、口で咥えて立ち上がるというのを今朝テレビで見てやってみましたが、こんなことくらい簡単にできなければ、アーチェリーが正確に当たるワケないのです。上手くならない原因は自分の体の中にしかありませんからね。レベルアップがどういう事かを正しく知ることが大切です。

             

            さて、風邪、コロナ、インフルエンザ、様々な感染症には理想の食事と栄養バランスであることを、これまで本当にしつこく説いてきた(笑)

             

            タイムリーなことに BorderLeSS 原岡さんの本日のブログ記事が「食べ物」についてです。

             

             

            コロナ予防に良い食べ物

             

            アスリートではなくても、食を正すことは人として基本中の基本です。結局のところはウイルスにやられてしまうのは生活習慣に他なりません。この記事に書かれてることは私にとっては普通のことです。適度な運動と適切な食事と豊かな睡眠があれば何ら恐れることもないのです。

             

            最後はこう締められてます。

             

            「習慣の質は身体の質に反映されます。日々、やった方が良いことを少しずつやり、やめた方が良いことを少しずつやめる。それを続けていくだけで人生は劇的によくなると思って日々生活しています。」

             

            まさに、仰る通りなのです。偏食や過食がなく、標準体型であれば良いだけ。ただそれだけのこと。自分の体が何でできているのかを考えてみましょう。