健康格差 二極化を考える

2020.04.17 Friday

0

     

    緊急事態宣言の地域が全国に拡大されて、京都府は特定警戒都道府県に指定されました。けいはんな地域も交通量が激減しましたね。奈良市内の観光地は完全にゴーストタウン化しています。

     

    4月は最初のレッスン以降はすべて施設が使えなくなり中止を余儀なくされています。そのため新規入会募集は中止になり、今年度の新規入会ができない状態が続いています。今年度の活動は難しいと考えておいた方が良いかも知れませんね。なので私は BorderLeSS での活動を積極的に行ってる最中です。ビジネスマン時代の人の繋がりがあり、橋渡しをしてくれる人々に恵まれて、アスリートのデュアルキャリアの重要性が認識される時代を迎えています。

     

    私の出身高校はスポーツ進学校として大学へのスポーツ推薦を積極的に行っています。先日電話で尋ねると、今年は部活動が停止して、地域でインターハイ予選も開催できないために、インターハイ出場経験や全国大会での上位入賞者として推薦入学を見込んでスポーツに打ち込んできた多くの生徒が進路に困る事になるかも知れないと話してました。スポーツに力を入れてる高校は、どこも似たようなもので状況は深刻です。コロナ禍が若者の将来を奪いかねない所まで来ています。どうにか打破できるように考えていきたいものです。

     

     

    京都でも部活動がいつ再開するか見通しが立ちません。高校自体が休みなので新入生の勧誘もできません。「3密」などと言われてしまうと、今後はインドア競技会をどうするのでしょうか。今年度は競技会がないかも知れませんが、娘はいつ開催されても参戦できるようにフォーム的を使って部屋で近射したり、ランニングをしています。

     

     

    本日は野菜をたくさん買ってきました。けいはんな地域は元気で新鮮な野菜が豊富です。スーパーで売ってる貧弱な小松菜とは比べ物になりません。多くの人が野菜不足な状態なので、コロナを過剰に恐がるのではないでしょうか。バランスの取れた理想的な食生活が体づくりで最も大切なことです。元気な野菜が手に入らないという町で暮らす方のために、何とかならないものかと画策中です。

     

     

    BorderLeSS では多用な専門家が集まった取り組みを行ってますが、メンバーの原岡さんのブログに書かれてる内容に納得です。意識の差が行動の差であり、意識できるかどうかで運動不足を防ぐことができます。COVID-19 で亡くなった方の多くは、結局は健康格差によるものなのは明らかです。

     

    今回のコロナ禍を見ていて、これからは思考の格差もますます二極化が進むだろうと思います。普段から意識していないから気がつかないし考えられないし、意識できるかどうかで優れた思考に磨き上げ、優れた人物として活躍できるようになります。私たちはその気付きやチャンスやヒントをとてつもなく大量に作り出して、これからの社会を担う若い人たちを支える取り組みを進めます。

    自宅でできるトレーニング「これ、できますか?」

    2020.04.16 Thursday

    0

       

      笹川スポーツ財団「スポーツ白書2020」

       

       

      BorderLeSS

       

      笹川スポーツ財団発行の「スポーツ白書2020」で、デュアルキャリアの定義や、デュアルキャリア教育の可能性についてなど、「アスリートのキャリア形成」について筒井香が執筆しました。

      機会をいただきましたスポーツ財団様、また執筆に際して情報をご提供いただきました日本スポーツ振興センター様にはお礼申し上げます。
      ありがとうございました。

      参考:スポーツ白書
      http://www.ssf.or.jp/report/books/wp/tabid/1949/Default.aspx

       

      ----------

       

      自宅でできるトレーニング「これ、できますか?」

       

      アーチェリーが上手くなる複合ストレッチのデモンストレーション。

       

      精度の高いアーチェリーを実現させるには、各部の柔軟性と筋力が必要です。肩関節の全方向の柔軟性の高さ、骨盤の安定性を高めるための下肢柔軟性の高さと筋力、胸郭全周にわたる柔軟性の高さを備えてなければ、本当に正しい身体の使い方をマスターすることができないばかりか、慢性的な痛みに見舞われてしまったり、深刻な故障を抱えてしまいかねません。

       

      スポーツ医療チームによる個々のストレッチ・筋トレのメニューが与えられてますが、最終的にはこのポーズが完成するようになっておけば、肩や腰を痛めてしまったり、特定の筋肉ばかりに負担をかけ続けてしまうような無理なフォームに陥ることはありません。それではチャレンジしてみましょう。

       

      最初に床に座って両足を90度に開きます。そして両手を背中でピッタリ合わせます。

       

       

      右足は膝を伸ばした状態のままで、反対側の左膝を90度に外側に曲げ、骨盤底部を左右ともに床に当てた状態で骨盤を立てます。まずはこの姿勢ができない人がほとんどなので、骨盤に無理な力が加わり続けた状態のままになり、不安定な姿勢から上手く射てません。この姿勢の時点で難しければ一般的なストレッチ初歩から始めた方が良い結果に繋がりますので、イチからやり直してみましょう。

       

       

      次に曲げた左膝に左肩を乗せるようにして、床に頭をゴツリと当ててお辞儀をします。息をゆっくりと吐きながら胸郭の左側を縮めて引き寄せて、息を吐き切ったら上体を起こします。反対側も同様に行って下さい。このストレッチができるようになればアーチェリーなんて大して力を使うこともなく、息を吐いてるようなドローイングができて、瞬きするようにクリッカーが鳴り、サイトピンが向いてる先に簡単に当てることができるようになります。

       

      私は既に体が柔らかいのでGパンでも大丈夫ですが、体が硬い人は伸縮性の高いジャージに着替えて、ヨガマットなどを使って体に優しくストレッチに勤しんでください。ストレッチは始めて最初からいきなり頑張りすぎると筋肉や腱、腱がつながっている部分の骨を痛めることがありますので、数年かけて肉体改造するような気持ちでじっくりと気長に取り組むことが大切です。

       

      自分の身体は自分だけのものです。理想を究極まで極めるのも、すべて自分の行い次第。あらゆる物事の上達に魔法はありません。ジックリとコツコツ粘り強く積み重ねて、高い成果を上げてみせましょう♪

      自宅でできる!子供のメンタルトレーニングで”心の体操”をはじめよう

      2020.04.11 Saturday

      0

         

         

        親子でレッスンのサイトで、こころの体操が紹介されました。

         

        これはスポーツのみならず、学習や仕事にも通じています。学校と部活動が長く休止している間だからこそ、こちらに紹介されてるように自己分析をして、いつか来る日のためにこころの体操を実践しておきましょう。

         

        そして不用不急の外出を長く控えることでの運動不足を解消して、免疫力アップに向けて家でできるストレッチ・筋トレ・縄跳びなどの有酸素運動を継続させ、貪欲に学習のレベルを上げていくことが大切です。

         

        惨禍が収束して社会活動が再開した暁には、ライバル達から大きく飛び抜けた存在を目指して努力を続けましょう。

        スポニチ掲載

        2020.04.08 Wednesday

        0

           

          昨日ブログで紹介した 株式会社 BorderLeSS 設立を、本日発行のスポニチさんに記事掲載していただきました。昼過ぎに近所のコンビニに新聞を買いに行ったら、これが残り最後の1部でした。危うく買いそびれるところでした(苦笑)

           

           

          日本のスポーツ界で、世界で最も優れた取り組みがスタートします。多くの若いアスリートが、将来究極の人材として世界で活躍できるようになる特別なプログラムです。

           

          今年はいろんな意味で、日本が大きく変わる記念の年になりますね。想定外のあらゆる事態をすべて自分にとってチャンスに変える力を身につけよう!全国のアスリートの皆さん、どうぞご期待下さい。

          BorderLeSS

          2020.04.07 Tuesday

          0

             

            緊急事態宣言が発令される見込ですね。どこまで長引くのか予想しにくいですが、現金給付などを含めた経済対策が始まるニュースには少し安心しました。長引けば焼け石に水ですが、何もしないよりはマシというものです。しばらくの間は「密集・密閉・密接」の「3密」を避けて収束の兆しを待ち、健康を維持できる生活習慣を心がけてください。

             

            私たちが目指してきた取り組みは法人化され、昨日4月6日よりBorderLeSSとして発足いたしました。

             

             

            古結弁護士の熱く込められたメッセージを紹介させていただきます。

             

            ----------

             

            1896年4月6日,第1回近代オリンピック(アテネ大会)の開会式がありました。

             

            124年が経ち,本日(日付は変わってしまっていますが),アスリートの包括的なキャリア形成を支援する「株式会社BorderLeSS」を立ち上げました。

             

            アスリート及びアスリートを目指して本気でスポーツに取り組む方たちのキャリア形成のサポートをしたいと思い続け,様々な出会いを経て,たくさんの方からアドバイスをもらいながら,本日ようやく設立することができました。

             

            本当にありがとうございました。

             

            新型コロナウイルスの影響でオリンピック・パラリンピックが延期となり,アスリートの皆さんは非常に難しい時期を過ごしているものと思います。

             

            日本だけでなく世界中が未曾有の危機に晒されており,明日(4月7日)にも緊急事態宣言が出されようとしている状況ですが,

            こんなときでも,こんなときだからこそ,我々にできることを精一杯やって,少しでも多くの方の役に立てるよう精進していきたいと思います。

             

            社名BorderLeSSには,
            「自分の思い込みを越えて可能性を広げる」
            「専門家の境界を越えて協働する」
            という想いを込めています。

             

            https://www.borderless-japan2020.com/

             

            どうぞよろしくお願いいたします。

             

            ----------

             

            明日はスポーツ新聞の記事になるそうです。楽しみですね。

             

            スタートアップメンバーとして立ち会うことができて光栄です。コロナ禍で経済がどうなるか見通しが立たない状態に陥ってるからこそ、どのような状況下でもたくましく生き抜く能力の高さを備えることが重要です。

             

            若いアスリートが将来豊かな暮らしを手に入れるために、スポーツ心理学研究者・弁護士・公認会計士・経営者・アスリート・元アスリートが結集して、世界最高レベルのジュニアアスリート支援を行います。

             

            スポーツ競技活動を終えた時に、日本の宝となるアスリート人材育成プログラムがスタートします。アスリート上がりのビジネスエリートを目指す選手や、しっかりとお金を稼いで社会に貢献できる人材を目指す選手には、お金の正体や幸せの正体を学んでもらいます。そして自分にお金が回ってくる仕組みを会得してもらい、正しい努力が正しく実る人生を歩むことができるようになります。

             

            弁護士を目指すような若いアスリートは弁護士の先生から直接レクチャーを受けることもできますし、様々なコンプライアンスについて学ぶことができるので、競技活動を続けながら着々と特別な存在に育つことができます。公認会計士の先生からは経済や財政について興味深い話を聞くことができます。アスリートにとっては目からウロコという話ばかりでしょう。

             

            何よりもスポーツ心理学の先生との関わりが大切ですね。勝利に向かうプロセスや、考え方、物事の見かたや接し方、自分の可能性など、競技力や人間力向上に最も重要な事を学ぶことができるのです。

             

            私はこれまでスポーツを通じて、次に自分を活かすことができない、とてつもない人数の元アスリートを見てきました。オリンピックに出場したらハッピーエンドの人生ではないのが現実です。自分がスポーツで夢破れた時に人生を棒に振るのではなくて、スポーツとの関わりを次に迎える幸せな人生のために、最高の指導陣が指南します。

             

            学校やスポーツ指導者からは絶対に学ぶことができない夢の取り組みです。若いアスリートの内に真の豊かを目指して、報われる人生を学んでもらいたいものです。

             

            スポーツしかない人の次の人生は、多くの場合は悲惨なものです。スポーツに邁進するジュニアアスリートと親、実業団やプロアスリート、実業団やプロを目指すアスリート、すべてのスポーツ関係者は、スポーツの先に待ち構えている真実から目を背けることなく、真実と向き合ってスポーツに携わることが大切です。

             

            お金のこと好きでしょう?将来遊んで暮らしたいでしょう?スポーツをやめたあとにお金をしっかり稼ぎたいでしょう?お金が少なくて活動や行動に制限がある暮らしはイヤでしょう?「普通」にスポーツを頑張ってたら、どうなってしまうと思いますか?

             

            私たちの取り組みは、アスリートとしての活躍を幸せな次の人生にするための学びです。私たちと一緒になって幸せを積み重ねて「特別」な存在を目指しましょう。