スポーツ医療チームによる指導会3

2014.06.30 Monday

0

    6月7日の土曜日に、今年度3回目となるスポーツ医療チームによる個別レッスンを開催しました。



    これで3回目ですが、回を重ねるごとに生徒の身体の状態が良くなっていくのがわかります。それにともなってスポーツ医療チームの本気度が増していくのを感じます。本気で取り組む生徒には本気で対応していただけるのが、本当にありがたいです。

    けいはんなアーチェリーでは、各人が抱えてる身体の問題(本人の申告による部分もあるが、客観的に診断して改善が必要な不具合箇所が非常に多い・・・)を改善して、メンバー全員が理想的な身体を取り戻すことから始めています。町のクイックマッサージのような単に気持ちがいいだけのゴマカシではなく、正しい姿勢と美しいフォームを獲得するためにスポーツ理学療法士が徹底的に矯正していきます。

    ふだんリラックスしていると思い込んでいる姿勢が、リラックスしていると脳が勘違いしているだけで、自分の身体をむしばんでいる事が多いものです。私も含めてなのですが、実は99.9%の人は、真っ直ぐ立つように指示しても、真っ直ぐに立つことなんてできません。正しい姿勢で座るよう指示しても胸を張って背中を反らしているだけで、正しい姿勢をキープできません。これまで普通に暮らしてきた人は、それが普通の状態なのです。仕方がありません。これまで学校などで「姿勢を正して!」なんて言われて背筋をピンと伸ばしてきましたが、そこに大きな誤りがあります。本当に正しい姿勢が保てるのは、日本古来の伝統芸能などに深く携わるような、ごく一部の人たちだけです。

    そのためメンバーは、普段の生活や仕事をしている時の姿勢や歩き方、食生活から体重管理まで、あらゆる面において個別に指導を受けます。これは初心者も上級者も指導者も関係なく学びます。最初は身体に違和感を感じる事もありますが、いつのまにか疲れにくい身体が出来上がっていることに気づきます。正しい姿勢を保てるようになると、これまで弱体化していた体幹の筋肉を取り戻すようになるので、アーチェリーが楽しくなってきた頃には理想的な体型に近づいている事が多いです。

    日常生活での注意点やケアの方法、故障をふせぐトレーニングやメンテナンスのしかたも個別に学んでいます。これまで与えられた課題を着実にこなしてきたメンバーの中には、今回からメニューが増えたり、次のステップに進む人も出てきました。これで梅雨を有意義に過ごすことができますね。

    スポーツも仕事も勉強も同じですが、いきなり何かができるようになる魔法はありません。そんなクスリもありません。トップアスリートを見て特別なものを感じてしまう人も多いようですが、実は彼らもみんなと同じ、フツーの人たちです。もしも特別なものがあるとすれば、誰もができるような簡単で基礎的なことを、途中であきらめずに地道にコツコツと、時間をかけて積み重ねてきた情熱です。

    アーチェリーの場合は特にそうですが、初心者も上級者も、やらなければならない事は最初から最後まで同じです。1段飛ばしや2段飛ばしができる人は、これまで他で取り組んできた何かを重ねることができた人か、これまでの人生の中で何かを成功させる体験をすでに経験してきた人だけです。見た目や道具だけトップ選手のマネをして何かを期待するのは、運動をしないのにヤセ薬を飲んでダイエットの期待をするのと同じで、実際には何も効果はありません。ここでは自分にとって本当に必要なことを個別に学習できますので、ひとつひとつを着実に積み重ねていきましょう。ステップアップの順番を間違わなければ、誰だってすぐに上手くなりますからね♪

    そのうち、問い合わせフォームでの質問が多い内容に関することを紹介したいと思います。
    どうそお楽しみに!


     

    スポーツ医療チームによる指導会2 と アーチェリー体験レッスン

    2014.06.03 Tuesday

    0

      5月31日に、アーチェリー初心者のための無料体験レッスンと初心者指導会。そして同時にスポーツ医療チームによる今年度2回目の指導会を、木津川市中央体育館で開催しました。この日は京都市内で34度を観測するなど全国的に猛暑でしたが、屋内でのイベントでしたので涼しくて快適でした♪



      私は基本的には人に教える立場ではあるのですが、自分が理想的な手本となるべきだと考えてます。そのため私もみなさんと同じように、スポーツ医療チームからのレクチャーを受けています。それにしてもスポーツ医療チームから受けるトレーニングの効果が凄いです。最近になって大きな手術を受けて右足が不自由な私でも、パフォーマンスが格段に上がっているのを実感できます。背が低くて線が細い私のような中年のオッサンでも、骨格と筋肉の専門家の助けを借りることでレベルアップできるのです。



      全国にアーチェリーを教えることができる指導者は多いです。しかし最初にクリアしておかなければならない部分を完全に無視してアーチェリーの技術的な事だけを教え、とにかく実射させようとしているので、ほとんどの人は上手くなりません。海の上で、水面に揺れるイカダから大砲を発射するようなものにしてしまっているからです。そのせいで、見た目のフォームはそこそこ悪くないのに、いくら練習しても上達しないという選手が9割を占めるという残念な事になっています。

      アーチェリーが簡単に上達する方法は、いくらでもあります。アーチェリーの技術的な事を難しく難しく言う選手や指導者が多いですが、恐らく最初にクリアしておかなけばならない部分が何かを知らないために、正しい身体の使い方をマスターするためのノウハウを持ってないのだと思います。



      私たちのところには、「アーチェリーを、上手くなんてなりたくない!」という人はひとりもいません。「的の中心を射抜くのはキライだ!」という人もいません。そのため、全員がトップレベルを目指せるように、個別のメニューを組んで基礎を作り上げていきます。ここには全国大会に出場経験のある選手が4名いるのですが、ほとんどの選手がゼロからの積みなおしを指示されてトレーニングをしています。これまでと同じ事をしていたのでは、今を越える結果を出すことはできなからです。カンタンなメニューなんですが、初心者よりも経験者のほうが、苦労している人が多いです。

      じつは、初心者やジュニアの育成は、生徒も指導者もラクなんです。奥の方では子供たちが、もうバランスボールの上に立ち上がる練習を始めています。しかし他でアーチェリーを習ってきた経験者や、これからトップレベルを目指そうとする上級者は、これまでの自分を捨て去る事から始めなければならないので、初心者やジュニアよりも努力しなければ、できるようになりません。まぁ、努力しない事には上達しませんので、楽しく取り組んでもらえるようなメニューをご用意しますよ♪

      他でアーチェリーを習ってきた選手がここに来ると、これまでひたすら繰り返してきた実射が、どれだけ自分のレベルを上げないための行為であったかが、よくわかると思います。本来は初心者とジュニア育成のための取り組みですが、もう一度自分の射を見つめなおしたいという選手のための指導や、指導者のための指導も行っています。

      次回のアーチェリー無料体験レッスンは、6月7日と14日に開催する予定です。場所は奈良市青少年野外活動センターで、10:00〜12:00です。そろそろ梅雨入りしそうな気配ですので、悪天候の場合は実射は控えめにして屋内での楽しいトレーニングにしようと思います。あまりに天気が悪い場合は中止にします。

      次回のスポーツ医療チームからの指導会は、6月28日(土曜)に木津川市中央体育館で開催します。スポーツ医学療法士の先生に、今回から新しい方が増えましたよ!きっと男性メンバーはみんな、大ファンになることまちがいありません。それでは次回をお楽しみに♪
       

      全日本社会人ターゲット選手権に参戦してきます!

      2014.05.29 Thursday

      0
        6月22日〜23日に兵庫県で開催される全日本社会人ターゲット選手権に、一般男子の部で出場できることになりました。社会人の70mラウンドでの申請者のうち、全国上位22人に入ることができました。選手を引退する前に出た最後の全国大会がふくしま国体なので、実に19年ぶりの全国大会出場になります。

        昨年に17年ぶりに選手として再復活デビューを果たしたのですが、身体の使い方を正しくマスターしていれば、ブランクが長くても何の心配もいりませんね。今年で40歳になりますが、スポーツ医療チームと一緒に学ぶことで身体に負担なくレベルアップすることができます。

        勘違いされている方や、間違った取り組みをされている所が多いのですが、アーチェリーは気合いや根性などの精神論的なスポーツではありません。正しい身体の使い方を、いつもと同じように行うだけという、きわめて単純なスポーツです。

        大きな試合に出る時に「頑張ってください!」と言われる事が多いので「頑張ります!」と、おこたえしてはいるのですが、いつもと同じ事を、いつもと同じように、いつもと同じ距離を、いつもと同じ道具をつかって、いつもと同じ大きさの的に向かって行うだけの事なので、じつは試合だからといって、ふだんと違うことは何もありません。

        なのでみなさん、試合に出るときは思いっきり楽しんでください。
        私はいつもと同じ事をしてきます♪

         

        アーチェリー体験会とスポーツ医療チームによる指導会

        2014.05.02 Friday

        0

          アーチェリーを始めたいという方のためのレッスンと、スポーツ医療チームによる選手の個別のケアとトレーニングを、4月26日の土曜日に木津川市中央体育館で開催しました。



          アーチェリーは見た目にも格好よくて優雅なスポーツなので、興味を持たれる方が多いです。木津川市は人口7万ちょっとの小さな街なのですが、アーチェリーをやってみたいという方や、子供にアーチェリーをやらせたいという方からの問い合わせは多いです。誰もが世界を狙えるレベルを目指せるようになる取り組みを行っているので、最近は他のスポーツからも注目されるようになってきました。

          アーチェリーの指導者と言われている人間が行っているアーチェリー指導は、レベルの高いスポーツ指導の取り組みや、スポーツ医療の観点からは非常識であったり、完全に時代遅れな事が平然と行われています。身体の構造を理解しておらず、運動生理学すら学んでない指導者が独自の理論に溺れて、それを一方的に押し付けているようでは、これまでのように多くの選手を壊し続ける事にしかなりません。



          そのため私たちはアーチェリーの専門家だけではなく、日本でトップクラスのスポーツ医療チームと一緒になって指導を行っています。このようにジュニアも初心者もトップレベルの選手も、日本体育協会認定スポーツドクターでスポーツ整形の先生が、ひとりひとりを診察して身体の各部の状況を調べます。必要であればエコーを使って、運動中の身体の内部についても調べてもらいます。



          診察を受けたあとは、高い実績があり経験豊富なスポーツ理学療法士がパーソナルトレーナーとなり、ひとりひとりのリハビリとトレーニングメニューを組んで、一緒になってトレーニング指導を行います。こうして故障を未然に防ぐと同時に、アーチェリーに必要な技術を修得しやすい身体を最初から作り上げていくのです。



          私たちアーチェリーの指導者も、スポーツ医療チームから指導を受けます。弓の力を骨格が正しく支えているか、肩甲骨の動きが適正であるか、重心の位置が変化していないか、筋肉の使い方とタイミングに誤りがないか、不必要な部分に無駄な力が入ってないかを厳しく指摘されます。

          アーチェリーは身体の使い方のスポーツなので、生徒は指導者の身体の使い方を見て学びます。そのため自分が手本となる身体の使い方を示せないようでは、指導者の資質がないと思われてしまいます。知識だけならインターネットでいくらでも頭に入ります。しかしそれを口先で並べるだけでは、指導者は必要ありません。知識も大切ですが、実践して示せる事の方が大事なのです。

          どうせ同じ時間を費やすなら質の高い取り組みを行った方が、皆さんの楽しい世界を広げるお手伝いになると思います。スポーツ医療チームとの練習会は、毎月開催しています。普段の生活や仕事で酷使した身体の疲れを和らげることもできますので、アーチェリーを通じて快適なライフスタイルを得てもらいたいと思います。
           

          優勝しました!

          2014.05.01 Thursday

          0

            2014年度の開幕シーズンですので、4月は3週連続で試合が続きました。京都府アーチェリー連盟主催のターゲット競技は、春季京都杯を皮切りにシーズンが始まりますが、幸先のいいスタートになりました。
            けいはんなアーチェリーのクラブチームとして発足したブライトアーチェリークラブが参加する、最初の試合で金メダルを頂戴しました。ブライトの名にふさわしい結果を出せて、本当に良かったです。ブライトアーチェリークラブとしては今年からの参加になるのですが、私個人としては2連覇を達成しました。マグレが続いたと言われないように、来年は3連覇を目指したいですね(笑)

            この前の週に行われた全関西の試合にも出場してきました。青年男子Bは、ほとんどが近畿大学の選手や卒業生という、国内トップクラスの選手が集うなかで、7位で試合を終えることができました。

            今は教えるのが専門なので自分の練習はほとんどできてないのですが、この歳になっても若い選手と対等に戦えるのは、アーチェリーのいいところですね♪